大規模災害に備えた計画 災害に強い職場づくり 大規模災害に備えた計画 災害に強い職場づくり
大規模災害に備えた計画 災害に強い職場づくり
大規模災害に備えた計画

災害に強い職場づくり

災害に強い職場を構築し、従業員の安全とビジネスの継続性を確保しましょう。そのためには組織全体での意識向上と準備が重要です。
ここでは具体的な対策と、BCP対策に役立つテクノロジーを紹介します。

どのような災害が起きやすいのか

地域の災害の種類と頻度を考慮して災害対策計画を策定

台風被害、洪水、地震、テロ、感染症拡大、サイバー攻撃のように企業活動に支障をきたす緊急事態発生に備えましょう。
職場における潜在的なリスクを把握し、具体的な対策を立てることが重要です。

1 優先して継続すべき事業はどれか。
2 事業継続に必要な業務は何か。
3 緊急時に使えなくなると想定される資源は何か。
4 必要資源の確保はできているか。
  ー人的資源(安否確認手段)
  ー情報資源(保管場所、保管方法)
  ー物的資源(PC、在庫、生産手段、拠点の複数化)
  ー資金
5 資源の代替あるいは手段はあるか。
6 復旧までの目標時間とレベルは決めてあるか。

業務を止めないクラウドサービス

クラウドサービスを利用することで、従業員は災害時にもインターネット経由でリモートアクセスできます。
データやアプリケーションがオンプレミスに限定されないため、災害が発生しても業務を継続できます。
社内のサーバーやパソコンが損傷しても、クラウド上にデータが保管されているため重要データの消失リスクを抑え、災害時にも迅速かつ柔軟に対応できます。

BCP対策として有効なサービス

グループウェア

さまざまなデバイスを利用してどこからでも安全に業務を行うことができ、平時と変わらない生産性を確保できます。

グループウェア

WordやExcelなどOfficeツールに加え、メールやWEB会議ツールをクラウドで利用できます。

デスクトップ仮想化

従業員が会社以外の場所から仮想的にアクセスすることで、ビジネスの継続性を確保できます。

災害時、オフィスの電話番は誰が?

自然災害などで交通手段が絶たれてしまうと会社の電話対応ができなくなります。
これを防ぐには平時よりクラウド電話や、代替の手段を保有しておくことがおすすめです。
クラウド電話は通信インフラが稼働していれば、PCやスマートフォンを使って会社の電話番号で電話対応ができます。
従業員に会社のスマートフォンを貸与している場合も、スムーズに連絡を取ることができます。
リモートワーク時に活用されているこれらのコミュニケーションツールを、災害時の連絡手段としても活用しましょう。

固定電話の代替となる電話サービス

クラウド電話

従業員に迅速な情報提供ができるアラートシステムは、災害時に避難や安全確保の指示をスムーズに伝達できます。

Microsoft Teams 電話

災害時の情報収集やモニタリングに役立てることができます。地震や火災などの異常を早期に検知し、適切な対応を取ることができます。

受電集約(センター化)

拠点の受電を1ヵ所に集中させることで、オペレータによる対応が可能。災害初動における現地の負担を減らすことができます。

災害対応用の通信機器の導入

非常用通信機器を導入することで、通信インフラが寸断された場合でも通信が可能になります。
従業員は安全な場所に避難し、トランシーバーや衛星電話、ラジオやTVを利用して情報を把握します。
これらの対応策を事前に計画し、従業員に周知しておくことで、災害時にも迅速かつ効果的なコミュニケーションができるようになります。

非常時にも役立つ通信サービス

衛星電話

衛星通信は地上携帯電話基地局を使わないため、災害時に固定電話や携帯電話が使えなくなった場合でも、通信を確保できます。

衛星ブロードバンド

災害時の情報収集やモニタリングに役立てることができます。地震や火災などの異常を早期に検知し、適切な対応を取ることができます。

デュアルSIM

災害時にスマートフォンがつながりにくい、通信障害が発生しているときにデュアルSIMを使用して副回線(au回線)に切り替えできます。

リモートワークを円滑に行う

ビジネスコラボレーションツールを導入することで、オンラインでのコミュニケーションやドキュメント共有ができるようになります。
初動対応においては電話連絡が重要ですが、復旧に向けて遠隔地にいる従業員同士が連携していく際は、電話以外の通信手段も便利です。

インターネット回線が稼働している場合は、メールやチャットツールを使って従業員と連絡を取ることができます。
映像や画像を撮影して被害状況を共有することで、地域や関係施設との連携、相互支援に役立てられます。

連携・支援に役立つコラボレーションツール

Web会議

拠点の受電を1ヵ所に集中させることで、オペレータによる対応が可能。災害初動における現地の負担を減らすことができます。

ビジネスチャット

簡単ですぐに使えるビジネスチャットは、リアルタイムな情報共有に最適です。

遠隔サポート

災害時の情報収集やモニタリングに役立てることができます。地震や火災などの異常を早期に検知し、適切な対応を取ることができます。

危機管理体制を整備し、従業員の意識を高める

従業員に災害のリスクや対策について定期的な情報提供を行いましょう。災害時に状況に応じた行動できるよう、啓発活動が大切です。
災害時には従業員の安否を素早く確認し、初動の人員配置を決めたり、他の企業との連携ができる仕組みが必要です。
危機管理体制の整備と適切な情報提供により、混乱を最小限に抑えることができます。

危機管理体制に有効なサービス

安否確認・アラートシステム

従業員に迅速な情報提供ができるアラートシステムは、災害時に避難や安全確保の指示をスムーズに伝達できます。

IoTセンサー

災害時の情報収集やモニタリングに役立てることができます。地震や火災などの異常を早期に検知し、適切な対応を取ることができます。

断水時の水資源

断水時の水資源

使った水を98%綺麗に再生するテクノロジーで実現した手洗いスタンドと屋外シャワーキットです、断水時の衛生課題を解決できます。

企業防災の取り組みに役立つ資料

ICTとテクノロジーを活用した災害に強いまちづくり

頻発する地震や大雨などの大規模災害。近年はこれらに新型コロナウイルス感染症対策の必要性が加わり、膨大な災害対応業務が求められています。 災害対応業務の効率化・省力化を進めるため、内閣府は「防災 × テクノロジー」タスクフォースを設立し、ICT や新たなテクノロジーを活用した災害対策を推進しています。

関連記事

条件に該当するページがございません

お客さま成功事例

導入のポイントやお客さまの声などご覧ください。

条件に該当するページがございません

すべてのソリューション

4つの「コミュニケーションの変革」「オートメーションの効率化」「セキュリティの強化」「マーケティングのデジタル化」

全ての働く人々をもっと自由にする「Digital Tech First」ソリューション。テクノロジーを活用し働く場所や時間の不自由を解決。想像を超える新しい社会を実現するために、ソフトバンクは情報革命を推進します。

お問い合わせ

法人のお客さま向けサービスに関するお問い合わせ先や、よくあるご質問をご案内しています。