導入事例

京都府与謝野町 様

農業用IoTソリューション「e-kakashi」を稲作に活用、ベテラン農家の栽培技術を新規参入者へ効率的に継承
課題 IoT活用
業種 公共・教育
規模 101人~500人
導入サービス

課題と導入の効果

  • 課題

    ベテラン農家の高齢化により稲作のノウハウが途絶える不安がありました。

    効果

    「e-kakashi」で取得した栽培データをマニュアル化することで、新規就農者へ継承できる手段が確立されました。

  • 課題

    気候変動の影響で稲の成長過程が年々変化しており、ベテラン農家でも中干しや稲刈り時期の見極めが困難でした。

    効果

    「e-kakashi」のセンサーで取得した数値データを基に実施すべき農作業を適切に判断できるようになりました。

京都府北部に位置する与謝野町では、2016年より同町産コシヒカリ「京の豆っこ米」を栽培するベテラン農家2名のほ場に、ソフトバンクのグループ企業であるPSソリューションズが提供する「e-kakashi」を設置し、温湿度・日射量・土壌水分量などの環境データを取得しています。それらの積算値とベテラン農家が行う中干し(稲穂が出る前にほ場の水を抜いて土を乾かす作業)や稲刈りなどの実施タイミングを紐付けて栽培ノウハウのマニュアル化を実現しており、新規就農者がいち早く技術を身につけられる環境を整えています。また、気候変動により稲の成長過程が年々変化している中、ベテラン農家にとっても農作業実施時期の判断を科学的に裏付ける情報として活用されています。

導入自治体情報

京都府与謝野町  様
京都府与謝野町
所在地 京都府与謝郡与謝野町字岩滝1798番地1
市政施行 2006年3月
URL http://www.town-yosano.jp/wwwg/normal_top.jsp
従業員数 268名(2016年4月1日現在)
導入サービス

※記載内容は2018年5月現在のものです。

PDFダウンロード

導入のポイント、お客さまの声など、続きはPDFでご覧ください。

PDFダウンロード

ダウンロードにはメールアドレスの登録が必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ