もっと自由な働き方をセキュアに ソフトバンクのデスクトップサービス

最新情報

「デスクトップサービス」に関する最新情報、イベント、セミナー情報などをご紹介いたします。

WHAT'S?

ソフトバンクのデスクトップサービスとは

「デスクトップサービス」とは、ノートPC、デスクトップPC、スマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスから時間や場所にとらわれることなく、いつでもどこからでも同じデスクトップ環境にリモートアクセスが可能になる仮想デスクトップサービスです。

ソフトバンクのデスクトップサービスは、お客さま環境とデータセンターを高品質な閉域網でダイレクトに接続し、安心・安全なデスクトップ環境をお客さまへご提供いたします。

IMAGE

ご利用イメージ ・ 特長

  • 働き方変革による生産性向上

    仮想デスクトップへのアクセスは場所やデバイスを選ばず、いつでも、どこでも、どのデバイスでも社内と同じ環境で働けるため、テレワーク、在宅勤務など多様なワークスタイルを実現し、生産性も向上します。

  • 運用管理の効率化

    データセンター内の仮想デスクトップ環境であれば、OSやアプリケーションのライセンスも一括管理可能に。運用管理の負荷軽減により、業務の効率化とコスト削減が図れます。
    2020年の「Windows 7 サポート終了」に向けてクラウド化をご検討ください。

  • セキュリティ対策の強化

    ウイルスチェックのアップデートやOSのセキュリティパッチ、エンドポイントセキュリティはデータセンターにある仮想デスクトップへ一斉に適用可能。適用漏れに伴う感染リスクが軽減。
    また、仮想デスクトップの情報はローカルPCへ残らないため、PC紛失時も安心、また個人所有のPCでも安心してご利用できます。

  • 所有から利用へ

    VDI環境をオンプレミスで構築している場合、物理サーバの運用・保守、管理等での業務負荷、財務観点でのIT資産の管理業務が発生します。クラウド化されたVDIサービスを利用することで、日々の煩わしい業務を減らすことが可能となり、本来のOA環境の維持・改善に集中できるようになります。

LINE UP

デスクトップサービス 利用イメージ

SUPERIORITY

ソフトバンクのデスクトップサービスの優位性

  • 01

    小規模の構成で
    仮想デスクトップの利用が可能

    ソフトバンクのデスクトップサービスでは、30デスクトップパック(仮想デスクトップが30台構築されるプラン)からご用意しておりますので、小規模の仮想デスクトップ利用用途にも対応しております。

  • 02

    既存資産の有効活用が可能

    ご利用中のPC端末(FAT-PC)をシンクライアント端末化するUSB型シンクライアントをご用意しております。こちらのオプションを利用して仮想デスクトップへアクセスすることで、新たなシンクライアント端末を購入することなく、仮想デスクトップのご利用が可能になります。

    ※USB型シンクライアントについては端末相性がありますため、事前検証実施の上、ご利用可否のご判断をいただくことになります。

  • 03

    安定した基盤で
    仮想デスクトップ環境ご用意

    仮想デスクトップのシステム領域(※)はAll Flashストレージで構成されております。一般的にVDIの大きな課題となるストレージのボトルネックがなくなり、快適な仮想デスクトップ環境をご提供します。

    ※仮想デスクトップ上に構成されているOS自体を導入する領域を指します。

  • 04

    エンドポイントセキュリティ

    ソフトバンクが提供するクラウド型のデータ解析プラットフォーム「Cybereason」の実装が可能です。(※)
    「Cybereason」はエンドポイントのログを収集し、侵入したマルウェアのサイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知できるため、よりセキュアな仮想デスクトップ環境をご利用いただくことが可能です。

    ※Cybereasonは別途ご契約が必要になります。

サービストップ 資料請求 お問い合わせ
TOP