顧客理解を深めて新事業・新企画創出へ

効果的なマーケティング活動のためのデータ分析

データを上手に活用することで、現状分析や未来予測に役立ちます。
リアルタイムかつ高精度なデータを用いたマーケティング活動で、効果的な施策につなげましょう。   

ウェビナー開催のお知らせ

顧客に寄り添うコミュニケーションを実現する方法とは
金融業界におけるカスタマーデータプラットフォーム(CDP)の具体的な活用例を紹介します

開催日時:2022年5月24日(火) 11:00-11:30

自社のデータを分析・活用し、顧客理解を深める

消費者需要の高い商品やサービスを予測して在庫を最適化したり、適切なタイミングで販売をより促進するためにデータ分析は効果的です。別々のシステムや組織で管理され連携できていないサイロ化されたデータを、顧客をキーとして統合し、目的に応じたデータ活用を進めましょう。

おすすめウェビナー
いまさら聞けないCDP(カスタマーデータプラットフォーム)活用と効果
〜導入し効果をあげている3社の事例を紹介します〜

データ活用やDX推進に取り組もうとしているけれど、まだ具体的な道筋を描けていない企業の方必見。自社が持つ顧客データをCDPを用いて活用し、さまざまな効果を上げているBtoC企業3社の事例をご紹介します。


注目トピックス
3rd Party cookieの利用規制がもたらすデジタルマーケティングの変革

2023年、GoogleのWebブラウザ「Chrome」で3rd Party cookieの利用が制限されます。規制の理由と影響、変化を解説します。

お客さま成功事例

データを活用した効果的なマーケティングを実現されたお客さまの事例をご紹介します。

株式会社協和さま データ活用事例

株式会社協和

ネットショップなどで取得した顧客のデータ管理とマーケティングへの活用のため、「Treasure Data CDP」を導入。データ基盤を整備したことでマーケティングに必要な情報だけを柔軟に抽出することが可能になりました。

 

他にもさまざまな企業で活用が進んでいます

条件に該当するページがございません

ソフトバンクがデータ分析による価値創出をご支援

ビッグデータは活用の仕方次第で新たな需要の発見や売上・利益の最大化につながります。
データという財産を使ったビジネスの発展をソフトバンクがご支援いたします。

AI需要予測による利益最大化

AI需要予測による利益最大化

顧客データ統合と1to1マーケティングによるLTV最大化

顧客データ統合と1to1マーケティングによるLTV最大化

すべてのソリューション

デジタル基盤は企業を加速する「コミュニケーションの変革」「オートメーションの効率化」「セキュリティの強化」「マーケティングのデジタル化」

全ての働く人々をもっと自由にする「Digital Tech First」ソリューション。テクノロジーを活用し働く場所や時間の不自由を解決。想像を超える新しい社会を実現するために、ソフトバンクは情報革命を推進します。

お問い合わせ

法人のお客さま向けサービスに関するお問い合わせ先や、よくあるご質問をご案内しています。