SNSボタン
記事分割(js記載用)

肺炎、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が大流行。パンデミックの恐れも…。あなたが取るべき行動は? -防災行動ガイド

肺炎、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が大流行。パンデミックの恐れも…。災害時の正しい対処法や予防術 -防災行動ガイド

毎年猛威を振るうインフルエンザや、世界中で驚異となりつつある新型コロナウイルス(肺炎)など、パンデミックの驚異は突然訪れます。もしあなたが同じような状況に置かれたら、一体どうすればいいのでしょうか? 正しい知識とすぐにできる小さな行動が防災意識を高め、あなたとあなたの大切な人を救います。

今回は、感染症が大流行し、パンデミックの恐れもあるときの正しい対処法や予防術をご紹介。

この災害テーマのポイント

肺炎、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が大流行。パンデミックの恐れも…。災害時の正しい対処法や予防術 -防災行動ガイド

  1. 「パンデミック」は、警戒レベルが高まると自宅籠城になることも
  2. 感染の疑いがあるときは、早急に医療機関へ
  3. こまめな手洗いが予防の基本。マスク着用、普段からの体調管理も大切

肺炎、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が大流行。パンデミックの恐れも…。災害時の正しい対処法や予防術 -防災行動ガイド

この災害テーマのポイント

  1. 「パンデミック」は、警戒レベルが高まると自宅籠城になる場合も
  2. 感染の疑いがあるときは、早急に医療機関へ
  3. こまめな手洗いが予防の基本。マスク着用、普段からの体調管理も大切

目次

リスク:毎年10人に1人が感染するインフルエンザ。「パンデミック」は警戒レベルが高まると、自宅籠城になる場合も

日本で毎冬約1,000万人、10人に1人が感染し、重症化すると死に至ることもあるインフルエンザ。世界には、インフルエンザをはじめとした多種多様な感染症が溢れています。飛行機で人々が外国に移動できる現代、あるウイルスが世界中で一気に大流行する「パンデミック」が発生してしまうかもしれません。

もし危険な新型ウイルスが世界で大流行した場合には、政府や自治体が住民に不要不急の外出を控えるよう呼びかけることも想定されます。そうしたときには、ワクチンが手に入りづらくなるだけでなく、物流が滞るため、食料品・日用品の入手が困難になるといった可能性も考えられます。

「ハイリスク群」に該当する人は、特に注意

「ハイリスク群」とはウイルスに感染すると、重症化したり合併症を引き起こしやすい人たちのこと。以下の持病がある方は、感染症が流行している場合、特に入念に予防対策を行いましょう。

  • 慢性呼吸器疾患
  • 慢性心疾患
  • 糖尿病などの代謝性疾患
  • 腎機能障害
  • 免疫機能不全

さらに、妊婦や乳幼児、高齢者、肥満の方も、重症化することがあると報告されています。

対処法:感染の疑いがある場合は、すぐに医療機関へ。感染症ごとに適切な対応を

肺炎、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が大流行。パンデミックの恐れも…。災害時の正しい対処法や予防術 -防災行動ガイド

例① 新型ウイルス(新型コロナウイルスによる肺炎、新型インフルエンザなど)

2020年1月に中国を中心に多発した新型コロナウイルスによる肺炎など、新型のウイルスが世界中で流行することも。もし、新型ウイルスによるパンデミックが発生した時の対処法は、主に次の2つに分かれます。

  • 国内の患者が少ない段階で、自分や家族に新型ウイルスの症状が出た場合
    → 自治体の「相談センター」に電話で相談し、指定された医療機関で診察を受ける
  • 国内に多数の感染者が出てきた段階で、自分や家族に症状が現れた場合
    → 一般の医療機関で診察を受ける
「咳エチケット」で感染を防ごう

インフルエンザのほか、新型コロナウイルスなど多くの感染症は、咳やくしゃみの飛沫によって感染します。もし、咳やくしゃみを手でおさえても、その手で触ったものから周囲へウイルスが付着し、他の人に感染する可能性があります。「咳エチケット」を実践することで、ウイルスの感染を防ぎましょう。

  • マスクを着用する
  • ティッシュ・ハンカチなどで口を覆う
  • マスク、ティッシュなどがない場合は、上着の内側や袖で口を覆う

厚生労働省:咳エチケット

例② インフルエンザ

一般的な風邪の症状とあわせて、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの症状が比較的急速に現れた場合は、インフルエンザの可能性が。早急に医師の診断を受け、適切な処置を仰いでください。インフルエンザの感染力はとても強力なため、特に発症から3日間は、できるだけ他の家族と離れて静養すること。また、重症になりやすい高齢者や乳幼児などには、なるべく接触しないようにしましょう。

また、小児・未成年者は、インフルエンザにかかると急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、ウロウロと歩き回るなどの異常行動を起こす恐れが。自宅で療養する場合、発熱から少なくとも2日間は、小児・未成年者が一人にならないように注意を払いましょう。

厚生労働省:インフルエンザ(総合ページ)

例③ ノロウイルス

手や指、食品などを介して感染し、急性胃腸炎を引き起こすノロウイルス。主な症状は、吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛、微熱。その他、軽い風邪のような症状がある場合も。乳幼児や高齢者は、嘔吐物による肺炎や窒息にも注意が必要です。

感染を広げないために、感染者が使ったもの、嘔吐物が付いたものは、他のものと分けて、塩素消毒液で十分に消毒すること。また、嘔吐物やオムツを処理する場合は、使い捨てのマスクや手袋などを使用しましょう。

厚生労働省:感染性胃腸炎(特にノロウイルス)について

ウイルスの性質によって対処法も異なります。それぞれの感染症ごとに適切な対応を行いましょう。(その他の感染症の情報・対処法はこちらから)

事前の備え:手洗いは、外出後、調理前後、食事前などこまめに。マスクの着用、普段の体調管理も大切

肺炎、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が大流行。パンデミックの恐れも…。災害時の正しい対処法や予防術 -防災行動ガイド

感染症から身を守る基本対策

  • 帰宅したら、うがいと手洗いをする
  • マスクを着用する
  • 感染者の血液や排泄物などに触れる可能性がある場合は、ゴムなどの使い捨て手袋をする

咳やくしゃみの飛沫による感染を防ぐため、外出の際はマスクを着用し、外出後には必ず手洗い・うがいをすること。手洗いは、調理の前後、食事前などにも、こまめに行いましょう。また、十分な睡眠やバランスのよい食事を心がけたり、体を鍛えたりすることで、免疫力の向上にも努めましょう。

正しい手の洗い方

① 流水でよく手をぬらした後、石けんをつけて、手のひらをよくこする
② 手の甲を伸ばすようにこする
③ 指先・爪の間を念入りにこする
④ 指の間を洗う
⑤ 親指と手のひらをねじり洗いする
⑥ 手首も忘れずに洗う

厚生労働省:手洗いポスター

予防接種は、インフルエンザ発症の確率を減らし、もし発症しても重い症状になることを防ぎます。しかし、ワクチンの効果は一般的に5カ月ほどしか持続せず、流行するウイルスの型も変化するので、毎年、定期的に接種することがオススメです。また、万が一パンデミックによって自宅に籠城せざるを得なくなった場合に備えて、数日分の備蓄もしておきましょう。

感染症が大流行しているときの対処に役立つサービス・ウェブサイト

① 首相官邸「感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~」

首相官邸「感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~」

首相官邸「感染症対策特集~様々な感染症から身を守りましょう~」より

毎年流行している感染症や今後注意が必要な感染症、海外で注意すべき感染症などの基本的な知識や対策などを紹介しています。

② FORTH(厚生労働省検疫所)

FORTH(厚生労働省検疫所)

FORTH(厚生労働省検疫所)より

海外に渡航される方や、渡航者の診療や相談に当たる医療従事者に向けて、海外の感染症の最新の流行状況や、予防方法などの情報を伝えています。

③ Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピング

Yahoo!JAPANが運営する日本最大級のオンラインショッピングモール。日用品などはもちろん、マスク、ゴム手袋などの感染症対策アイテムも幅広く取りそろえています。

監修者:防災講師・防災コンサルタント 高橋 洋(たかはし・ひろし)

高橋洋先生

1953年、新潟県長岡市生まれ。1976年、練馬区に就職し、図書館、文化財、建築、福祉、防災、都市整備等に従事。1997年より防災課係長として、地域防災計画、大規模訓練、協定等に携わる。現在は、防災講師・コンサルタントとして、自治体等で講演、ワークショップ指導などを行う傍ら、復興ボランティアの一員として、福島県南相馬市小高区等で活動。防災関係著書・論文、防災関係パンフレット類監修多数。

(掲載日:2020年1月29日)
監修:高橋洋先生
文:内藤マスミ
編集:エクスライト
イラスト:高山千草