SNSボタン
記事分割(js記載用)

エレベーターの乗降もらくらくクリア! 自律走行ロボット「Cuboidくん」を活用したサービスの実用化に向けてデモを実施

2020年1月8日、都内のオフィスビル「日比谷パークフロント」で、人感センサーを搭載した屋内型自律走行ロボット「Cuboidくん」によるエレベーターの乗降や複数階にまたがった、荷物の配達のデモンストレーションが行われました。

今回は、デモの模様をご紹介します。

地下の駐車場で配達員がCuboidくんに荷物を託し、専用のモニター(右)で目的地の2階を選択します。

「荷物をお届けにまいります」

Cuboidくんは、エレベーターに向かって移動し始めました。

エレベーターに乗り込む様子

動きはとてもゆっくりですが、Cuboidくんは地下から2階までのエレベーター乗降を自律的に行い、目的地である2階に到着しました。

荷物を届ける様子

「荷物をお届けにまいりました」

無事配達を終えたCuboidくん。走行ルートにいる人を検知すると、「すみません。通らせてください」と言いながら困り顔に。

荷物配達の他にも、館内の巡回などへの活用も可能とのこと。人感センサーで人を検知するので高齢者の見守りや、警備などへの応用ができるんだそうです。

今回のデモは、総務省が推進するIoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築に関する実証事業「自律走行ロボットエレベーター連携実証事業」の一環として実施。2020年の2月まで実用化に向けたさまざまな検証が行われます。

(掲載日:2020年1月9日)
文、撮影:ソフトバンクニュース編集部