水利用の課題を解決

創造的で持続可能な水インフラ

SDGsの目標に掲げられている水問題。水に関する自由の実現と環境への責任を両立し、より創造的で持続可能な暮らしを実現します。

日本でも直面している深刻な水の課題

水道インフラの老朽化に伴う維持コスト増大、過疎地域の収入減少や災害への脆弱性など、
持続困難なインフラとなりつつあります。
また、感染症対策として、手洗いや衛生環境の維持の大切さも見直されています。

Transparent bar graphs with water.

水道配管の老朽化・
進まない耐震化

Drips faucet and dry environment in the background

水資源の枯渇
(地域格差/季節特性)

Hand flipping wooden block cubes for new normal wording. The world is changing to balance it into new normal include business , economy , environment and health.

感染症対策の
重要度の高まり

人にも地球にもやさしい、循環する手洗いスタンド

「手洗いを、いつでもどこでも」使った水をその場で浄化し繰り返し利用する、
人にも、地球にもやさしい、循環する手洗いスタンドです。

ポータブル手洗いスタンド
WOSH

使用した水の98%以上を、その場で循環。
水道のない場所にも、らくらく設置できる。
それが、手洗いスタンド「WOSH」です。

軟水によるやさしい肌触り、スマートフォン除菌機能付き。
安心を、もっと心地よく。今までにない手洗い体験を提供します。

災害時にも利用可能な水インフラを整える

有事の際、避難所での健康被害を防ぐには、衛生管理のための水の確保が重要です。
シャワーを浴びる際、1人当たり平均50Lものきれいな水と排水環境が必要と言われています。
水道がない場所や断水時にも対応可能な水の供給手段を用意しておくことが大切です。

ポータブル水再生プラント
WOTA BOX

WOTA BOXは、水道のないところでの水利用を実現する、持ち運べるほど小さな新しい水インフラ。
屋外シャワーキットに接続すれば、シャワー提供に必要なものすべてが15分で設営でき、簡単に使用できます。

オンデマンドウェビナー

 医師が語る手洗いの重要性と公衆衛生マネジメント

実践する自治体トップマネジメント
~2022年の災害予測とテクノロジーによる対策~

各自治体において予算編成作業が本格化するなか、改めて2022年の災害危機について大胆に予測し、同時にトップマネジメントの視点から防災・BCPに関する「再点検ポイント」を実務的にご紹介します。

関連記事

怖がりすぎず、できることをきちんとやる。専門家が伝えたい、外出時のウイルス感染対策

AI、IoTを活用した再生技術で、持続可能な“水”インフラを社会に広げていく|SoftBank SDGs Actions #4

持続可能なまちづくりを目指す自治体をサポート。「SDGsデジタル社会推進機構」事務局長インタビュー

データ活用で日本をDX先進国へ − ソフトバンク法人事業説明会レポート

ソフトバンクのDXによる新規事業
「DX with SoftBank」 

DX(Digital Transformation ・デジタルトランスフォーメーション)とは、IT技術を導入、活用することで、人々の生活をよりよいものへと変革することです。
ITを駆使してさまざまな業界における社会課題やビジネス課題を解決へ導くことで、働く人々の問題も、人々の生活も、よりよい方向へ社会が進むよう、ソフトバンクではさまざまなDX事業を推進しています。

Print

ソフトバンクのSDGsへの取り組み

ソフトバンクは、すべてのモノ・情報・心がつながる持続可能な社会の実現に向け、企業活動や事業を通じて、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいきます。

まずはお気軽にご相談ください