ソフトバンクのIoT

ソフトバンクのIoT

ソフトバンクは、IoTソリューションに必要なセンサーネットワークの構築から、通信回線・通信機器の調達、データ収集および分析、さらに機器ネットワークの保守管理やコールセンター業務まで、ワンストップでサポートいたします。IoTソリューションのサービスを利用する際の膨大な手間と初期投資を大幅に抑え、保守運用などのランニングコストや手間を軽減するとともに、スピーディに導入することが可能です。

IoTの活用が期待される分野

製造業

IoTソリューションは製品開発から製造、出荷、販売までのプロセスや手段に大きな変化を与えると期待されています。大規模な製造企業の場合、あらゆる種類の技術が常に進化し続けるため、製品のデザインや工場での製造プロセスをサポートするシステムすべてにおいて新しいアプローチが必要になると予測されています。

IoTソリューションにより、企業はより効率的に従業員の安全確保が可能になります。さらに製品を利用する消費者の利用情報取得により、新しいビジネスモデルの創出ができます。また、設備管理の効率や安全性が向上することで、資産運用最適化によるコスト削減および収益向上が期待できます。

既存の設備にソフトバンクのIoTソリューション(通信モジュールとアプリケーション)を活用することで、生産性向上が見込め、より大きなスケールのソリューションが導入可能です。

スマートモビリティ

社会を支えるインフラの1つである交通分野では、環境にやさしくコストを最適化するとともに、円滑で快適な移動を実現するスマートモビリティへの取り組みが進められています。

国内だけではなく、世界中でも環境にやさしく、かつ安全な交通をサポートするIoT・M2Mの通信を管理するのは、ビジネス展開の重要な成功要件の一つです。ソフトバンクはIoTソリューションを通じ、車などの移動体に通信システムを組み合わせた車載OBD(On Board Diagnostics)コネクタや、クラウドベースのさまざまなアプリケーションなどをご提供しています。最先端のICT技術を通じ、社会における利便性や快適性、および安全性の向上に貢献していくだけでなく、物流などの経済発展および国際競争力向上にも貢献していきます。

スマートグリッド

電気、ガス、水道など社会に不可欠なサービスを提供しているエネルギー企業にとって、インフラストラクチャの管理も重要な分野です。

例えば、現状の電力ネットワーク上では消費電力量をリアルタイムに知ることは難しいですが、スマートグリッド(次世代送電網)ではスマートメーターなどIoT・M2M端末を設置することで、供給先のエリアや個別の家庭に至る詳細な電力消費量を把握することができます。また、その集計値に基づき正確な電気消費量予測を立て、電力を自動分配することが可能になります。

ソフトバンクのIoTソリューションは、スマートメーター、スマートセンサーおよび、遠隔監視・追跡の各種通信モジュール、ネットワーク、セキュリティ、アプリケーションを提供し、スマートグリッド実現に貢献していきます。

NB-IoTの商用サービスを開始

ソフトバンクは、IoT機器向けのLTE規格であるNB-IoTおよびCat. M1(カテゴリーエムワン)のネットワークの構築を2018年4月に完了し、商用サービスを開始しました。NB-IoTの商用サービスを開始するのは、国内で初めて※1です。今回の商用サービスを開始したNB-IoTおよびCat. M1は、さまざまなIoTデバイスに幅広く対応するため、低消費電力を実現する技術であるeDRX※2とPSM※3を導入済みです。

NB-IoTおよびCat. M1の概要

規格名 特徴 技術仕様 周波数 最大通信速度※4
(下り/上り)
NB-IoT 低価格化・省電力化に特化し、LTEと共存可能な規格 3GPP
Release 13
LTEバンド 27kbps/63kbps
Cat. M1 LTEの一部の周波数帯域のみを利用して、通信モジュールの低価格化・省電力化を実現した規格 0.8Mbps/1Mbps

ソフトバンクはNB-IoTおよびCat. M1の商用ネットワーク構築完了に合わせて、新たに専用の「IoT料金プラン」を導入します。ソフトバンクのIoTプラットフォームと併用していただくことで、契約回線数にかかわらず1回線当たり10KBまで月額10円(税抜き)の低価格でご利用いただけるプランなど、月々のデータ通信量に合わせてお選びいただける4種類のプランを提供します※5。「IoT料金プラン」の概要は、プレスリリースをご参照ください。

NB-IoT向けNIDD技術について

ソフトバンクは、IoTデバイス向けのLTE通信規格であるNB-IoTにおいて、3GPP※1で新たに規格化されたNIDD(Non-IP Data Delivery)技術の商用環境での接続試験に、世界で初めて※2成功しました。これを受けてサービス事業者を募り、商用環境での試験サービスの提供を開始します。

NIDDは、IoTデバイスにIPアドレスを割り当てることなくデータ通信を行うことができる新しい通信技術で、通信にインターネットプロトコルを使わないことにより、IoTデバイスを狙った悪意のある攻撃を受けるリスクが低く、高セキュリティーなネットワークを構築することができます。また、従来のデータ通信時に付加的に必要となるヘッダー情報などのデータが削減されることにより、通信に必要な電力を抑えられ、バッテリーを長持ちさせることができるほか、より広いエリアをカバーすることが可能となります。

さらに、各サービスプロバイダーが提供するIoTプラットフォームや外部アプリケーションサーバと閉域網で接続することにより、エンド・ツー・エンドで高セキュリティーネットワークを構築することも可能となります。

ソフトバンクは今後、現在提供している従来のIPアドレスが付与されるNB-IoTおよびCat. M1(カテゴリーエムワン)のサービスに加えて、新たにNIDD技術を導入することで「高セキュリティー」「低消費電力」「高エリアカバー」の特長を生かし、防犯や社会インフラ、農業などのさまざまな事業・領域で対応するデバイスを順次投入し、商用化を目指していきます。

NIDD技術を使用したデータ通信のイメージ

IoTサービス

モネ・テクノロジーズ

モネ・テクノロジーズ株式会社(MONET TECHNOLOGIES)は、トヨタ自動車株式会社が構築したコネクティッドカーの情報基盤である「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、スマートフォンやセンサーデバイスなどからのデータを収集・分析して新しい価値を生み出すソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を連携させた新しいモビリティサービスを提供いたします。

詳しくみる

ドローンによる社会インフラ保全サービス

ドローンによる社会インフラ保全サービスは老朽化が進む社会インフラに対して、ドローンにIoT・AIなどの先進的な技術を活用することで、人による危険作業などの手間や費用を抑制するとともに、安全で効率的な保守運用を実現するサービスです。

詳しくみる

鍵遠隔管理サービス「スマカギ」

「スマカギ」は、IoTプラットフォームを活用し、複数の鍵を管理者が遠隔管理できるサービスです。遠隔で解錠用の暗証番号の発行や、非接触ICカードへの解錠権限の付与などの設定が可能になるため、ホテルや民泊などで、物理的な鍵管理の運用負荷やコストの軽減を実現します。

詳しくみる

準天頂衛星対応トラッキングサービス

準天頂衛星を活用した高精度な位置測位ソリューションです。ソフトバンクが開発したマルチGNSS端末を用いて複数のGNSS信号(衛星/IMES)を統合することで、屋内外の位置管理をシームレスに実現し、誤差範囲1.0~1.8mでの測位を実現いたします。

詳しくみる

IoTパートナープログラム

ソフトバンクは、さまざまなIoTビジネスの領域におけるパートナー企業の技術支援やビジネスマッチングを行うことにより、IoTビジネスを総合的に支援する「IoTパートナープログラム」を開始しております。参加希望のパートナー企業を募集することでプログラムの拡大を推進し、ビジネスマッチングの機会を広げて、パートナー企業と共にIoTビジネスの拡大につなげていきます。

法人のお客さまのニーズに応じて、IoTにおけるデバイス、SI(システムインテグレーション)、アプリケーションの各領域で最も適したパートナー企業をソフトバンクがマッチングし、そこから生まれたIoTソリューションを提供するものです。各パートナー企業は、これまで単独ではサービスやデバイスを提供できなかったお客さまにもリーチすることが可能になり、IoTビジネスの拡大が期待できます。

お知らせ

お問い合わせ

ソフトバンクのIoTサービス、IoTパートナーサービスについてのお問い合わせ

関連導入事例

  • 静岡県藤枝市 様

    静岡県藤枝市 様

    ソフトバンクのIoTプラットフォームを活用し、鳥獣被害対策や児童みまもりなど市民向けIoTサービスを検証

    • 導入サービス:IoT
    • 業種:公共・教育
    • 規模:501〜1,000人
  • 京都府与謝野町 様

    京都府与謝野町 様

    農業用IoTソリューション「e-kakashi」を稲作に活用、ベテラン農家の栽培技術を新規参入者へ効率的に継承

    • 導入サービス:IoT
    • 業種:公共・教育
    • 規模:101〜500人
  • 福岡県宗像市 様

    福岡県宗像市 様

    いちご栽培にIoTを使った栽培ナビゲーション「e-kakashi」を導入し新規就農者の育成に取り組む

    • 導入サービス:IoT
    • 業種:公共・教育
    • 規模:101〜500人

ソフトバンクのIoTソリューション ソフトバンク

ソフトバンクは、IoTソリューションに必要なセンサーネットワークの構築から、通信回線・通信機器の調達、データ収集および分析、さらに機器ネットワークの保守管理やコールセンター業務まで、ワンストップでサポートいたします。

ソフトバンク 法人のお客さま向けサービス・ソリューション