広帯域回線のオンデマンドプロビジョニングを実現

OnePort マルチクラウドアクセス

AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、Google Cloud、ホワイトクラウド ASPIREなどの複数のパブリッククラウドに対応した閉域接続サービスで、オンデマンドな帯域変更や接続先追加を可能にします。

OnePort マルチクラウドアクセスが選ばれる理由

マルチクラウドアクセスの特長

オンデマンド プロビジョニング

100Mbpsから最大10Gbpsまで、帯域に応じた即時開通、即時増速を実現。クラウド側のネットワークリソースも自動連携、自動作成。

マルチクラウドアクセスの特長

安心・安全・高品質

各クラウドサービスに対して閉域接続が可能。通信キャリアならではのセキュアかつ高品質なサービスをご提供。

マルチクラウドアクセスの特長

一元管理

クラウドネットワークにおける設定情報、各種ポリシー、トラフィック情報を専用の管理画面での一元管理が可能。

お客さまの環境に合わせた最適なネットワークを実現

クラウドサービスごとに回線やネットワーク機器を用意することなく、ひとつの物理ポートからへ簡単に各クラウドへ接続できます。

サービス概要

対応プラットフォーム

対応クラウドサービスは順次拡張予定です。

クラウドサービスの利用増加によるネットワークの課題と解決策

ユースケース1:マルチクラウド

Before


  • 複数のシステムでクラウド活用中
  • 短時間、短期間でのクラウド追加が頻発
  • 急なクラウド接続回線開通には日数がかかる
ユースケース1:before

After


  • クラウド追加に合わせて即時回線開通可能
  • 回線開通は管理コンソールから実施
  • 管理コンソールで契約/帯域情報管理可能
ユースケース1:after

ユースケース2:異なるクラウド間のデータ連携

Before


  • AWS/GCなどのクラウド間データ転送が発生
  • インターネット回線のため常時不安定
  • データ転送遅延も頻繁に発生
ユースケース2:before

After


  • 高品質で高速なデータ転送が可能
  • 転送状況に応じた回線増減速も可能
  • 増減速は管理コンソールで即時実行
ユースケース2:after

ユースケース3:オンプレミスからのクラウド移行に時間がかかる

Before


  • オンプレからクラウドへのデータ転送が発生
  • 狭帯域回線を手配し時間をかけて転送実施
  • データ転送完了まで数か月かかってしまう
ユースケース2:before

After


  • 一時的な広帯域回線で短期間で転送完了
  • 転送状況に応じた回線増減速も可能
  • 増減速は管理コンソールで即時
ユースケース2:after

資料でより詳しくご紹介

OnePortでつなぐ新たなクラウド閉域ネットワーク

クラウドを業務で利用する企業が増えていますが、クラウド活用で忘れがちになるのがネットワークです。クラウド活用と合わせてネットワークも見直しましょう。本資料では、クラウド時代に求められるネットワークのあり方と、それを実現する「OnePort マルチクラウドアクセス」についてユースケースを交えてご紹介します。

シンプルな料金プラン

(税抜)

区分 品目 帯域 月額料金
基本プラン 基本料金 110,000円
SNAT利用料※1 90,000円
DNAT利用料※1 24,000円
帯域利用料※2 100 Mbps 23,000円
200 Mbps 27,000円
300 Mbps 31,000円
400 Mbps 39,000円
500 Mbps 46,000円
1 Gbps 67,000円
2 Gbps 91,000円
3 Gbps※3 105,000円
4 Gbps※3 122,000円
5 Gbps※3 135,000円
10 Gbps※3 185,000円
オプション 閉域接続オプション※2 100 Mbps 個別見積
200 Mbps
300 Mbps
400 Mbps
500 Mbps
1 Gbps
10 Gbps
  • ※1AWS Public VIF、Microsoft Azure Microsoft Peeringの利用時に発生します。
  • ※2帯域確保型でのご提供となります。
  • ※3帯域が2Gbpsを超える場合は事前にソフトバンクまでご相談ください。

オンラインセミナー

かんたん帯域変更、かんたんマルチクラウド
デモで理解するこれからのセルフオンデマンド閉域接続サービス

本ウェビナーでは、パブリッククラウドとの主な接続方法やクラウド接続サービス選定時の3つの注意するポイントを解説し、そのポイントを解消できる最新の通信キャリア接続サービス「OnePort マルチクラウドアクセス」について構成例や特長をご説明しつつ、Microsoft Azure への接続デモ(ExpressRoute)もご紹介します。

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ

導入に関するお問い合わせ

サービス仕様や導入のご相談・見積りなどはこちらから

ご契約後のお問い合わせ

ご契約後のお問い合わせ

サービスの使い方などに関するご質問・ご相談はこちらから