ゼロトラストを実現するクラウド型Webプロキシ

Zscaler™インターネットアクセス

複数のオンプレミス製品で実現していたWebセキュリティ対策を、単一の統合プラットフォームで提供し、ゼロトラストセキュリティを実現いたします。

クラウド型セキュリティでゼロトラストを実現

Zscaler™インターネットアクセスは、複数のオンプレミス製品で実現していたWebプロキシや、URLフィルタ、アンチウイルス、サンドボックスなどのWebセキュリティ対策を、単一の統合プラットフォームで提供するサービスです。
脅威の侵入経路になりやすいWebトラフィックに対し、同一のセキュリティポリシーを国内でのデバイス利用のみならず、グローバル規模で適用することが可能になります。また、万全なサポート体制の提供に加え、ソフトバンクの各種クラウドサービスやネットワークサービスと容易に連携できるため、複数のコンポーネントの組み合わせが求められるゼロトラストセキュリティを実現させることが可能です。

Zscaler™経由でインターネットへアクセスするメリット

img-zia-210928.jpg

ゼロトラストの要、セキュアWebゲートウェイ

社内、社外の場所を問わず、そしてPC、モバイル、すべての接続を疑い確認することで、ゼロトラストセキュリティを実現します。企業リソースへアクセスをセキュアにするZscaler™プライベートアクセスとも併用可能です。

Zscaler™プライベートアクセスを詳しくみる

ローカルブレイクアウトによる通信負荷の低減

拠点からのローカルブレイクアウト通信に対するセキュリティを強化。SaaS向けトラフィックを直接Zscaler™インターネットアクセスに流すことで、通信負荷を軽減しつつ、利用状況の把握やログの取得が可能です。

豊富なセキュリティ機能

アンチウイルスやURLフィルタリング、サンドボックス、高度な脅威保護などによりセキュアなインターネット利用を実現いたします。また、シングルサインオンサービスと連携し、Zscaler™インターネットアクセスを利用するユーザの認証や、お客さまADとの情報連携を実現いたします。

マネージドセキュリティサービスとの連携

インターネット向けトラフィック情報のセキュリティ監視を実施することで、インシデントの検出やログ分析をご提供いたします。

マネージドセキュリティサービスを詳しくみる

グローバル規模での安定したネットワーク接続基盤

設備を設置しているデータセンターは世界中100を超えるロケーションに展開されており、障害に強い安定したサービスを提供いたします。

img-zia-map-210928.png

Zscaler Digital Experience (ZDX)

端末からクラウドアプリケーションまでエンドツーエンドでの通信状況(デジタル体験)を可視化し、
Zscaler™インターネットアクセスを補完いたします。

セミナーページサムネイル_2021年7月分

オンデマンドウェビナー
SASE導入に向けた検討ステップと課題別構成例

時間と場所にとらわれない働き方を実現するための手段として注目されている「SASE」の導入のメリットや検討のステップ、「Zscaler」や「Prisma Access」を例にしたパターン別の構成例についてご説明いたします。

お客さま導入事例

UCCグループ

複数のセキュリティサービスを導⼊し、インターネットセキュリティとリモートアクセス環境、そしてエンドポイントセキュリティを刷新しゼロトラストセキュリティを実現。VPN接続なしでクラウドサービスや社内システムへのアクセスが可能に

関連資料

SASE導入に必要な4つのポイント

セキュリティ界隈で話題となっているSASE(Secure Access Service Edge)についてご存知でしょうか?本資料では、SASEの概要、導入時に必要な4つのポイントについて簡潔に解説します。お客さま導入事例も併せてご紹介します。

【ユースケース付き】脅威から企業を守るゼロトラスト

情報処理推進機構(IPA)が2021年1⽉に発表した「情報セキュリティ10⼤脅威 2021」の「組織」向け脅威上位3つについて解説するとともに、次世代セキュリティとして注目されるゼロトラストモデルのユースケースをご紹介します。

Q&Aで読み解くゼロトラスト

クラウド化やリモートワーク推進で生じた新たなセキュリティ課題にゼロトラストはどのように役立つのか?ゼロトラスト について詳しくご紹介いたします。

関連コラム

ゼロトラストとは?2021年に学ぶべき次世代セキュリティモデル

全てのトラフィックを信用できないものであることを前提としたゼロトラストセキュリティ。ゼロトラストの概念について分かりやすく解説いたします。                                 

今こそ見直すコロナ禍のセキュリティ~ニューノーマル時代へ備えるために~

テレワークを推進する上でクラウド活用は避けて通れない。セキュリティ上の課題とその解決策について具体的に解説します。

よくあるご質問

 Zscaler™インターネットアクセスの最低利用ID数は500IDとさせていただいております。

 

Zscaler™インターネットアクセスとZscaler™プライベートアクセスはユーザライセンスのサービスとなりますので、デバイス単位での契約は行っておりません。
1デバイスを複数人が使うような場合であっても、実際にZscalerをご利用されるユーザ数分のライセン契約が必要となります。
なお、1ユーザライセンスにつき3デバイスまでご利用可能です。

平日9時-18時もしくは24時間365日の受付対応が可能なサポートメニューをご提供しております。
サービス契約時にご希望されるメニューをご選択ください。

 

まずはお気軽にご相談ください

新規導入のご相談、サービス仕様についてご相談をお受けしています。