Kony Mobility Platform
PaaS

ホワイトクラウド Kony Mobility Platform

モバイルアプリケーションの開発・運用ライフサイクルにおいて、必要となる機能をプラットフォームとして提供いたします。
モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)サービス「Kony Mobility Platform」を利用することにより、アプリケーションの作成やバックエンドシステムへの接続に関わる開発工数の削減、運用後の保守・管理が最適化できます。

お問い合わせフォーム

Kony Mobility Platform

  • Kony Managementは、今後提供予定です。

Kony Inc.とは

Kony Inc.

2007年創業のMADP(Mobile Application Development Platform)市場のリーダー企業です。
45の国と地域で約350社、1,200以上の金融、保険、運輸、自動車業界などのモバイルアプリケーション開発で利用されています。(2015年3月現在)

Kony Mobility Platformの特長

Point.1 マルチデバイス・マルチOS対応

モバイルアプリケーション開発プラットフォームサービス「 Kony Mobility Platform」では、複数のOSに対応したアプリケーションをワンソースコードで開発することで、開発工数の削減が可能です。

マルチデバイス・マルチOS対応

Point.2 アプリケーション保守

OSのバージョンアップ時に、ビジネスロジックの変更なく、新バージョンへの対応が可能です。
アプリケーション管理者のOSバージョンアップ時の対応コストを削減を実現できるうえ、常に最新OSバージョンでアプリケーションが利用できることにより、スマートデバイス自体の価値も最大化します。

アプリケーション保守

  • Konyは、現行OSのバージョンアップであればリリース後30日以内の対応、新OSであればリリース後90日以内に対応することを保証しております。

Point.3 バックエンド連携

オンプレミスやクラウド上のバックエンドシステムとの連携機能をご提供いたします。すでに搭載しているコネクタを利用することで、システム間インターフェースの開発コストを削減し、また、将来的なバックエンドシステムのリプレースやクラウドへ移行時には差分をプラットフォームで吸収することで、アプリケーションに影響を与えずに構成変更が可能です。

バックエンド連携

クラウド型プラットフォーム

モバイルアプリケーション開発プラットフォームサービス「Kony Mobility Platform」は、クラウド基盤としてご提供いたします。
プッシュ通知機能、認証機能やEMM(Enterprise Mobility Platform)といったモバイルアプリケーション導入に必要となる機能を備え、お客様拠点などに設備を持つことなく、短期間でプラットフォームを準備可能です。

クラウド型プラットフォーム

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

PaaS

PaaSのカテゴリ

法人サービス > クラウド > PaaS > Kony Mobility Platform

関連導入事例

    クラウド関連情報

    モバイルアプリケーション開発(Kony Mobility Platform)

    Kony Mobility Platformはモバイルアプリケーションの開発・運用ライフサイクルにおいて、必要となる機能をプラットフォームとして提供いたします。