工場向けセキュリティ対策ソリューション

OTセキュリティ Type N

Nozomi Networks Guardianの導入に加え、事前のコンサルティングや運用監視サービスなどOT(Operational Technology)セキュリティの強化をトータルでサポートします。

スマートファクトリーの実現にはセキュリティ対策が必要不可欠

AIやIoTなどを活用し生産性を向上を実現するスマートファクトリーが注目を集める一方で、サイバー攻撃の対象は従来のIT環境だけでなくOT環境へも拡大しています。

その中で、OTセキュリティの重要性が高まっているものの、独自のプロトコルの利用や生産ラインへの影響を回避するため、高い可用性が求められるなどOT環境独特の課題への対応も必要不可欠です。また、リスクの可視化やセキュリティ監視など高い専門性が求められるものの、自社内だけでは十分なノウハウやリソースがないケースも存在します。

OTセキュリティに求められるもの

OT環境を止めないためにも、サイバー攻撃対策が必要です。

セキュリティリスクの
可視化

セキュリティの可視化

高い可用性
誤検知リスクの回避

高い可用性

インシデント発生時の
迅速な対応

インシデント発生時の迅速な対応

OT環境のセキュリティと可視化を強化

OTセキュリティ Type Nは、OT環境のセキュリティ対策に必要な対策を導入から運用・監視までワンストップでサポートし、サイバーセキュリティ対策を工場の継続した稼働を維持しながら実現します。

導入コンサルティング

導入コンサルティング

セキュリティリスクを可視化し対策を検討

  • リスクアセスメント
  • ガイドライン作成
  • PoC
  • 導入設計
Nozomi Networks Guardian導入

OTセキュリティ機器導入

Nozomi Networks Guardianの導入・保守サポート

  • 通信・資産の可視化
  • 脅威検知
監視運用

運用監視

導入した機器のインシデント、監視・解析、お問合せをサポート

  • 24時間365日のセキュリティ監視
  • 統合管理ツールのご提供

Nozomi Networks Guardianの特長

工場内のあらゆる資産・通信の可視化、機械学習による脅威検知によりOT環境のセキュリティを強化します。

NOZOMI NETWORKSロゴ
  • 豊富なOTプロトコルに対応
  • OT環境内の情報を学習し、資産を可視化
  • リアルタイムに脅威を検知
  • スイッチにミラーポートを設定し、パッシブモニタリングを実施
  • 簡単な導入、機器故障などによる業務停止リスクを抑えることも可能
  • ソフトバンクがマネージドで提供するCMCから各拠点の管理が可能

セキュリティはサービス導入後の運用・監視が重要

日々進化するサイバー攻撃に備え、インシデントの監視・対処方法を検討しておく必要があります。OTセキュリティ Type Nは、OTセキュリティサービスの導入後の運用・監視により、お客さまの負担なく、早期対処にて被害の拡大を防止することができます。可視化による工場全体のオペレーションの分析やリスク管理を向上させ、スマートファクトリー化を推進します。

OT環境のセキュリティと可視化を強化

まずはお気軽にご相談ください

新規導入のご相談、サービス仕様についてご相談をお受けしています。