導入事例

東洋ビルメンテナンス株式会社 様

RPAによる自動化で事務作業を月200時間以上削減
課題 働き方改革(業務効率化、生産性向上、営業力向上)
業種 サービス
規模 501~1,000人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    人材確保が困難になる今後を見据え、内勤スタッフの業務効率化を検討していました。

    効果

    「SynchRoid」の活用で単純な事務作業を自動化。入力ミスのリスクやダブルチェックの手間もなくなりました。

  • 課題

    内勤スタッフにRPAの開発ができるか不安でした。

    効果

    集合研修型の「開発スキルトレーニング」とマンツーマン型の「開発支援サービス」の活用で、内勤スタッフから選任された20名全員で開発することができました。

商業ビルやオフィスビルの総合管理を手掛ける東洋ビルメンテナンス株式会社(以下、東洋ビルメンテナンス)ではRPAソリューション「SynchRoid」を導入し事務作業を効率化。内勤スタッフ自ら約30種類のロボットを開発し事務作業時間を大幅に削減しました。中でも毎日の仕訳伝票入力が平均2時間、年6回に分けて実施される健康診断で再検査が必要な社員へ郵送される再検査依頼レターの作成で1回あたり4時間の削減に成功しています。

導入企業情報

東洋ビルメンテナンス株式会社 様
東洋ビルメンテナンス株式会社
本社 東京都港区虎ノ門 1丁目12番15号
設立 1973年5月
URL http://www.tbm.co.jp/
従業員数 850名
導入サービス

※記載内容は2018年11月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ