GHG排出量算定・可視化ツール「クラウド炭素管理」 GHG排出量算定・可視化ツール「クラウド炭素管理」
GHG排出量算定・可視化ツール「クラウド炭素管理」
GHG排出量算定・可視化ツール

クラウド炭素管理

企業としてGHG(温室効果ガス)の排出量削減の取り組みに注目が集まる中、GHG排出量の可視化が求められています。

「クラウド炭素管理」なら、専用のソフトウェアで活動量の入力またはデータ連携の設定をするだけで、企業のサプライチェーンGHG排出量の算定・可視化・削減管理が可能です。自社はもちろん、グループ企業や取引先も含めたサプライチェーン全体の排出量(Scope3)を見える化し、報告・情報開示の効率化に貢献します。

GHG排出量算定の重要性

CO2排出量削減

中長期的な企業価値向上を目指すために、投資家からも環境への配慮や社会貢献が要求される時代となっています。大企業だけでなく、サプライチェーンや金融機関、中小企業にもGHG排出量削減を迫られる動きが高まっており、排出削減の取り組みに注目が集まっています。

「クラウド炭素管理」が課題を解決

「クラウド炭素管理」なら「Zeroboard(ゼロボード)」を利用して、
GHG(温室効果ガス)の算定・可視化・削減管理が可能です。

Zeroboard画面

※「クラウド炭素管理」は、株式会社ゼロボード(以下「ゼロボード」)が開発・提供するクラウドサービス「Zeroboard(ゼロボード)」をもとに、ソフトバンクが提供する法人向けのソリューションなどとの連携を見据えて最適化したサービスです。

クラウド炭素管理の特長

活動量をデータ連携・入力するだけでGHG排出量を算定

活動量(調達量や使用量)を入力あるいはデータ連携するだけで、サプライチェーン排出量や製品・サービスごとの排出量まで算定可能です。お客さまのフィードバックにもとづいた高い操作性のインターフェースにより、専門的な知識がなくてもお使いいただけます。

Zeroboard画面

ChatGPT APIによるAIチャットボットが質問に回答

算定作業を進める中で出てくる質問にChatGPT APIの「Dr.Zero」が即座に自動回答。スムーズに作業を進めることができます。AIチャットボットは、環境省やWBCSDなどの50種を超える国内外の専門資料を学習させることで現在の制度や解釈に準じて回答いたします。

Zeroboard画面

温対法・省エネ法や自治体条例対応のレポーティング機能

各種環境法令対応のレポートや統合報告書に掲載するためのデータエクスポートなど用途に合わせたアウトプットが可能です。気候変動に対する企業の取り組みをステークホルダーに対して適切に訴求するための機能です。

Zeroboard画面

サステナビリティ経営とITに精通したエキスパートが
GHG算定と削減を支援します

エキスパートによるGHG算定と支援

クラウド炭素管理の提供元である株式会社ゼロボードには、製造業、小売業などのサステナビリティ情報開示やIT業界に精通したエキスパートが多数在籍しており、算定方針や削減目標の決定といった高度な支援、社内でのデータ連携に至るまで、お客さまのフェーズにあわせて多岐にわたるサポートが可能です。また、TCFD開示対応支援、CDP回答支援、SBT取得支援など、より専門的なコンサルティングにより脱炭素経営の実現に寄与します。

導入・ご利用開始までの流れ

お申込から最短2週間後にはご利用いただけます

Step1

資料請求・導入検討に
ついてのお問い合わせ

Step2

GHG算定ツールの
最適なプランをご提案

Step3

見積を算出・
ご契約

Step4

GHG算定・可視化ツール
「クラウド炭素管理」
提供開始

まずはお気軽にご相談ください

資料ダウンロード

資料ダウンロード

本サービスについて詳しく知りたい場合は、こちらからフォームにご入力の上ダウンロードください。

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様についてはこちらからお問い合わせください。

NET NERO / SDGs