クラウドサイン

クラウドアプリケーション

電子契約サービス市場累計登録社数No.1
電子契約利用企業の約80%が導入する、弁護士監修の電子契約サービス

クラウドサインは、契約締結から契約書管理まで可能なクラウド型の電子契約サービスです。契約交渉済の契約書をアップロードし、相手方が承認するだけで契約締結が可能です。書類の受信者はクラウドサインに登録する必要がありません。

  • 電子契約サービス主要12社において、有償・無償を含む発注者側ベースでの利用登録社数(株)矢野経済研究所調べ 2018年8月末現在

電子契約サービス クラウドサインTVCM
「さらば、ハンコ。」首都圏にて放映中!

クラウドサインは弁護士ドットコム株式会社が運営。日本の法律に特化した電子契約サービスです。

クラウドサインの特長

  • 法律の専門家監修の電子契約サービス

    弁護士監修で各種機能を開発。電子帳簿保存法にも準拠。さらに、認定された事業者により発行される電子的な時刻証明「認定タイムスタンプ」を採用しており、法的にも安心してご利用いただける電子契約サービスです。

  • 初めてのご利用でも簡単操作で安心

    初めての利用でも直感的に操作できるよう、徹底的にユーザ目線でUIを作り込んでいます。またAPIをご利用いただくことで、各種サービスやシステムとの連携が可能です。

  • 電子契約サービス市場 累計登録社数No.1※1

    企業の契約業務において、電子契約が普及しはじめています。
    国内でも43.1%※2と既に半数近い企業が電子契約を導入。
    中でもクラウドサインの導入企業は50,000社を超えており、電子契約サービス市場の約80%※1を占める国内シェアNo.1サービスです。

    • ※1電子契約サービス主要12社において、有償・無償を含む発注者側ベースでの利用登録社数(株)矢野経済研究所調べ 2018年8月末現在
    • ※2参考:JIPDEC電子契約普及率調査 2018年

「紙の契約書」が引き起こす業務の非効率化

  • 業務スピードの低下

    郵送には数時間〜数日かかり、相手先が出張の場合は未確認状態が続くことも。捺印依頼のために本社に郵送し、法務部では契約書をスキャンする手間が発生。「紙の契約書」の処理は何かと時間がかかり、業務スピード低下の一因となります。

  • 取引先満足の低下

    「今すぐに契約したいが始められない」「送られてくる書類が大量で、業務が圧迫される」
    「紙の請求書」のやり取りで、知らないうちに取引先満足が低下しているかもしれません。

  • 膨らむ間接コスト

    郵送や倉庫への保管、文書管理システムの導入など、「紙の契約書」にはさまざまな間接コストが発生します。

契約締結業務を電子化すると、業務スピードも安全性も向上

クラウドサイン導入メリット

  • 売上アップ

    • 営業業務が効率化され受注率がアップした。
    • 契約締結のための訪問が不要となり、新規開拓に充てる時間が増えた。
    • 当日中の契約締結、および契約書の回収が可能になった。
    • 月末、契約書回収業務に追われることがなくなった。
  • コスト削減

    • 本社へ押印書類を郵送する必要がなくなり、印紙代や郵送代の削減ができた。
    • 面倒な製本作業が不要になった。
    • 契約書保管のために借りていた倉庫が不要となり、賃貸費用を削減できた。
    • 封入や発送のための人件費を削減できた。
  • 管理工数削減

    • 契約書を一元管理できるようになった。
    • 売上の月ずれが起きなくなった。
    • 紙面の契約書の電子化のために、スキャンをする手間がなくなった。
    • 契約書の契約更新漏れ・解約通知漏れ防止のための管理をしやすくなった。
    • 法務部が全ての契約書を把握できるため、事業リスクの見える化をしやすくなった。

クラウドサイン契約締結の流れ

クラウドサインなら簡単3ステップで、面倒な契約作業を完了することが可能です。

  1. Step.1

    契約書をアップロード

  2. Step.2

    取引先に確認依頼メールが届く

  3. Step.3

    取引先による押印

料金プラン

(税抜)
  Standard Business
チームで使用したい 管理機能を強化したい
月額固定費用 10,000円 100,000円
書類送信件数ごとの費用 200円 200円
ユーザ数 無制限 無制限
書類送信件数 無制限 無制限
書類作成・送信
電子署名+タイムスタンプ
テンプレート作成・管理
チーム管理
Web API
アカウント登録制限 ×
IPアドレス制限 ×
承認権限設定 ×

クラウドサインのセキュリティ

「契約書」という重要なデータを扱うサービスであるため、セキュリティには万全を期しております。

暗号化通信

  • お客さまとクラウドサインとの通信は SSL/TLS で常に暗号化(256bit暗号化)。通信における盗聴や傍受、改ざんやなりすましのリスクに対応しております。

保存ファイルの暗号化

  • アップロードされたファイルは暗号化して保存されており(AES-GCMによる暗号化)、第三者によるデータの読み取りを防ぎます。

データ保存

  • 毎日自動でバックアップすることにより、クラウドサイン上の大切な電子契約書を流出や紛失から守ります。

クラウドのことならソフトバンクにご相談ください

  • どのクラウド製品が自社の規模、運用に最適なのかわからない。
  • 複数のクラウド製品を導入したい場合はどのようにすればいいか。
  • ネットワークなど導入のサポートはしてくれるの?
  • 現在導入しているものと合わせて問題ないかを知りたい。

クラウドサインに関するお問い合わせ

お問い合わせ

クラウドサイン導入に関するご相談、サービス仕様に関するお問い合わせはこちら