AI映像解析プラットフォーム「STAION」を活用した「リテール向けAI解析サービス Powered by STAION」を提供開始

2022年5月26日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、カメラ映像をAI(人工知能)で解析し多様な用途で利用できるソフトバンクのAI映像解析プラットフォーム「STAION(スタイオン)」を活用したサービスの第一弾として、「リテール向けAI解析サービス Powered by STAION」を開発し、2022年5月26日から提供を開始します。サービス開始当初は、小売業界で活用できる、来店者の「人数カウント/属性分析」、売り場での「滞在時間計測」、デジタルサイネージの「視聴時間計測」の三つの機能を提供します。これらにより、お客さまはカメラ映像を活用して、データに基づいたマーケティング施策の検討や効果検証を行うことが可能になります。ソフトバンクは、「リテール向けAI解析サービス Powered by STAION」の提供を通して、お客さまの課題解決を支援するとともに、小売業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に貢献することを目指します。

「リテール向けAI解析サービス Powered by STAION」は、AI映像解析機器、映像解析プラットフォーム、WEBアプリ(可視化ツール)で構成されています。ネットワークカメラ※にAI映像解析機器を接続することで、現場に設置したAI映像解析機器で映像データを解析できるため、映像データをクラウドに上げることなくセキュアに解析することができます。今後は、「リピート分析」や「商品棚分析」など小売業界でニーズの高い機能を順次追加する予定です。

<「リテール向けAI解析サービス Powered by STAION」のイメージ図>

  • 「リテール向けAI解析サービス Powered by STAION」のイメージ図
  • 「リテール向けAI解析サービス Powered by STAION」が接続できるのは、ネットワークカメラのインターフェースの標準化フォーラムであるONVIF(Open Network Video Interface Forum)が定める規格に準拠したカメラに限ります。

<WEBアプリ(可視化ツール)の特長>

  • ウェブアプリ(可視化ツール)の特長

AI映像解析機器「STH01」について

ソフトバンクが開発したAI映像解析機器の第一弾として、「STH01」を2022年5月26日に発売します。より多くのお客さまにAI映像解析サービスを活用いただき、新たなサービスやマーケットの拡充を実現できるよう、低価格で提供します。

<「STH01」のイメージ図>

  • 「STH01」のイメージ図

主な仕様

項目 仕様
Chipset Qualcomm® QCS610
OS Linux カーネル 4.14
内蔵メモリー RAM 6GB
ROM 64GB(拡張:SDカード)
通信方式 イーサネット 1x ギガビットイーサネット(10/100/M/1,000M)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、1x1 MIMO
LTE LTE バンド: FDD B1,3/B8(Nano SIM カードスロット)
電源 AC 100V~240V, 50/60Hz
寸法(本体のみ) 168.91mm × 100mm × 52.09mm
重量(本体のみ) 1,100g

法人のお客さまからの問い合わせ先

https://tm.softbank.jp/form/ai/staion/index.php

以上