SNSボタン
記事分割(js記載用)

この難問、あなたは何問解ける? AKB48と東大生 砂川信哉さんが難読・創作漢字テストに挑戦!

この難問、あなたは何問解ける? AKB48が難読・漢字テストで、東大生 砂川信哉さんに挑戦!

突然ですが、皆さん 漢字は得意ですか?

テレビで活躍中の砂川信哉さんへの挑戦企画 第3弾。最初の挑戦企画、スマートスピーカーを使ったスマート対決ではなんとなく敗れ、次の編集部が練りに練ったIoT脱出ゲームでもかろうじて脱出されてしまいました。

そこで今回、テレビ番組で漢字の得意っぷりを発揮している砂川さんに、あえて漢字テストで挑戦してみようじゃないかと。というのも、先日、書道家クリエイターのもにゃゐずみさんに「5G」の創作漢字を創ってもらったところ、意外と東大生でも読めないんじゃないかと思ったわけです。(創作漢字の記事はこちら)さらに東大生でも頭を抱えてしまうような難読漢字をかき集めれば、今回は勝てるかも…!?

そこで早速、Twitterで砂川さんに挑戦状を送ってみました。

編集部の代理人、AKB48連合チームと砂川さんで対決!

そして、都内某日。

問題作成はソフトバンクニュース編集部が行っているので、公平を期すために代役を立てることに。そこでAKB48から、岡部麟さん、村山彩希さん、山内瑞葵さんの3名にご協力をいただくことにしました。

ただし!

東大生の砂川さん相手に1対1の対決は無謀…ということで、 AKB48 3名の合計点と砂川さん1名の点数で勝負を行うことに。

気になる対決の様子、まずは動画でご覧ください。編集部の想定以上の珍回答・好回答が飛び出しました。

(問題に挑戦したいぞ! という方は次のページを先にご覧ください)

動画:AKB48 vs 東大生 砂川信哉の難読・創作漢字テスト対決

AKB48連合チーム

「エリート東大生には負けないわよ〜〜〜」

岡部麟さん

岡部 麟(おかべ・りん)
女性アイドルグループAKB48のメンバーである。チーム8 茨城県代表、およびチームAのキャプテン。茨城県出身。いばらき大使。

「小学生のときから“麟”という難しい漢字を書いてきたので自信はあります♪」

村山彩希さん

村山 彩希(むらやま・ゆいり)
女性アイドルグループAKB48チーム4のメンバーである。同チームのキャプテンを務める。元子役。神奈川県出身。AKS所属。

「テストを受けるのは大好きですが、返却日は大っ嫌いでした(笑)」

山内瑞葵さん

山内 瑞葵(やまうち・みずき)
AKB48チーム4のメンバー。東京都出身。公式ニックネームは、「ずっきー」。

「現役高校生ですが勉強は苦手なので、今回の企画を聞いてびっくりドキドキです」

対戦相手:砂川信哉

砂川信哉さん

漢字が得意な東大生 砂川 信哉(すながわ・しんや)
ミスター東大コンテスト2017 ファイナリスト。サッカーや筋トレが趣味の文武両道な東大生。TBS系テレビ番組にも出演。

「漢字は日ごろから勉強しているので、3人がかりだろうと負けませんよ」

 

そして、フェアなジャッジで場を盛り上げてくれる司会はこの人。

 

「人妻がんばっちゃうわよ♥♥♥」

鈴木あきえさん

鈴木 あきえ(すずき・あきえ)
日本のタレント、女優、リポーター、司会者・MC、ラジオパーソナリティー。「王様のブランチ」のリポーターとして人気を博す。絶賛、子育て奮闘中の人妻♥。

 

「・・・・・」

AKBチームと砂川さんが挑戦した、全50問の難読・創作漢字テストにあなたも挑戦してみよう

AKBチームと砂川さんが挑戦した漢字テスト、どんな内容か気になりますよね? ぜひ皆さんも挑戦してみてください。制限時間は20分です。(解答は次のページへ)

問題用紙ダウンロード[PDF]

 

難読・創作漢字テストの解答(一部、動画ネタバレあり)

1問あたり2点で計算して、100点満点。動画のダイジェストやちょっとした余談もはさみつつ、答えを公開していきます。

01

サンマ

02

クラゲ

03

ヒトデ

04

イルカ

05

マンボウ

06

コアラ

07

ネコ

この漢字を創ったもにゃゐずみさんのコメント

08

ところてん

09

しめじ

10

グレープフルーツ

11

パン

12

チーズ

13

キウイ

14

おみおつけ

15

チョコレート

16

だし

17

あく

18

にがり

19

ほのぼの

20

うんぬん

21

こつこつ

22

ねばねば

23

ごうごう

24

けばけば

25

らいらい

26

いたわる

27

ひしめく

28

ためらう

29

あたかも

30

くすぐる

31

かよわい

32

かしましい

33

なぶる

34

ゆたんぽ

35

AKB48

この漢字は、創作漢字コンテストから生まれました。第10回「創作漢字コンテスト」の結果発表は12月下旬ころとなります。

36

チャップリン

37

ベートーベン

38

たつやまきほ

39

シンガポール

40

いばらき

41

バスケットボール(ろうきゅう)

日本人初のNBAドラフト1巡目指名の選手の登場で、今、バスケットボールへの関心が高まっています。さらに日本代表チームのワールドカップ出場など、その盛り上がりからは目が離せません。

バスケットボールをド迫力のVRで楽しむための方法

42

カタログ

43

ちみもうりょう

44

くしゃみ

45

ひかがみ

人妻の色気全開で「膕(ひかがみ)」の読み方を教えてくれました(膕が何を指すかは動画をご覧ください)

46

ガス

47

マッチ

48

アスファルト

49

QRコード

この漢字は、編集部が今回のために作成した創作漢字。QRコードの特長の一つである、左上・右上・左下の「ファインダパターン」(切り出しシンボル)と呼ばれる構成要素をヒントにしました。

QRコードの仕組みの解説記事

50

5G

高速大容量、低遅延、多接続といった特長を持つ5Gは、私たちの身近な楽しみの一つである音楽やスポーツなどのエンターテインメントと親和性が高く、楽しみ方をより進化させる技術として期待されています。

創作漢字「5G」を創ってくれた、もにゃゐずみさんの解説記事

SoftBank 5Gの特設サイト

 

過去の砂川さん挑戦企画

第1弾:VS「Google Home Mini」
スマートスピーカー「Google Home Mini」と砂川さんのスマート対決。

VS「Google Home Mini」の記事を読む

第2弾:VS「IoT×謎解きの脱出ゲーム」
ソフトバンク銀座の「IoTルーム」を脱出ゲームに改造して挑戦。

VS「IoT×謎解きの脱出ゲーム」の記事を読む

(おまけ動画)AKB48と砂川信哉さんが創作漢字に挑戦

難読・創作漢字テストを終えて、漢字の奥深さを感じた(!?)メンバーたち。続いて、3つのお題に対して創作漢字を創ってもらうことにしました。

3つのお題はこちら!

  • ソフトバンク
  • ウルトラギガモンスター+(プラス)
  • 今年1年を振り返ってみると…?

ウルトラギガモンスター+(プラス)とは

ソフトバンクが提供する料金プラン。データ通信量 上限50GBに加え、対象の動画/SNSサービスならデータ通信量を消費せずに利用できます

ウルトラギガモンスター+(プラス)をチェック

 

動画:AKB48と東大生 砂川信哉が創作漢字を創ってみた

AKBメンバー、砂川さんが創った“世界に一つだけの創作漢字”を12名さまにプレゼント

3つのお題に合わせてAKBメンバー、砂川さんの4名が考案した漢字。中には目を疑うようなものや二度と書けなさそうなものもあり、鈴木さんのツッコミも一段と冴えてます!

一体どんな漢字が完成したのか、ぜひ動画をご覧ください。

今回作成していただいた、世界に一つだけの創作漢字(直筆サイン入り)を抽選で12名の方に読者プレゼントします。応募は以下をご確認ください。

応募方法

  1. ソフトバンクニュース公式Twitterアカウント(@sbg_news)をフォローする
  2. これは秀逸だと思った方の投稿をリツイート(RT)して投票してください。投票した方の直筆サイン入り創作漢字を抽選で各3名ずつ、計12名さまに読者プレゼントします。

応募期間

2019年11月24日(日) 23時59分まで

注意事項

  • 当選されたお客さまには、応募されたTwitterアカウントへDM(ダイレクトメッセージ)で12月上旬頃にご連絡します。
  • @sbg_newsへのフォローが解除されている場合、当選後のDMの送信ができないため、当選無効とします。
  • 当選の通知は、ソフトバンク株式会社から業務を委託しているSBフレームワークス株式会社からお送りします。
  • 通知した期間内に返信がない場合は、当選権利を放棄したものとします。
  • 応募はお一人さま1回のみ有効となります。
  • 応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
  • 転売・譲渡目的での応募は固くお断りします。
  • プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください。
  • Twitterアカウントをお持ちでない方は、Twitterサイトにてアカウントを作成してください。
  • 当社が不正と判断した場合、本キャンペーンの対象外とします。
  • ソフトバンクグループの社員ならびに、その関係者の応募はできません。
  • 本キャンペーンはソフトバンク株式会社が主催しています。

(掲載日:2019年11月1日)
文:ソフトバンクニュース編集部