もっと自由な働き方をセキュアに

デスクトップサービス スタンダード

お客さま環境とデータセンターを高品質な閉域網でダイレクトに接続し、安心・安全なデスクトップ環境をご提供いたします。

どこからでも同じデスクトップ環境にアクセス

デスクトップサービス スタンダードは、ノートPC、デスクトップPC、スマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスから時間や場所にとらわれることなく、いつでもどこからでも同じデスクトップ環境にリモートアクセスが可能になる仮想デスクトップサービスです。

小規模の構成で仮想デスクトップの利用が可能

デスクトップサービスでは、30デスクトップパック(仮想デスクトップが30台構築されるプラン)からご用意しておりますので、小規模の仮想デスクトップ利用用途にも対応しております。

安定した基盤で仮想デスクトップ環境ご用意

仮想デスクトップのシステム領域はAll Flashストレージで構成されております。一般的にVDIの大きな課題となるストレージのボトルネックがなくなり、快適な仮想デスクトップ環境をご提供します。

  • 仮想デスクトップ上に構成されているOS自体を導入する領域を指します。

エンドポイントセキュリティ

ソフトバンクが提供するクラウド型のデータ解析プラットフォーム「Cybereason」の実装が可能です。
「Cybereason」はエンドポイントのログを収集し、侵入したマルウェアのサイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知できるため、よりセキュアな仮想デスクトップ環境をご利用いただくことが可能です。

  • Cybereasonは別途ご契約が必要になります。

信頼性の高いネットワーク接続を実現します

デスクトップサービスはソフトバンクのデータセンター内に構築されたVDI※1環境が基盤となります。仮想デスクトップが構築されているデータセンターへは、ソフトバンクの閉域ネットワークサービスのバックボーンとのダイレクト接続により、高品質なビジネス環境をご提供いたします。
閉域ネットワークサービスはクラウドサービスと高い親和性を持つVPNサービス「SmartVPN」をお勧めいたします。クラウドサービスとのシームレス接続、モバイル端末からのリモートアクセス機能などを備えております。
 

高品質な保守・運用・監視

仮想デスクトップが構築されているデータセンターは、ISO20000(ITSMS)、ISO27001(ISMS)、ISO9001(QMS)を認証取得したデータセンターで、「ハードウェアを24時間365日保守・監視。高品質な運用」を実現しています。

サービスレベル 稼動 24時間365日稼動、プラットフォームの監視・保守※1※2
監視 24時間365日※3
冗長性 電源・ネットワーク二重化
サポート 通常お問い合わせ 平日 9:00-18:00
障害対応 24時間365日対応※4
標準納期 導入する環境により異なります。詳細はお問い合わせください。※5
対応OS Windows10、Windows8.1
最低利用期間 1ヵ月、5年※6
  • ※1計画停止の場合は2週間前に通知のうえ、対応いたします。
  • ※2ゲストOSの稼動を除きます。
  • ※3ゲストOSの監視はお客さまでご用意ください。
  • ※4問い合わせはお客さま管理者からのみの受付となります。
  • ※5サービスの利用にあたっては、仮想環境およびソフトバンクのネットワーク環境(閉域網)が必要となります。
  • ※6ご契約サービスにより異なります。

お客さま導入事例

株式会社伊藤園様

変化する商談スタイルに合わせ「デスクトップサービス」を導入、外出中の時間を有効活用し営業力強化を実現

ナブコドア株式会社様

スクトップサービスとSurface 3の導入で外出先での承認作業を可能にしワークフロー遅延を解消

住信SBIネット銀行株式会社様

幹部社員およびシステム担当者にタブレット端末を配布。仮想デスクトップ導入で切れ目のないワークフローを実現

関連資料

デスクトップサービス スタンダードのご紹介

デスクトップサービス スタンダードの内容を簡潔にまとめたブローシャーです。サービス料金も記載していますのでせひダウンロードください。

よくあるご質問

  • OSについて
    お客さまのインストール用メディア(DVDなど)をお預かりし、
    ソフトバンクにて1台目の仮想デスクトップ環境に導入いたします。
  • ソフトウェアについて
    お客さまの社内PCなどにインストール用メディアをセットし、 Windowsの「リモートデスクトップ接続」の機能を使用し、ネットワーク経由にてインストールできます。
  • リモートデスクトップ接続には、ローカルコンピュータに接続されているドライブをリモートコンピュータ上でマウントさせる機能が用意されています。この機能により通常のドライブと同じようにファイルの参照が可能になります。

利用できません。

サービス本格利用前に設定する事前検証期間にお客さまにて利用予定ソフトウェアの動作確認をお願いいたします。(仮想デスクトップ環境におけるソフトウェア・ライセンスについては、各ソフトウェアベンダへご確認が必要です。)

ソフトバンクにて1つの仮想デスクトップ環境にOSインストールを行います。(マスタ環境作成) マスタ環境の作成をもってサービス開通となります。その後、お客さまにてマスタ環境へソフトウェアのインストール、テンプレート作成、および契約台数分の仮想デスクトップ作成を行っていただきます。 テンプレート作成や仮想デスクトップ作成はお客さま管理者向けに提供されるポータル画面より操作いただきます。

Windows 8.1、Windows 10となります。

特殊なソフトウェア(外部デバイスを利用するなど)を除き、おおむね動作しますが事前の動作確認が必要です。

ソフトウェアベンダやソフトウェアによって、仮想デスクトップ環境で使用する際のライセンス体系が通常のPCとは異なる場合があります。
仮想デスクトップ環境におけるソフトウェアのライセンスについては、各ソフトウェアベンダへご確認が必要です。

お客さまへは仮想デスクトップ環境が稼動するサーバ単位で専有にて貸し出しいたします。

ソフトバンクにてハードウェアを復旧いたします。仮想デスクトップの作成はお客さまにて実施をお願いいたします。

お客さまの運用管理者がAdministratorなどの各PCを操作できる権限を与えられていれば可能です。

まずはお気軽にご相談ください

新規導入のご相談、サービス仕様についてご相談をお受けしています。