Windows Server 2012/2012 R2延長サポート終了。システム移行準備は進んでいますか?

マイクロソフトによるWindows Server 2012/2012 R2の延長サポートが2023年10月に終了します。サポート終了後はセキュリティリスクが非常に高くなるため、サポート終了までに新しいシステムへの移行が必要です。

キャンペーンのお知らせ

Microsoft AzureのPoC(最大60万円相当)が無償になる
令和のサーバ移行支援キャンペーン実施中

Windows Server 2012/2012 R2延長サポート終了期限が迫っています

サポート終了期限

Windows Server 2012/2012 R2サポートが2023年10月10日に終了します。株式会社MM総研「国内Windows Server 2012稼働台数調査」(2021年7月)の調べでは、2022年6月時点では、まだ30万台以上がアップデート前と予測されています。
サポート終了後は、定期的なセキュリティ更新プログラムが提供されずセキュリティリスクが高くなります。また、サポート終了直前だと依頼が殺到し対応が遅れる可能性があるため、十分な余裕を持って新しいシステムへ移行を進めましょう。

Windows Server 2012/2012 R2 サポートスケジュール

Windows Server 2012/2012 R2 は2023年10月にサポートが終了します。
これらのOSをお使いの場合は、サポートが終了する前に最新OSへ移行する必要があります。

サポートスケジュール

Windows Server 2012/2012 R2サポート終了製品を使い続けるリスク

老朽化やセキュリティ問題でシステムが停止し、自社のビジネスに大きな危険をもたらす可能性があります。
サポート終了期限までに移行スケジュールをご検討ください。

セキュリティリスク

セキュリティリスク

マイクロソフトによる延長サポートが終了することにより、セキュリティパッチや更新プログラムが提供されなくなるため、サーバの脆弱性を狙ったサイバー攻撃の標的となるリスクが高くなり、社内システムへの不正侵入、情報漏えいなどのリスクも高まります。

サポート終了によるリスク

サポート終了によるリスク

継続利用される場合、問題発生時にマイクロソフトのサポートが受けられないため、自分たちで解決しなければならず、ビジネスが止まるリスクが高くなります。

ハードウェアの老朽化

ハードウェアの老朽化

Windows Server 2012がリリースされてから5年以上経過しているため、ハードウェア自体の老朽化が進んでいる可能性もあります。老朽化による故障率が増加や、交換部品の枯渇で修理対応が困難になり多くの手間・時間を費やすことになります。

Windows Serverを移行するなら Microsoft Azure が最適

Windows Server 2012/2012 R2に代わりに最適なのがMicrosoft Azureです。
サポート終了となるサーバをそのままAzure基盤に移行することができるため、最小限の手間とリスクで対応することができます。

Windows Server 2012 延命

Windows Server 2012 延命

Azure移行の場合のみ拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)を最大3年間、無償提供します。システム移行を余裕を持って、安全に移行作業を進めることができます。

クラウドリフトで楽に移行

クラウドリフトで楽に移行

アップデート不要で、Azure移行することができます。利用中のアプリの整合性を考慮することなくクラウドリフトを行えるため、工数を削減し短期間でのEOS対応が可能となります。

アップデート自動化

ハードウェアリプレイス不要

オンプレミスで必要だったハードウェアのリプレイスが不要なため、管理負荷を軽減することができます。また、リソースのスケールも可能なため、ミニマム構成で構築することができ、コスト最適化も可能です。

ソフトバンクなら最長3年間の延長サポート期間中に
段階的にクラウドネイティブな環境へ移行をサポート

Microsoft Azure上に移行する場合、最大3年間無償のESUが提供されます。
3年間の延長サポート期間中に段階的にAzure環境を整備し、クラウドネイティブなIT環境を構築しましょう。
ソフトバンクは、現行システムの移行からインフラ基盤の設計構築、導入後の運用保守までを、
Microsoft Azure の経験豊富なクラウドエンジニアがワンストップでサポートします。

3年間の無償拡張セキュリティ更新プログラムでクラウド化へ
令和のサーバ移行支援キャンペーン

Microsoft 拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)にも対応した
令和のサーバ移行支援キャンペーン

オンプレミスからMicrosoft Azureへのサーバ移行におけるPoC (最大60万円相当) が今なら無償で利用いただけます。
さらに、クラウド移行のための現状分析とコスト試算をレポートするアセスメントも今なら最大無償になるチャンス!
詳しくはチラシをダウンロードください.。

キャンペーン期間:2022年12月31日(金)まで

Windows Server 2012/2012 R2の移行にお役立てください

短期間でクラウド移行するためには

サポート終了はシステムを見直す良い機会でもあり、今後の拡張性や柔軟性も考えてクラウドへ移行することが最適です。
移行設計・構築・運用までをトータルサポートし、スムーズなクラウド移行を実現する方法ついてご紹介します。

Microsoft Azureへの移行ポイント

オンプレミス環境のシステムを Microsoft Azure へ移行するためのポイントや移行後の運用・管理方法についてユースケースを元にお伝えします。

所用時間:約60分

お客さま導入事例

条件に該当するページがございません

まずはお気軽にご相談ください

Windows Server 2012/2012 R2の移行のご相談はこちらからお問い合わせください。

関連記事

Microsoft Azure を知り尽くしたソフトバンクが日本の次世代クラウドビジネスを牽引する

Microsoft Azure を知り尽くしたソフトバンクが日本の次世代クラウドビジネスを牽引する

AzureのWAFポリシーとアプリケーション ゲートウェイについてまとめてみた

AzureのWAFポリシーとアプリケーション ゲートウェイについてまとめてみた

Azure Container Instances を触ってみた

Azure Container Instances を触ってみた