スマホ連動アルコールチェッカー「アルキラーPlus」 スマホ連動アルコールチェッカー「アルキラーPlus」
スマホ連動アルコールチェッカー「アルキラーPlus」

スマートフォン連動アルコールチェッカー「アルキラーPlus」

アルコール検知器をスマートフォンやタブレットとつなぎ、検知結果をクラウドに保存します。点呼の立ち合いや記録簿の作成が不要になり、運用を効率化できます。

お知らせ

2022年法改正 「白ナンバー」車も点呼・アルコール検知が義務化

営業車や移動車を会社保有している場合はご確認ください。
道路交通法施行規則改正の背景と必要な準備についてご紹介します。

クラウド管理で運用を効率化

検知結果は日時情報・位置情報・顔写真データと合わせてブラウザ上で表示

ドライバーの検知結果が日時情報・位置情報・顔写真データと合わせてクラウドに保存されます。

管理者はブラウザ画面でリアルタイムに確認することが可能です。基準数値を超えると管理者画面にはポップアップとアラート音で通知され、管理者にアラートメールが送信されます。これを受けてすぐに安全対策を講じることができます。

誰でも簡単に使える。写真付きでごまかしを防止。

機械操作に苦手意識がある方でも簡単にアルコールチェックがすみ、負担になりません。
位置情報や顔写真も合わせて記録されますので、なりすましやごまかし防止に役立ちます。

アルキラーPlusの使い方

手順1 検知器とスマホをケーブルで接続

接続する

検知器とスマホを接続します。

手順2 スマートフォンで顔を撮影しながら検知器に息を吹き込む

息を吹き込む

アプリに表示される枠内に顔を映しながら約7秒間検知器へ息を吹き込みます。

手順3 検知結果が表示され、クラウドへ送信

検知結果が表示

検知結果が表示され、データがクラウドへ自動送信されます。

日々の安全対策におすすめなアルキラーPlus
管理者の負担を軽減する3つの特長

充実した管理機能とサポートが、点呼業務を効率化します。

ドライバーの検知結果はクラウドに保存され、管理者はリアルタイムに把握できます

検知結果を一目で把握

ドライバーの検知結果はクラウドへ自動送信。管理者は検知した状況をリアルタイムで確認できます。アルコール反応があった場合は、アプリと管理画面上に通知します。

事業所でドライバーのアルコールチェックに立ち会う必要がなくなります

管理工数を削減

国土交通省の「ITを活用した遠隔地における点呼機器」として認定されているため、対面による目視の必要がなくなります。これまで各拠点ごとに補助人員を置いていた場合、その人件費を削減できます。記録簿をつけたり、回収・保管する作業も削減できます。

定期的な機器交換で検知器の精度を保つことができます

定期的な無償機器交換

センサーが劣化する前に機器交換(年に1回または2年に1回の定期的な無償メンテナンス)が受けられます。コストアップなく検知器の精度を保つことができ、法制度に対応します。

お客さまの用途に最適な機器をご提案します

アルコール検知器には携帯型と据置型があります。
点呼頻度や利用規模、ご用件に合わせて提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

アルコール検知器

低コストで導入できる携帯型の「アルキラーPlus」

モバイル版(半導体式)

  • 半導体ガスセンサーによる検知
  • 低コストで導入できる
  • コンパクトでスリム設計
  • 微量のアルコールも感知
  • 血糖値を下げる飲み薬を服用の場合、半導体式タイプで反応が出てしまう場合があります。
スピーディに測定できる携帯型の「アルキラーPlus」

モバイル版(電気化学式)

  • 電気化学式ガスセンサーによる検知
  • アルコール以外の成分による干渉が少ない
  • 2年に1回の交換でOK
  • 測定までの時間がスピーディ
  • 他の検知器と併用できません。
  • 電気化学式タイプは密閉性が高く、気圧や結露といった周囲環境の影響を受けにくい特性があります。高い耐久性や高精度の測定を必要とする、航空機や外航船での利用におすすめです。
高いコストパフォーマンス、事業所に置いて使用する「アルキラーPlus」

据置版(電気化学式)

  • 電気化学式ガスセンサーによる検知
  • モバイル版(半導体式)と同時利用可能
  • 年間10,000回まで検知可能

スマートフォンと合わせてご提案できます

ソフトバンクならスマートフォンと合わせて法人向け価格でお見積りいたします。
お手持ちのスマートフォンで使用いただくことも可能(iPhone・iPad・Androidに対応)です。

スマートフォン

  • 対応していない機種もありますので、詳しくはお問い合わせください。

ユースケース

「アルキラーPlus」は 多くの企業でご利用いただいています。

大型自動車、運送用車両

運送車

普通自動車、営業用車両

営業車

タクシー、移動用車両

タクシー

大型自動車、バス

バス

鉄道

鉄道

飛行機

飛行機

ヘリコプター

ヘリコプター

船舶、ボート

船舶

アルキラーPlusの料金モデル

検知器交換・センサー洗浄・検知器修理費用をまとめて月々定額でお支払いいただきます。
突然の出費をおさえ、低額で安心です。
※メーカー保証範囲内。紛失・破損・水没・回数超過は対象外。

高精度業務用アルコールチェッカー
「アルキラーPlus」は
月々定額でおトク

アルキラーPlusはずっと定額料金で安価 検知器交換・センサー洗浄・修理費用込みだから予算管理も機器交換もラク!

簡易版アルコールチェッカーを購入の場合
機器の入れ替えや修理費で出費が変動

簡易的なアルコールチェッカーを購入した場合、センサー寿命による機器購入が定期的に発生 検知器入れ替えでコストアップに
  • 初期導入費用が別途かかります。詳しくはお問い合わせください。

さらに詳しい資料をご用意しています

「いつ・どこで・だれが検査したか」を記録できる
業務用アルコール検知サービスのご紹介

持ち運びができ検知結果を自動保存する「アルキラーPlus」をご紹介します。すでにアルコール検知を行っている事業者にとっても、クラウド管理や定期的な機器交換の仕組みは業務の改善に役立ちます。

よくあるご質問

専用のPCを新たに用意したり、専用ソフトウェアをインストールする必要がありません。普段お使いのPCでブラウザ上の管理画面から確認できます。決まったPCだけでなくタブレットからも検知結果を確認できる利点があります。クラウド上に検知結果データが保存される仕組みですので、記録保管しておくためのハードディスク装置が不要になる点もメリットです。

モバイル版であれば運転者1人につき1台ご用意ください。管理アカウントは管理者1人つき1アカウント必要です。

(例)モバイル版を一人ずつ持たせる場合

モバイル版アルキラーPlusの必要数
運転者30名×1台/人=30台

管理アカウントの必要数(最小数)
管理者1名×1アカウント/人=1アカウント

※管理アカウントは導入後に増やすこともできます。

(例)据置版を事業所と倉庫に置く場合

据置版アルキラーPlusの必要数
2拠点×1台/拠点=2台

管理アカウントの必要数(最小数)
管理者1名×1アカウント/人=1アカウント

1日あたりの検知人数、検知回数によってセンサーの寿命が早まりメンテナンス費用が発生する場合があります。週休2日の企業で1日2回の検知を行う場合、据置版1台につき20人までが目安となります。

オンデマンドウェビナー(無料)のご案内

「アルキラーPlus」の導入検討に役立つ情報をお伝えします。

「アルキラーPlus」を30分で解説

アルコールチェック義務化に向けて、事業主や安全運転管理者は具体的にどのような準備をすべきなのか。アルキラーPlusの使い方や、手間をかけない運用のポイントを分かりやすくご紹介いたします。
検査や記録体制を構築する上で役立つ内容です。ぜひご視聴ください。

まずはお気軽にご相談ください

オンライン見積・お申し込み

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様についてはこちらからお問い合わせください。
 

LINE WORKS お問い合わせフォーム

契約後のお問い合わせ

契約台数の変更やご請求に関するご質問・ご相談はこちらからお問い合わせください。