ケイコン株式会社 様

ネットワークを「SmartVPN」に移行しトラフィック集中による遅延を解消、他基幹システムなどもソフトバンクに一本化しコスト削減も実現

業種:製造

規模:101人~500人

導入サービス:SmartVPN

お問い合わせフォーム

昭和10年創業以来、80年以上にわたるコンクリート製品の製造を通して日本のさまざまなインフラ整備に携わるケイコン株式会社(以下、ケイコン)。従来のシステム構成ではコストを重視したオンプレミス中心のネットワーク構成でしたが、導入したクラウド型グループウェアやWindows Updateによる回線負荷などにより遅延が発生していました。そこで、2016年に既存のネットワークを「SmartVPN」に切り替えアクセス回線や経路設計を適正化することで、ネットワーク遅延を解消しました。その後、本社ビル建て替え計画に伴いオンプレミスで運用していた基幹システムやクラウドサービスをソフトバンクに一本化し、ネットワーク遅延の解消と安定したシステム運用、さらにコスト削減を実現しました。

課題と導入の効果

  1. 課題.1

    従来の回線構成では、クラウド型グループウェアやWindows Updateを原因とするネットワーク遅延が発生していました。

  2. 効果

    「SmartVPN」の導入によりネットワーク品質向上や経路構成の見直しができ、遅延を解消できました。

  1. 課題.2

    本社ビル建て替え計画に伴い、オンプレミスの基幹システムを移設することが迫られていました。

  2. 効果

    「SmartVPN」からアクセスする「プライベートサーバ」に移設して本社トラフィックを分散でき安定稼働を実現しました。

京都に本社を置くケイコンは、全国に16拠点の営業所と4ヵ所の工場で事業を展開しています。各拠点を結ぶネットワークは、それほど多くのトラフィックが流れないことからWANをインターネットVPN、接続回線にNTT東日本およびNTT西日本が提供する「フレッツ」サービスを利用するコスト重視のサービスを利用していました。基幹システムは本社に設置し、インターネット接続はWebフィルタリングを利用したセキュリティ対策が必要なことから、すべてのトラフィックが一度本社を通る構成でした。その後クラウド型グループウェアを採用したことから、インターネット接続の負荷が増え始めました。
2015年ごろからはWindows Updateに起因するネットワーク遅延も発生し、円滑に業務ができない事態が起きていました。そこで同社は各拠点のアクセス回線帯域を見直すとともに、本社に集中していたトラフィックを軽減する目的で、本社を通らずともインターネットへ接続できる構成へ移行を決めました。複数のネットワークキャリアを検討した結果、アクセス回線の豊富さやモバイルバックアップ対応、クラウドサービスとの親和性といった観点から、ソフトバンクの閉域ネットワーク「SmartVPN」を選択しました。
本社および主要拠点のアクセス回線は輻輳の少ない高品質なベストエフォートタイプの「ファイバーコネクト」に増強したほか、「SmartVPN」のゲートウェイサービス「セキュアインターネットアクセス3」からインターネットに接続する構成に変更することで、本社に集中していたトラフィックを分散できました。こうした施策により、グループウェアもスムーズに稼働、Windows Updateが始まっても営業所や本社のネットワークに遅延は発生せず円滑な業務遂行が実現しました。
「SmartVPN」導入の効果はこれだけにとどまりません。2019年に予定されている本社ビル建て替え計画に伴い、オンプレミスで運用していた基幹システムをソフトバンクの「プライベートサーバ」に移設したことで、「SmartVPN」を通して直接「プライベートサーバ」へ向かうため、本社ネットワークの回線負荷が軽減されました。さらに、ハードウェア運用をデータセンターに委託できたことで情報システム部の管理業務も削減できました。他にも、クラウドサービスで運用していたサブシステムも「ホワイトクラウド ASPIRE」に切り替え、ネットワークを基盤としたさまざまなICTサービスをソフトバンクに統一し、全体のコストを抑えることに成功しています。

ケイコン株式会社 京都工場

ケイコン株式会社 京都工場

お客さまの声

ケイコン株式会社
管理本部 情報システム部 課長 金川 幸二 氏

ネットワークの切り替えでソフトバンクを採用した理由の1つはアクセス回線の豊富さです。当社の工場は市街地から離れた地域にありましたが、そんな地域でもソフトバンクの「ファイバーコネクト」は対応可能だったので「SmartVPN」を採用しました。コストを重視したフレッツ回線がモバイルバックアップに対応していたのも選択理由の1つです。また、従来利用していたWeb フィルタリングサービスに比べ、「SmartVPN」のゲートウェイサービス「セキュアインターネットアクセス3」のオプション「Web フィルタリング」はコストが抑えられており助かっています。今回のネットワーク切り替えでは、回線品質が向上したうえに全体コストは低下していますので、費用対効果の観点で大きな成果を生みました。

ケイコン株式会社
管理本部 情報システム部 主任 小川 雅功 氏

「SmartVPN」の導入以前はWindows Updateを開始したPCがネットワーク帯域を占有してしまい、他のPCがつながりにくくなる状況でした。その度に情報システム部へ問い合わせの電話がかかってくるのですが、有効な対応策がなくWindows Updateの完了を待ってもらうしかありませんでした。「SmartVPN」に切り替えてからはネットワーク遅延は発生しなくなり、助かっています。他にも、現在使用している他社製のWeb会議システムは映像や音声が途切れることが多く改善要望があったので、「SmartVPN」に付随する一部無料提供サービス「ビデオカンファレンス」をトライアルで利用したところ、既存サービスに比べ映像、音声ともに高品質であることが確認できました。今後は本格的な導入を検討しています。

導入企業情報

ケイコン株式会社

会社名:ケイコン株式会社
本社:京都府京都市伏見区淀本町225
設立:1947年12月27日
URL:http://www.kcon.co.jp/
従業員数:227名

  • パンフレット記載内容は、2018年1月現在のものです。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    事例 ケイコン株式会社 SmartVPN

    ケイコン株式会社 様では、ネットワークを「SmartVPN」に移行しトラフィック集中による遅延を解消、他基幹システムなどもソフトバンクに一本化しコスト削減も実現