IoT

今までのビジネスをIoTのテクノロジーで新しいビジネスに

ソフトバンクのIoT

お客さまの課題を解決するIoTサービスをラインナップ

  • 通信キャリアならではの
    ネットワーク

    「NB-IoT」をはじめとした、低コスト・低消費電力で長距離通信が可能なLPWAを含む、豊富な回線ラインナップから最適なソリューションをご提案します。

  • 豊富なIoTデバイス

    設備の稼働状況や施設の利用状況、車両の運行状態などのデータを収集するために必要なセンサーやゲートウェイをご用意します。

  • セキュアなデータ蓄積・管理

    多種多様な通信ネットワークに対応し、キャリアグレードのセキュアな環境でデータを蓄積することができるIoTプラットフォームを低コストで提供します。

  • AI・データ分析での価値創出

    収集した膨大なデータを可視化・分析可能な基盤をご用意しています。人流データや、お客さまのデータなどを組み合わせ、新たな価値を創出します。

  • ソフトバンク独自の
    API・API管理

    蓄積したデータやソフトバンク独自のデータ・サービスを、お客さまシステムと連携する為のAPIおよびAPI管理サービスをご提供します。

  • 導入しやすい
    サービスパッケージ

    ニーズが多いアプリケーションと最適な回線やセンサーを、導入しやすくパッケージ化してご提供します。

  • 企業や自治体との共創事例

    日本全国の自治体と連携し、まち全体のIoT化をサポートしています。自治体の魅力を引き出し、自治体やそこに住む人や産業の課題解決に貢献します。

IoTの活用が期待される分野

あらゆる種類の技術が進化し続ける製造業において、製品のデザインや工場での製造プロセスをサポートするシステムすべてに新しいアプローチが必要になると予測されています。IoTソリューションにより、企業はより効率的に従業員の安全確保を実現し、さらに消費者の利用情報から新しいビジネスモデルの創出が可能となります。また、設備管理の効率や安全性が向上することで、資産運用最適化によるコスト削減および収益向上が期待できます。

企業の約4割が検討しているIoT活用

普及の進む今だからこそ分かる
活用の実態や課題

IoT市場の広がりや、実際の活用状況などを実例を交えながら解説していきます。これから導入を検討する企業の方はもちろん、導入済み企業の方にもご活用いただける情報です。

新しい通信への挑戦「NIDD技術」

  • IP化しないデータ伝送

    NIDDは、IoTデバイスにIPアドレスを割り当てることなくデータ通信を行うことができる新しい通信技術。従来のデータ通信時に付加的に必要となるヘッダー情報などのデータが削減されることにより、通信に必要な電力を抑えられ、バッテリーを長持ちさせることができるほか、より広いエリアをカバーすることが可能となります。

  • 世界で初めて成功

    ソフトバンクは、IoTデバイス向けのLTE通信規格であるNB-IoTにおいて、3GPP※1で新たに規格化されたNIDD(Non-IP Data Delivery)技術の商用環境での接続試験に、世界で初めて※2成功しました。これを受けてサービス事業者を募り、商用環境での試験サービスの提供を開始します。

    • ※1 3rd Generation Partnership Project:移動通信システムの仕様を標準化するプロジェクト
    • ※2 2018年9月28日現在(当社調べ)
  • 高セキュリティネットワーク

    各サービスプロバイダーが提供するIoTプラットフォームや外部アプリケーションサーバと閉域網で接続することにより、エンド・ツー・エンドで高セキュリティネットワークを構築することが可能となります。

NIDD技術を使用したデータ通信のイメージ

ソフトバンクは今後、現在提供している従来のIPアドレスが付与されるNB-IoTおよびCat. M1(カテゴリーエムワン)のサービスに加えて、新たにNIDD技術を導入することで「高セキュリティー」「低消費電力」「高エリアカバー」の特長を生かし、防犯や社会インフラ、農業などのさまざまな事業・領域で対応するデバイスを順次投入し、商用化を目指していきます。

ソフトバンクのIoTサービス

IoTパートナープログラム

IoTパートナープログラム ソフトバンクのIoTプログラムで新しい情報革命をご一緒しませんか?

さまざまなIoTビジネスの領域におけるパートナー企業の技術支援やビジネスマッチングを行うことにより、IoTビジネスを総合的に支援する「IoTパートナープログラム」。パートナー企業を募集することでプログラムの拡大を推進し、ビジネスマッチングの機会を広げて、パートナー企業と共にIoTビジネスの拡大につなげていきます。

お客さまのニーズに応じて、IoTにおけるデバイス、SI(システムインテグレーション)、アプリケーションの各領域で最も適したパートナー企業をソフトバンクがマッチング。そこから生まれたIoTソリューションを提供します。各パートナー企業は、これまでサービスやデバイスを提供できなかったお客さまにもリーチすることが可能となり、IoTビジネスの拡大が期待できます。

ニュース

IoTサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ

ソフトバンクのIoTサービスについてのご相談はこちらから。

IoTサービスの導入事例