福岡県宗像市 様

福岡県宗像市 様

業種:公共・教育

規模:101人~500人

導入サービス:IoT

お問い合わせフォーム

「あまおう」の栽培が盛んな福岡県宗像市では、隣接する福津市を含めた21名のいちご農家のハウスにソフトバンクのグループ企業であるPSソリューションズが提供する「e-kakashi」を導入。IoTを使ってハウス内の地温や日照時間が自動取得され、いちご栽培に必要なデータが専用のWebアプリケーションでいつでも閲覧可能になりました。そのため長年の経験が頼りだった農作業をデータに基づいて実施できるようになり、就農歴の浅い若手農家の栽培技術向上が期待されています。また機器を設置している農家だけでなくJAむなかたの営農指導員もデータを閲覧でき農業指導の機会増加につながっています。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    新規就農者の多いいちご農業において、若手の栽培技術向上が課題となっていました。

  2. 効果

    「e-kakashi」導入によりベテラン農家と若手農家のデータを比較することで両者の違いを見える化できるようになり、若手農家がいつどんな作業をすればよいか把握しやすくなりました。

  1. 課題.2

    営農指導員が現地に行かないと状況が分からないので農業指導ができず、指導回数が少なくなっていました。

  2. 効果

    「e-kakashi」導入により、いつどこにいても担当農家のデータを確認きるので、電話などの遠隔でもリアルタイムに農業指導ができるようになり、機会増加にもつながりました。

宗像市ではトマトやキャベツなどの野菜と柑橘(かんきつ)系などの果物の栽培が盛んな地域ですが、その中でもいちごの「あまおう」は収益を上げやすいと言われており、新規就農者である若手の比率が他の農作物に比べ高くなっています。しかし、ベテラン農家の栽培技術が全ての若手農家に継承しきれておらず、品質や収量などで両者の差が大きく開いていました。
そこで同市はIoTを使った栽培ナビゲーションサービス「e-kakashi」を導入し、ハウス内の気温、湿度、日照時間、地温、CO2濃度などいちご栽培に必要なデータを見える化。スマホやタブレット端末でいつでもハウスの環境を確認できるので、施肥のタイミングや日照時間不足を補う夜間照明の実施有無などを判断できるようになり、若手農家の栽培技術を補完するツールとして期待されています。
「e-kakashi」はハウス内にソフトバンクのSIMを搭載した親機(ゲートウェイ)と各種センサーが接続された子機(センサーノード)を設置し、子機で取得したデータが無線通信で親機に転送され、約10分間隔で親機からクラウド上に送信される仕組みになっています。また、「e-kakashi」では取得したデータの分析結果をもとに、問題点やその解決策を議論するワークショップ開催も提供しているので、若手農家が一人で悩まない環境作りにも貢献しています。

Webアプリケーションでいつでもデータを確認できる

お客さまの声

宗像市 産業振興部 農業振興課 振興係 係長 前田 誠太郎 氏

IoTを使った農業支援サービスは他にもありますが、「e-kakashi」はデータを取得するだけでなく、取得データをグラフ化して見ることができるWebアプリケーションや、データの分析や共有ができるワークショップの開催までパッケージで提供される点を評価し採用を決めました。各ハウスへの機器の設置もPSソリューションズのサポートにより24ヵ所の設置をわずか2日で完了することができました。今後は若手農家の収量を「e-kakashi」で取得したデータと紐づけて、収量の多いベテラン農家のデータに近づけるために、どんなタイミングで何をすればよいかという栽培マニュアルを作成し、栽培技術の継承支援ツールとして展開できればと考えています。

JAむなかた 営農振興部 園芸課 竹井 大喜 氏

JAむなかたでは55名のいちご農家がいますが、それを3名の営農指導員で分担し農業指導を行っています。若手農家へはなるべく密に指導したいのですが、1人当たりの担当農家数が多い上、いちご農家は宗像市内各所にあり全農家に毎日訪問することは現実的ではありません。そのため今まではハウス内の状況に応じたタイムリーな農業指導をすることは困難でした。それが「e-kakashi」の活用で、現地に行かなくても担当農家のさまざまなデータを確認し必要に応じて電話でのアドバイスもできるようになったので農業指導の回数が増加しました。

いちご農家 松尾 康司 氏

「e-kakashi」のよいところは自分のデータだけでなく他の農家のデータも見られる点だと思います。私は自分が目標としているベテラン農家のデータと自分のデータを比較しています。例えば、ある時期のCO2濃度がベテラン農家より低かったということが分かると「どんな影響がでるのか」「CO2濃度を上げるためにその時期に何をすればよいのか」という質問をベテラン農家にできるようになりノウハウを増やせるようになりました。

JAむなかたの営農指導員と農家が一緒にデータを確認することで、より的確な農業指導が可能に

データのグラフ化も可能。さらに他の農家と比較することで直感的に違いの把握が可能に

導入企業情報

福岡県宗像市

自治体名:福岡県宗像市
所在地:福岡県宗像市東郷一丁目1−1
市政施行:1981年4月
URL:http://www.city.munakata.lg.jp/
従業員数:439名(2017年4月現在)

  • 記載内容は2018年2月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 福岡県宗像市様 IoT

    福岡県宗像市様では、いちご栽培にIoTを使った栽培ナビゲーション「e-kakashi」を導入し新規就農者の育成に取り組む