SNSボタン
記事分割(js記載用)

「会話のゴールデンタイムは3秒」 現代ホスト界の帝王・ローランドさまに学ぶコミュニケーションの心得【日常生活編】

「会話のゴールデンタイムは3秒」現代ホスト界の帝王・ローランドさまに学ぶコミュニケーションの心得【日常生活編】

まばゆいブロンドヘアを優雅に揺らし、カリスマ的な吸引力で多くの人々を惹きつける現代ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)さま。オーナーとして自身のホストクラブを経営したり、多くの企業とコラボレーションをしたりと、いまやホストという枠を越えて、1人の実業家としても活躍する彼に、日常生活やビジネスにおいて、多くの現代人が悩みを抱える「コミュニケーション」を軸にお話を伺いました。

前編のテーマは、日常生活編。ローランドさんがオーナーを務める歌舞伎町のホストクラブ「THE CLUB」でホストならではのコミュニケーション術や、いかに“ROLAND語録”が誕生するのかなどについてお話を聞きました。

ROLAND(ローランド)

1992年生まれ。大学を入学式の翌日で辞めて、18歳でホストデビュー。歌舞伎町で数々の最年少記録を更新し、2018年には月間6,000万円を売り上げ、所属店舗の最高記録を樹立。著書の執筆や多数のメディア出演もこなしながら、自身のホストクラブ「THE CLUB」の経営や、美容ブランドを新たに立ち上げる実業家としての顔を持つなど、超多忙な毎日を送る。

ホストにとって、つまらないは“暴力”だ

ホストはコミュニケーションスキルがモノを言う仕事だと思うのですが、ローランドさまから見て、ホストに求められる能力で大事ものってなんですか?

洞察力ですね。女の子が「大丈夫」って言うとき、本当は大丈夫じゃないことが多いし、「もういいよ!」って背中を向けても、実は追いかけてきてほしいときもある。言葉=100%の本音じゃない。

相手の言ったことを額面通りに受け取るのではなく、表情や声色、話すトーン、目線などを総合的に見て「あ、今怒ってんな」とか「俺のこと好きだな」と察知する力が大事です。

「この人ともっと話したい!」と思ってもらうような会話のコツって何かあるのでしょうか?

コツやテクニック以前に、話していてつまらないって相手に対する“暴力”だと俺は思ってますから。

どういうことでしょう?

例えば、すごく苦手な人と一緒に観覧車に乗るとする。乗っている間はずっと「ああ、沈黙が流れたな」とか「なんか喋らなきゃ」って気まずいはず。それって、殴られたり蹴られたりするのと同じくらい苦痛な時間だと思うんですよ。

だから、コミュニケーションにおいて相手を楽しませようという姿勢は、俺にとっては当たり前の心構えですね。

コミュニケーションのコツは、まず自分が楽しそうにしゃべること

その上で、唯一コミュニケーションのコツがあるとしたら、自分自身が楽しそうにしゃべることかな。コミュニケーション能力に自信がない人って苦手意識が先に来てしまって、あたふたしてしまう。全く楽しそうに話してない。当然会話も弾まないし、失敗体験が増えて、さらにネガティブになっていく悪循環。

うう、心当たりがあり過ぎます……。

最初はフリでもいいんですよ。人と話すのが苦手なホストが新しく入ってきたら、「別におもしろいこと言わなくていいから、楽しそうにしゃべる自分を演じてみろ」って最初に言うんです。

人と話すのが苦手なホストもいるなんて意外です。

トーク力がなくても、他の部分がよければ俺は採用します。だってコミュニケーション能力は努力で改善できるから。とにかくまずは、自分が楽しそうに話すこと。それをきっかけに相手が笑顔になってくれたら、うれしくなっちゃって、人と話すのがどんどん好きになっていくから。そういう成功体験を重ねていくことで、コミュニケーション能力も向上していくんです。

会話のゴールデンタイムは3秒で決まる

f

ローランドさまはさまざまなユニークな名言で有名ですけど、そういった言葉の引き出しってどうやって増やしているんですか?

言葉っていたるところにあふれてる。大事なのはそれをキャッチするために、常にアンテナを張って、感度を高くしておくこと。テレビを見ていて気になった言葉をすぐメモするか、3分後に忘れちゃうか。その違いですね。おもしろい比喩表現とか言い回しを耳にしたら、自分も応用できないかなって考えます。昔から、言葉は好きでしたね。

本もよく読まれたりするんでしょうか?

本も好きですけど、自分は昔サッカーをやっていて、言葉を操ることはスポーツにも共通する部分があるなとずっと思っていて。例えば、モウリーニョというサッカーの監督がいて、彼はすごく哲学的なことを言ったり、言葉でチームの士気を高めたりする。他にも、中田英寿さんやイチローさんとか、超一流のスポーツ選手って自分の哲学を言葉にする能力がすごく優れている。おもしろいですよね。

ローランドさまみたいに、相手に響く言葉を発するためにはどうすればいいでしょうか?

いかに短く、シンプルな言葉で人の心を動かすか。

世の中にはたくさんのホストがいるけど、俺は他のホストとは努力の質が違う。
だから誰にも負けない唯一無二のナンバーワンなんだよね。

これ、言われてみてどうですか?

長いな……って思います。

でしょ?

世の中には2種類の男しかいない。
俺か、俺以外か。

こっちの方が絶対インパクトありますよね。長ったらしい言葉って、相手に響かないんですよ。「短い言葉でいかに人の気持ちに訴えるか」はもうクセがついていて、人に何か伝えようと思ったら、脳内で自然と短い言葉に変換されて出てきますね。

相手の言葉に返答するスピードもめちゃくちゃ速いなと感心してしまいます。

「鉄は熱いうちに打て」って言うじゃないですか。相手になにか言われて、30分後に気の利いた返しを思いついても意味がない。理想は3秒。3秒以内におもしろい言葉を瞬間的に返す。4秒だと考えました感が出ちゃうし、5秒だと「それ持ちネタ?」、6秒超えたらもうつまんない。

そういう会話の“ゴールデンタイム”ってあると思うんですよね。それにユーモアがある人は、人としても魅力的に見えますしね。

エゴサーチはしない。干からびるミミズにはなりたくないから

コミュニケーションが苦手な人って「自分に自信がないから」という人も多いと思うんです。ローランドさまは、最初から成功する自信ってありましたか?

ホストになって最初の1年くらいは苦労しましたよ。だけど、いいものがすぐ売れるかって言ったらそうじゃない。タイムマシンで江戸時代にブランド物のスニーカーを持っていっても売れないじゃないですか、市場が追いついてないから。

それと同じで「俺は時代を先取りしすぎているんだ」って、根拠のない自信だけはありましたね(笑)。

普段から自信を保ち続けるためのコツって何かあるのでしょうか?

今の時代、ネットやSNSを見て、会ったこともない他人の評価を気にしちゃう人って多いですよね。でもそれって、自分で自分の自己評価をものすごく下げているから、やめた方がいい。

普段から親身に自分のことを見てくれている上司や同僚から「お前のここがダメ」って言われるならまだ腑に落ちるけど、知らない人間の言葉に人生を左右されるなんて、ナンセンスだと思いません? だから俺はエゴサーチも絶対にしないです。

でも、ネットやSNSの声がどうしても気になってしまうことってありませんか……?

梅雨の時期にミミズがいっぱい地上に出てくるじゃないですか? それで次の日晴れたら、道路の上で干からびている。「土の中にいればよかったのに、破滅願望でもあるのかな」っていつも思うんです(笑)。

それと一緒で、わざわざエゴサーチなんかして、地上に出てきたミミズみたいに干からびる必要はない。そもそも自分が心に決めたことがあるなら、他人になんと言われようが関係ないですからね。

既読スルーされたら、自分で自分に返信しろ

ローランドさまは普段、メールやメッセージアプリなどは使いますか?

あまり使わないですね。ビジネスパーソンとして、業務連絡など必要最低限は使いますけど、どちらかというとアナログ人間なんで。電話かフェイス・トゥ・フェイスで直接会って話すのが好きなんです。まあでも、お客様とコミュニケーションを取るために、そういうの使いこなしているホストは多いと思いますけど。

ソフトバンクが提供しているサービスにも「+メッセージ(プラスメッセージ)」というアプリがあります。電話番号だけでメッセージがやり取りできるアプリなのですが、何か一言、アドバイスをいただけないでしょうか?

(アプリの画面を見ながら)他のメッセージアプリにはないセールスポイントがあるといいですよね。俺は家族とビデオ通話をすることが多いんですけど、「+メッセージ」でもそういうのができると、面白いかもしれない。実際に会ってるような感覚で話せる、とか。

ありがとうございます。ちなみにこれは個人的な相談です。もし気になる異性に既読スルーをされたとき、ローランドさまだったらどうしますか?

そのときは自分のメッセージに自分で返信する。「今日は雨だね〜」「うん、そうだね」「早く会いたいね」って、画面の右側だけで会話を完成させてしまえばいい。「君が返してくれないから、さみしくてつい自分で返信しちゃった」なんて。

なるほど(笑)。

でも、それをきっかけに「こいつ面白いな」と思ってくれて、返信が来るかもしれないし。これもユーモアですよ。

ちなみにそれ、実際にやられたことあるんですか……?

いや、俺の場合は基本的に返信返ってくるからね(笑)。

失礼しました!

後編では、ビジネスパーソンとしてのローランドさまの仕事への向き合い方や、経営者としてのマネジメント術などについてお話を伺います。お楽しみに!

コミュニケーション術の関連記事

【ビジネス編】「101回目のミスでも、愛情を持って叱れるか」 現代ホスト界の帝王・ローランドさまに学ぶコミュニケーションの心得

【ビジネス編】「101回目のミスでも、愛情を持って叱れるか」 現代ホスト界の帝王・ローランドさまに学ぶコミュニケーションの心得

今年は自分を変えてみる! 「銀座のママ」に学ぶ一流のコミュニケーション術

今年は自分を変えてみる! 「銀座のママ」に学ぶ一流のコミュニケーション術

(掲載日:2019年7月25日)
文:井上麻子
編集:エクスライト
撮影:山﨑悠次

+メッセージ(プラスメッセージ)

ソフトバンク、ドコモ、auが提供する、電話番号だけでメッセージを送受信できるメッセージングサービス。テキストと絵文字に加え、写真、動画、500点以上のオリジナルスタンプなどを使ってコミュニケーションを楽しめます。また、電話番号で登録するため、なりすましや乗っ取りの心配もありません。仕事の付き合いや目上の人とのコミュニケーションにも、安心してご利用ください!