機種変更時の切り替え手順

お手元に新しいスマートフォン端末が届きましたら、以下の手順で切り替えをお願いいたします。 旧端末と新端末とでUSIMカードの仕様が異なる場合は、新しいUSIMカードをご利用いただきます。

  • 窓口によりお手続き内容が変わる場合があります。

機種変更時の切り替え手順、利用開始の手続き

 

USIMカード交換が必要

  • 専用ダイヤルで切り替える場合
  • 新しい端末にUSIMカードが同梱されています

USIMカード交換が不要

  • 新しい端末にUSIMカードは同梱されません
手順①
回線切替をご希望の【携帯電話番号】、SoftBankご契約時にお決めいただいた4桁の【暗証番号】をお手元にご用意ください。 電源を切った状態で、機種変更前の端末からUSIMカードを抜いて、新しい端末に差してください。
手順②

切替専用ダイヤルへおかけください。

  • 切替専用ダイヤルは担当窓口よりご案内します。
手順③

お届けしました携帯電話に新しいSIMカードを挿入し、電源をお切りください。現在ご利用中の携帯電話は電源をいれたまま、通信可能な状態でお待ちください。

手順④

切替を実施後、10~15分後に現在ご利用中の携帯電話が利用できなくなります。

  • システムから信号を送りします。混雑してしまう可能性があります。
  • 20分以上待たれてもアンテナが表示されている場合、ご利用中の携帯電話の電源を入れなおしてください。
手順⑤

ご利用中の携帯電話のアンテナ表示がなくなったことが確認できたら、ご利用中の携帯電話の電源をお切りいただいた後、新しい携帯電話の電源を入れてください。

  • 新しい携帯電話に【書き込み中】の表示が出ている場合は、電源を切らないでください。
旧端末の初期化について

新しい端末に、電話帳データやアプリなどのデータ移行がすべて完了しましたら、情報漏洩防止の観点から、端末の初期化を推奨いたします

レンタル端末の返却

返却キットを送付させて頂きますので、到着後8週間以内に返却をお願いします。

  • 端末レンタルサービス以外の方法でご購入されたお客さまは返却の必要はございません。
  • 切り替え後には各アプリのデータ移行や再設定が必要です。データバックアップ(保存)をしていないと復元できなくなるアプリがございますので、あらかじめ各アプリのデータバックアップ(保存)手順に従って移行準備をお願いします。手順については、各アプリのホームページなどでご確認ください。

 

機種変更時のデータ移行方法

機種変更の際は、電話帳データなどのバックアップ(保存)と、データ移行が必要です。電話帳データの移行方法について、主な機種を例にご案内します。

1.  4Gケータイ(ガラケー)からAndroidスマートフォン

  BlueTooth®SDカード

2.  4Gケータイ(ガラケー)からiPhone

  PC&SDカード

3.  3Gケータイ(ガラケー)からAndroidスマートフォン

  SDカード

4.  3Gケータイ(ガラケー)からiPhone

  PC&SDカード

5.  3Gケータイ(ガラケー)から4Gケータイ(ガラケー)

  赤外線通信SDカード

6.  iPhoneまたはAndroidスマートフォンからiPhoneまたはAndroidスマートフォン

  かんたんデータコピー

上記以外の方法をお探しの方はこちらもご確認ください。

 

Bluetooth®を利用した電話帳データの移行方法
例:AQUOS ケータイ2(601SH)から DIGNO® BX へ

AQUOS ケータイ2(601SH)から電話帳データをBluetooth®で送信する

  1. AQUOS ケータイ2(601SH)と、DIGNO®︎ BXでそれぞれBluetooth®機能を有効にします。
  2. DIGNO®︎ BXで、ペアリング設定をします。
  3. AQUOS ケータイ2(601SH)で以下の操作を行います。
    「電話機能」 >「電話帳」から送信する電話帳データを選択 >「メニュー」ボタン >「送信」 >「Bluetooth送信」から全件送信を選択 >「操作用暗証番号」を入力し「完了」「OK」

送信方法を詳しくみる(取扱説明書)

DIGNO®︎ BXが電話帳データをBluetooth®で受信する

  1. データ送信元の端末からファイル送信の通知が表示されていますので「承諾」をタップします。受信完了後、ステータスバーを下にスワイプ(フリック)し、通知パネルを表示します。
  2. ファイル受信の通知をタップします。
  3. 外部からの転送という画面が表示され、受信したファイルをタップすることでデータの確認が可能です。
  4. 601SHで「Bluetooth共有:vcfを送信済み」と表示されたら送信は完了です。

受信方法を詳しくみる(取扱説明書)

SDカードを利用した電話帳データの移行方法
例:AQUOS ケータイ2(601SH)からDIGNO® BXへ

AQUOS ケータイ2(601SH)から電話帳データをSDカードに保存する

  1. AQUOS ケータイ2(601SH)の電源を切った後、SDカードを取り付けます。
    以下の手順でSDカードをフォーマットします。
    「設定」>「その他」>「ストレージ」>「microSD内データを消去」>「SDカード内のデータ消去」>「操作用暗証番号」を入力し「完了」「OK」>「すべて消去」を選択
  2. SDカードに電話帳を保存します。
    「メニュー」>「設定」>「データ引継・リセット」>「データ引継」>「データ保存」>「操作用暗証番号」を入力し「完了」「OK」>「電話帳」>「保存」> 保存が完了したらSDカードを取り出します。

SDカード保存方法を詳しくみる

電話帳データをDIGNO®︎ BXに保存する

  1. DIGNO® BXの電源を切り側面のカバーを外してマイクロSDカードを挿入します。
  2. 「設定」>「ストレージ」>「SDカード」を選択します。
  3. 虫眼鏡の検索ボタンをタップし半角で「vcf」と入力後、検索ボタンを選択します。
  4. 旧端末で保存した電話帳のファイルが表示されるので選択します。
  5. 「電話帳」「常時」「OK」をタップし、連絡先が読み込まれます。読み込みが終わるとステータスバーにチェックマークのアイコンが表示されます。ホーム画面より電話帳を開きデータが読み込まれていることを確認します。

SDカード保存方法を詳しくみる(取扱説明書)

SDカードを利用した電話帳データの移行方法
例:AQUOS ケータイ2(601SH)からiPhoneへ

AQUOS ケータイ2(601SH)から電話帳データをSDカードに保存する

  1. AQUOS ケータイ2(601SH)の電源を切った後、SDカードを取り付けます。
    以下の手順でSDカードをフォーマットします。
    「設定」>「その他」>「ストレージ」>「microSD内データを消去」>「SDカード内のデータ消去」>「操作用暗証番号」を入力し「完了」「OK」>「すべて消去」を選択
  2. SDカードに電話帳を保存します。
    「メニュー」>「設定」>「データ引継・リセット」>「データ引継」>「データ保存」>「操作用暗証番号」を入力し「完了」「OK」>「電話帳」>「保存」> 保存が完了したらSDカードを取り出します。

SDカード保存方法を詳しくみる

電話帳データをPCに移行する

  1. PCのカードリーダーにマイクロSDカードを挿します。
  2. 以下の手順で電話帳データをPCに移行します。
    「エクスプローラー」を開く >「リムーバルディスク」または「SDカード」を選択 >「PRIVATE」>「SHARP」>「BACKUP」>「PHONEBOOK」 の順番に開くとvcfという拡張子のついた電話帳ファイルが表示されます。このファイルをデスクトップに保存すればPCへのデータ移行は完了です。

電話帳データを iPhone に送る

  1. ファイルをメールに添付して、新しいiPhoneのメールアドレス宛に送ります。
    メールに添付されたvcfのファイルをタップ >「連絡先を追加」>「新規連絡先を作成」をタップします。
  2. ホーム画面から「連絡先」アプリをタップすると連絡先が登録されたことが確認できます。

SDカードを利用した電話帳データの移行方法
例:3Gケータイ202SHからDIGNO® BXへ

電話帳データをSDカードに保存する

  1. 3Gケータイ(202SHSH)の電源を切った後、SDカードを取り付けます。
    以下の手順でSDカードをフォーマットします。
    「設定」>「本体・メモリカード」「メモリカードメニュー」を選択して「決定」>「フォーマット」「決定」「はい」> メモリカードのフォーマット「はい」を選択します。
  2. SDカードに電話帳を保存します。
    「メニュー」>「設定」>「本体・メモリカード」「メモリカード保存・読込」>「保存(選択項目)「決定」」>「暗証番号」を入力し「OK」>「電話帳」>「実行」> 保存が完了したらSDカードを取り出します。

SDカード保存方法を詳しくみる

電話帳データをDIGNO®︎ BXに移行する

  1. DIGNO® BXの電源を切り側面のカバーを外してマイクロSDカードを挿入します。
  2. 「設定」>「ストレージ」>「SDカード」を選択します。
  3. 虫眼鏡の検索ボタンをタップし半角で「vcf」と入力後、検索ボタンを選択します。
  4. 旧端末で保存した電話帳のファイルが表示されるので選択します。
  5. 「電話帳」「常時」「OK」をタップし、連絡先が読み込まれます。読み込みが終わるとステータスバーにチェックマークのアイコンが表示されます。ホーム画面より電話帳を開きデータが読み込まれていることを確認します。

SDカード保存方法を詳しくみる(取扱説明書)

PCとSDカードを利用した電話帳データの移行方法
例:3Gケータイ202SHからiPhoneへ

電話帳データをSDカードに保存する

  1. 3Gケータイ(202SHSH)の電源を切った後、SDカードを取り付けます。
    以下の手順でSDカードをフォーマットします。
    「設定」>「本体・メモリカード」「メモリカードメニュー」を選択して「決定」>「フォーマット」「決定」「はい」> メモリカードのフォーマット「はい」を選択します。
  2. SDカードに電話帳を保存します。
    「メニュー」>「設定」>「本体・メモリカード」「メモリカード保存・読込」>「保存(選択項目)「決定」」>「暗証番号」を入力し「OK」>「電話帳」>「実行」> 保存が完了したらSDカードを取り出します。

SDカード保存方法を詳しくみる

電話帳データをPCに移行する

  1. PCのカードリーダーにマイクロSDカードを挿します。
  2. 以下の手順で電話帳データをPCに移行します。
    「エクスプローラー」を開く >「リムーバルディスク」または「SDカード」を選択 >「PRIVATE」>「SHARP」>「BACKUP」>「PHONEBOOK」 の順番に開くとvcfという拡張子のついた電話帳ファイルが表示されます。このファイルをデスクトップに保存すればPCへのデータ移行は完了です。
  3. このファイルをデスクトップに保存すれば、PCへのデータ移行は完了です。ファイルをメールに添付して、新しいiPhoneのメールアドレス宛に送ります。

電話帳データを iPhone に送る

  1. ファイルをメールに添付して、新しいiPhoneのメールアドレス宛に送ります。
    メールに添付されたvcfのファイルをタップ >「連絡先を追加」>「新規連絡先を作成」をタップします。
  2. ホーム画面から「連絡先」アプリをタップすると連絡先が登録されたことが確認できます。

赤外線通信を利用した電話帳移行方法
例:3Gケータイ202SHから4Gケータイ902KCへ

赤外線通信の利用には新旧両端末でSIMカードが必要です。

3Gケータイ202SHから電話帳データを送信する

  1. ホーム画面から「ツール」を選択し、「外部接続」のタブから「赤外線通信」を選択します。
  2. 「一括データ送信」>「はい」を選択します。
  3. 4桁の暗証番号※を入力し、電話帳にチェックを入れて「送信」を選択します。※未設定の場合は、画面の案内に沿って設定してください。
  4. 4桁の認証コードを設定し、「はい」を選択します。

赤外線通信の方法を詳しく見る(取扱説明書)

電話帳データを4Gケータイ902KCに保存する

  1. ホーム画面から「ツール」>「赤外線」>「受信」を選択します。
  2. 新旧両端末の赤外線ポートが向き合うように配置し、新端末で4桁の認証コードを入力します。
  3. 受信確認画面が表示されたら「はい」を選択し、再度「はい」を選択します。
  4. 「追加登録」>「OK」を選択し、電話帳を開きデータが読み込まれていることを確認します。

赤外線通信の方法を詳しく見る(取扱説明書)

 

SDカードを利用した電話帳移行方法
例:3Gケータイ202SHから4Gケータイ902KCへ

電話帳データをSDカードに保存する

  1. 旧端末の電源を切った後、SDカードを取り付けます。以下の手順でSDカードをフォーマット※します。
    ホーム画面から「設定」を選択し、「本体・メモリカード」のタブから「メモリカードメニュー」を選択し、「フォーマット」> 「はい」を選択します。
    ※SDカードをフォーマットすると、カード内のデータは全て消去されるため、事前にご確認ください。
  2. SDカードに電話帳を保存する。
    「設定」画面から、「本体・メモリカード」のタブを選択し、「メモリカード保存・読込」>「保存(選択項目)」を選択します。
    「暗証番号」を入力し、「電話帳」を選択し>「はい」をおすとバックアップが始まります。
    保存が完了したら「OK」を選択し、SDカードを取り出します。

SDカード保存方法を詳しくみる

電話帳データを4Gケータイ(902KC)へ移行する

  1. 電池カバーを取り外し、電池パックを取り外し、SDカードを挿入します。
  2. 電源を入れ、ホーム画面から「サービス」>「あんしんバックアップ」を選択します。
  3. 「データの復元」を選択し、「SDカードからデータを復元」を選択します。
    ※確認画面が表示されたときは、画面の指示に従って操作してください。
  4. 復元したいデータを選択し、「実行」を選択し、「OK」を2回選択した後で、電話帳を開きデータが読み込まれていることを確認します。

SDカード保存方法を詳しくみる(取扱説明書)

 

その他のよくあるご質問を検索する