img-case-mizuhobank-KV-pc-20210913.png img-case-mizuhobank-KV-pc-20210913.png
株式会社みずほ銀行

法人向けモバイルネットワークサービス「Twinアクセス」を導入し、信頼性の高い通信環境とコスト削減を実現

課題
業務効率化

業界
金融

組織の規模
5,001人以上

導入サービス
Twinアクセス

日本三大メガバンクの株式会社みずほ銀行(以下、みずほ銀行)は、法人向けモバイルネットワークサービス「Twinアクセス」を店舗外ATM用の通信回線として採用。常に2本のモバイル回線を使って通信することで安定化を計る「Twinアクセス」の特長を生かし、これまでの無線通信にはない高い信頼性を実現するとともに、ATMの通信回線を無線化することで光回線と比較して導入コストを抑えることに成功しました。

課題


ATMに必要な通信回線の導入や運用にかかる手間やコストを抑える必要がありました。

効果


「Twinアクセス」は回線工事が不要で専用端末を置くだけで使用でき、光回線に比べてコストも抑えることができました。

課題


メタル回線に変わる通信をATMに導入するには、信頼性の高い通信環境が不可欠でした。

効果


2本のモバイル回線を常時接続した状態を保つ「Twinアクセス」を採用することで信頼性の高い通信環境をATMに導入できました。

事例の続きはPDFダウンロードにてお読みいただけます。

導入のポイントやお客さまの声など、続きはPDFでご覧ください

  • 掲載内容は2019年12月現在のものです。

導入事例のサービスに関するご相談はこちらからお問い合わせください