Microsoft Azure のよくあるご質問

申し込み方法、ライセンス、料金などMicrosoft Azureについてよくあるご質問をご紹介します。

Azureアカウントについて

 

Azureを利用する際には、事前にソフトバンクの営業担当者にお申し込み書をご提出いただく必要があります。

 

 

 

Azureの共同管理者アカウントを利用すれば、Azureのサブスクリプションを複数人で管理することができます。

いいえ、できません。1つのAzureアカウントには1つのメールアドレスしか登録できません。
ただし、代替のメールアドレスを設定することは可能です。

Azureには以下のセキュリティの強みがあり、エンタープライズのお客さまでも安心してご利用いただけます。

  1. 国際的な基準のセキュリティ認定
  2. ハードウェアとオペレーションの管理を分ける体制
  3. 国内2ヵ所のデータセンターの利用
  4. プライベート接続が可能なExpress Route

Azureのデータセンターは、世界50リージョンに設置されています。日本には、東日本(東京、埼玉)リージョンと西日本(大阪)リージョンがあります。

Azureは日本の法律を準拠法とし、管轄裁判所は東京地裁裁判所となっているため、エンタープライズのお客さまにも安心してご利用いただけます。一方、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の場合、準拠法はアメリカ合衆国ワシントン州法、裁判地はアメリカ合衆国ワシントン州キング郡に所在する州裁判所または連邦裁判所となります。※1

Azureでは、仮想マシン、ストレージなどのIaaSから、WebアプリなどのPaaSまで多岐に渡るサービスを組み合わせて利用でき、お客さまのニーズに合わせた構築・運用が可能です。特長としては、データ分析などのPaaS機能やIoTサービスが充実している点が挙げられます。

主に以下のカテゴリーの機能が用意されています。

  • コンピューティング
  • Webとモバイル
  • データとストレージ
  • 分析とIoT
  • ネットワーク
  • メディアとCDN
  • ハイブリッド統合
  • セキュリティと管理
  • 開発者向けサービス

ライセンスについて

Azureには、以下3つのライセンスプログラムがあります

  • Openライセンス
  • CSP(Cloud Solution Provider プログラム)
  • EA(Enterprise Agreement)

Azure CSP(Cloud Solution Provider プログラム)ライセンスとは、初期費用無料で完全従量課金のライセンスプログラムです。完全従量課金のライセンスなので、利用した分だけで少額からAzureを利用することが可能です。

料金・お支払い方法・通貨について

これから使用する予定のサービスにかかる月額料金の目安は、「料金計算ツール」を使って確認できます。サービスやインスタンスの種類、内容、数量などをメニューから選択していくだけで、どのくらいのコストがかかるのか、見積り金額の計算が可能です。

Azureは日本円での支払いが可能です。

(24通貨から選択可能)料金設定も日本円で行われていますので、基本的に為替の影響は受けません。
一方のAWSの場合、米ドルでの設定のため為替の影響を受けます。(パートナー経由の場合は日本円決済も可能)※1

当社が販売する Azure CSPのライセンスプログラムは、請求書支払いとなります。

トライアルについて

Microsoftより、20,500円分のAzureの全サービスを利用できる、1ヵ月間の無料試用版が提供されています。

まずはお気軽にご相談ください

新規導入のご相談、サービス仕様についてご相談をお受けしています。