ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

新しいモビリティー社会の実現へ。ソフトバンクとトヨタ自動車の共同記者会見 速報レポート

新しいモビリティー社会の実現へ。ソフトバンクとトヨタ自動車の共同記者会見 速報レポート

2018年10月4日(木)、ソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社が共同記者会見を開催。両社は新しいモビリティーサービスの構築に向けて戦略的提携に合意し、新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)株式会社」(以下「MONET」)の設立などについて発表しました。プレゼンテーションの概要や、トヨタ自動車の豊田社長とソフトバンクグループ代表の孫正義によるトークセッションの模様をご紹介します。

登壇者

トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 豊田 章男

トヨタ自動車株式会社 副社長 友山 茂樹

ソフトバンクグループ代表 孫 正義

ソフトバンク株式会社 代表取締役 副社長執行役員 兼 CTO 宮川 潤一

プレスリリース:ソフトバンクとトヨタ自動車、新しいモビリティサービスの構築に向けて戦略的提携に合意し、共同出資会社を設立

両社が「志」を共有、新会社MONET設立へ

若手主体のワーキンググループからプロジェクトが始まった

若手主体のワーキンググループからプロジェクトが始まった

最初に登壇した友山副社長は、トヨタ自動車がこれまで取り組んできた活動や、両社が戦略的提携に合意した経緯を説明。説明の中で戦略的提携のきっかけとなったのが、半年前ほどから進めていた両社の若手社員によるワーキンググループだったことが明かされました。

資料

次世代モビリティーを推進するプラットフォーム企業へ

次世代モビリティーを推進するプラットフォーム企業へ

新会社MONETの社長に就任するソフトバンクの宮川は、今後のサービス展開の構想を発表。自治体や交通事業者、他企業と連携して、交通弱者や買い物困難者の救済、次世代モビリティーによる地域活性化など、MONETが目指す社会の実現についてプレゼンテーションを行いました。

資料

ソフトバンクとトヨタ自動車が描くモビリティーの未来

トヨタとの相乗効果でモビリティーAI革命を牽引

トヨタとの相乗効果でモビリティーAI革命を牽引

ソフトバンクグループが、ソフトバンク・ビジョン・ファンドを通じた投資で特に注力している分野がモビリティーであると述べた孫正義。ソフトバンクが推進するAIモビリティー革命を推進するうえで「モビリティーのトップ企業であるトヨタと手を組めることにワクワクしている」と大きな期待をのぞかせながらも、「個人的には、今回の提携は第一弾と捉えている。第二弾、第三弾と進めていきたい」と述べました。

資料

時はきた。新しいモビリティー社会を実現するための提携

時はきた。新しいモビリティー社会を実現するための提携

100年に一度と言われる大変革の時代。トヨタ自動車は「車を作る会社」から、モビリティーに関わるあらゆるサービスを提供する「モビリティーカンパニー」に変わろうとしていることを強調した豊田社長。ソフトバンクの強みは先見性、トヨタ自動車の強みは現場の力であり、両社が力を合わせることでモビリティーの未来を作ることにつながっていく、と提携に対する期待を述べました。

日本を代表する経営者同士のトークセッションも開催

トヨタ自動車の豊田社長、ソフトバンクグループ代表の孫正義。記者会見では、日本を代表する2人の経営者によるトークセッションが実現しました。提携への思い、20年前に初めて出会った際のエピソード、創業社長と継承社長の違い、モビリティーの未来など、幅広いテーマで熱いトークが繰り広げられました。

(掲載日:2018年10月4日)
文:ソフトバンクニュース編集部