SD-WAN

SDxネットワーク

SD-WANとは、Software Defined WAN の略で、ソフトウェア制御により動的にWAN(広域ネットワーク)を管理、運用するサービスです。
ソフトバンクのSD-WANは、ネットワークの構築を容易にし柔軟かつ迅速な設定変更を可能にします。クラウド上のアプリケーション利用の増大による回線のひっ迫もアプリケーションレベルでの可視化、制御を行うことで解消し、ネットワーク管理者が抱えるさまざまな課題を解決いたします。

企業ネットワークに対する課題

企業が利用する業務アプリケーションの多様化やクラウド化が進むことで、企業ネットワークに求められる要件が複雑化してきています。特に、クラウドサービスの中でもSaaSサービスの利用拡大にともなうトラフィックの増加や、ネットワーク上でやりとりされるコンテンツの大容量化にともなう重要度の低い通信による帯域の圧迫などさまざまな課題が出てきています。また、WAN環境が複雑化することで拠点増設時などのネットワーク変更に対する管理負荷も増加しています。そんなお客さまの課題を解決するのがソフトバンクの「SD-WAN」です。

クラウド時代の救世主。SD-WANの魅力とは

SD-WANの国内市場規模は2021年まで年間平均159%で成長すると予測されています。近年のビジネス環境の変化に対しSD-WANに注目が集まっている背景や市場のトレンドをご紹介。ぜひご確認ください。

SD-WANでお客さまのネットワーク課題を解決

SD-WAN イメージ図
  • インターネットブレイクアウト

    特定のアプリケーションのトラフィックを直接インターネットに抜けさせることで、トラフィック増による通信のひっ迫を解消します。
  • マルチパス

    アプリケーション単位での通信を可視化し、重要度によって最適な回線を選択することで重要な通信に対する帯域を確保します。
  • SD-WAN専用ポータルによる一元管理

    アプリケーション単位のトラフィック監視や、ルーティング設定、ステータス確認などは、遠隔からSD-WAN専用ポータルで一元管理可能です。そのため、設定・変更の作業コストや時間を削減することができます。

選べる2つのタイプ

ソフトバンクのSD-WANではお客さまの必要機能に応じて2つのタイプから選択できます。

  SD-WAN Type H SD-WAN Type F
提供機器
ファーウェイ製 ARシリーズ
フォーティネット製 FortiGateシリーズ
特長
  • インターネットと閉域、オーバーレイとアンダーレイで柔軟にネットワークを設計
  • アプリケーションごとのマルチパス選択としきい値設定による自動パス選択機能
  • 充実したUTM機能をSD-WANルータに集約
  • アプリケーションレベルでのファイアウォール機能

詳細

SD-WAN Type H

オーバーレイに対応したSD-WANサービスを安価にご提供いたします。また、SD-WAN Type H専用の管理ポータルをご提供いたします。

SD-WAN Type H

特長

ネットワークパスごとのアプリケーション選択が可能です。また、しきい値を超えた場合は自動的にパスを切り替えることも可能です。

活用例

用途に応じて敷設している既存ネットワークを統合したい。

  • 課題

    基幹系と情報系など別々のネットワークをコスト削減を目的に統合させたい

    SD-WANで実現!

    SD-WANポータルでオーバーレイネットワークを構築する事が出来るため、容易にネットワークの統合が可能

SD-WAN Type F

高セキュリティかつアプリケーション単位の最適化を実現するSD-WANサービスをご提供いたします。また、SD-WAN Type F専用の管理ポータルをご提供いたします。

特長

複数のセキュリティ機能をSD-WANルータに集約しているためインターネットブレイクアウトでインターネットに直接接続する場合でもセキュアに利用できます。

SD-WAN Type Fのルータが持つセキュリティ機能

  • ※12018年10月以降に対応予定

活用例

セキュアな環境で特定のアプリケーションをインターネットブレイクアウトしたい。

  • 目的

    インターネットと直接接続するためセキュリティも加味した特定のアプリケーションのインターネットブレイクアウトを実現したい。

    SD-WANで実現!

    SD-WANルータ内に複数のセキュリティ機能を集約することで、高いセキュリティを確保したインターネットブレイクアウトを実現

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ