朝日信用金庫 様

スマートフォンとアプリが変えた、高セキュリティが求められる金庫業務の働き方

業種:金融

規模:1,001人~5,000人

導入サービス:スマートフォン

お問い合わせフォーム

東京都台東区に本店を置く朝日信用金庫では、金庫業務の効率化を図るために従来使用してきたフィーチャーフォンを廃止、スマートフォン「DIGNO G」に刷新しました。以前は金融機関に定められたルールにより店舗に数台ある PC しかインターネットに接続できませんでしたが、スマートフォンの採用で全ての営業職員が自由にインターネットを利用でき、さまざまな情報収集を効率的に行えるようになりました。さらに職員間のコミュニケ―ションツールとして「LINE WORKS」を活用することで、以前よりスムーズな連携を実現させています。その他、高いセキュリティを保ちながら画像転送ができるスマートフォンアプリ「KAITO セキュアカメラ」の導入で、端末のカメラ機能からセキュアに画像を庫内環境へ転送できるようになり、営業職員は顧客の本人確認書類や資産物件を撮影する際に活用し業務効率を向上させています。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    インターネット接続は庫内の専用PCに限られ、外出先などで調べものができず、電話や手書きメモ以外の連絡手段がありませんでした。

  2. 効果

    「DIGNO G」の採用でインターネットを自由に活用できるようになったことに加え、「LINE WORKS」の活用で伝達ミスが減少し、社員間のコミュニケ―ションがスムーズになりました。

  1. 課題.2

    本人確認書類などの記録は共有のデジタルカメラで撮影していたため、カメラ利用の予約などの手間も発生し非効率でした。

  2. 効果

    高セキュリティの画像転送アプリ「KAITO セキュアカメラ」の導入でスマートフォンからセキュアに画像を撮影および転送できるようになりました。

朝日信用金庫は、地域金融機関として顧客との信頼の絆を大切に地元の中小企業や地域の住民とともに発展してきました。特に新たな事業の立ち上げや創業期の企業に対する創業支援融資は全国でもトップクラスの実績を誇ります。そんな同庫では今年度から新たな3 カ年計画に「IT 活用を加速させ職員の業務効率化・生産性向上を図る」を掲げ、実現の第一フェーズとして営業職員を中心にスマートフォン「DIGNO G」を配布しました。金融機関ではインターネット接続を内部環境と物理的に切り離すことが定められているため、以前は庫内に数台あるインターネット接続専用のPC しかインターネットを利用できませんでした。今回のスマートフォン導入により、全営業職員が自由にインターネットを利用できるようになり、顧客訪問前の情報取得やマーケットの情報収集を効率よく行えるようになりました。
スマートフォンの導入と同時に職員間のコミュニケーションツールとして「LINE WORKS」と高セキュリティ画像転送アプリKAITO セキュアカメラも採用しました。以前は手書きメモでコミュニケーションを取っていたため手間もかかり伝達ミスもありましたが、「LINE WORKS」を活用することで手軽に連絡を取り合えるようになり、LINE の特長でもある「既読」の表示機能により相手への伝達状況が瞬時に分かり伝達ミスも減少しました。KAITO セキュアカメラは、従来デジタルカメラで撮影していた「本人確認書類」や「資産物件」など機密性の高いものを撮影する際に活用しています。撮影した画像は暗号化した状態で庫内環境へ転送でき、転送と同時に端末から画像が削除されるため、万一の端末紛失時にも情報漏洩が防げ安心して利用できています。
今後は申請業務の対応をスマートフォンからできるようにするなど、業務範囲の拡大を目指すほか、FMC環境の構築も検討し、さらなる業務効率化や生産性向上の実現を目指します。

お客さまの声

朝日信用金庫常務理事三澤 敏幸 氏

当金庫ではスマートフォンの導入に加え、「IBM Watson」による事務処理の自動化、店頭での伝票レス、印鑑レス、検証レスを目指したタブレット端末のシステムの稼働を開始させています。スマートフォンや今回導入したスマートフォンアプリはワークスタイル変革の基盤になるツールであると考えており、それらをベースに今後もさらなる業務効率化、生産性向上を目指します。「LINE WORKS」は役員含む全職員へ展開しているため、現場と役員間の距離が近くなったと感じています。

朝日信用金庫システム部統括役竹田 幸夫 氏

スマートフォンやクラウドソリューションの導入にあたりセキュリティ対策は慎重に検討を行いました。MDMで端末のセキュリティを高めるほか、暗証番号の機能を用いたサービスを使い何重にも対策しています。「LINE WORKS」やKAITO セキュアカメラはそれぞれ法人利用に特化したサービスであり、導入実績も多くあったため信頼できると判断しました。特にカメラ機能は端末にデータを残さないだけでなく、画像をダウンロードできる PC を限定する必要があると考えていました。KAITO セキュアカメラであれば、指定した PC でのみ画像ダウンロードを許可できるので、よりセキュアに活用できると考え採用を決めました。

朝日信用金庫システム部部長小林 正志 氏

スマートフォンの導入にあたり複数のキャリアから提案を受けていました。それぞれの提案内容や対応を比べた結果、常に期待以上の提案があり、実現に向けてスピード感をもって対応してくれたのがソフトバンクでした。第二フェーズとしてFMC環境の構築を考えていますので、今後もソフトバンクと共に業務改革に取り組んでいきます。

朝日信用金庫 本店営業係 主任小山 卓也 氏

本人確認書類などの撮影は店舗にあるデジタルカメラを活用していたため、使用する際は予約する必要があり、予約できないと写真を撮るためだけに再訪することもありました。庫内に戻った後も画像の取り込みなど手間がかかっていましたが、今はKAITO セキュアカメラで高セキュリティを保ちながら庫内環境へ転送でき、画像を要する資料作成の手間が軽減されました。その他にも、スマートフォンには日経電子版など営業活動に必要なアプリもインストールされているため有効活用しています。

  • KAITO セキュアカメラは株式会社ジェーエムエーシステムズの提供するサービスです。
    問い合わせ先:https://www.jmas.co.jp/contact/

導入企業情報

朝日信用金庫

社名:朝日信用金庫
本社:東京都台東区台東2-8-2
設立:1923年8月3日
URL:http://www.asahi-shinkin.co.jp
従業員数:1,395人(単独)(2017年03月期)

  • 掲載内容は2018年1月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

0800-222-3088
平日 9:00 - 18:00(年末年始を除く)

関連導入事例

    事例 朝日信用金庫様 スマートフォン

    朝日信用金庫様では、スマートフォンとアプリが変えた、高セキュリティが求められる金庫業務の働き方