日通商事株式会社

クラウド型ビデオ会議サービス「PrimeMeeting」を導入。拠点間会議の利用頻度が6倍に向上

課題
コミュニケーション活性化

業界
運輸・物流

組織の規模
1,001〜5,000人

導入サービス
PrimeMeeting

日本通運グループの商社機能として、物流を核とした事業展開を行う日通商事株式会社(以下、日通商事)。同社では従来のビデオ会議システムを「PrimeMeeting」へ刷新しました。「PrimeMeeting」への接続は既存で利用するソフトバンクの閉域VPNサービス「SmartVPN」を利用することで高い安全性と広帯域を実現し、円滑なコミュニケーションが取れるようになりました。「PrimeMeeting」導入後はビデオ会議システムの利用頻度が6倍に向上し、現在は拠点間会議だけでなく、研修や防災訓練にも活用され用途が拡大しています。

課題


既存のビデオ会議システムは回線の帯域不足などから映像・音声の品質が悪く、円滑なコミュニケーションが取れませんでした。

効果


既に導入していたソフトバンクのVPNサービスと親和性の高い「PrimeMeeting」を導入し品質が向上、会議も円滑で利用頻度が向上しました。

課題


「働き方改革プロジェクト」の立ち上げで拠点間会議の増加が予想され、より使いやすく、管理も煩雑ではないツールを求めていました。

効果


「PrimeMeeting」はURLをクリックするだけで会議へ参加できるほか、ゲスト接続が可能なことからID管理が不要で手間がなくなりました。

事例の続きはPDFダウンロードにてお読みいただけます。

導入のポイントやお客さまの声など、続きはPDFでご覧ください

  • 掲載内容は2018年8月現在のものです。

導入事例のサービスに関するご相談はこちらからお問い合わせください