ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

今こそ確認しておきたい、災害時に役立つ「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」の使い方

今こそ確認しておきたい、災害時に役立つ「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」の使い方

大規模な災害が発生したときに、まず気になるのが家族や知人の安否情報。最近はSNSなどで連絡を取る人も増えていますが、SNSでつながっていない相手に電話で安否確認しようとすると、音声発信が集中してつながらないこともあるので注意が必要です。

この記事では、災害時に安否確認手段の一つとしてご利用いただける「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」の使い方をご紹介します。

災害用伝言板/災害用音声お届けサービスって?

大規模災害などで音声発信が集中してつながりにくくなった際に、安否情報を確認できるサービスです。無料で使えて、事前の申し込みも必要ありません。

伝えたい相手にメッセージを届ける災害用伝言板

災害用伝言板は災害時にメッセージをお預かりして、伝えたい相手にメッセージをお届けするサービスです。

伝えたい相手にメッセージを届ける災害用伝言板

災害用伝言板を利用する

パケット通信で音声メッセージを届ける災害用音声お届けサービス

災害用音声お届けサービスは、震度6弱以上の地震など大規模災害発生時などで、音声発信が集中することでつながりにくくなった場合に、音声通信に代わってパケット通信により音声メッセージをお届けする災害時専用のサービスです。

パケット通信で音声メッセージを届ける災害用音声お届けサービス

毎月1日と15日は、災害用伝言板/災害用音声お届けサービスを体験できます

災害用伝言板/災害用音声お届けサービスは、毎月1日と15日に実際にサービスを体験することができます。この他、防災週間などでもサービスの体験が可能なので、災害時に備えて、事前に利用してみてください。

体験サービスのサービス開設期間

  • 毎月1日・15日
  • 防災週間(8月30日から9月5日まで)
  • 防災とボランティア週間(1月15日から1月21日まで)
  • 正月三が日(1月1日正午から1月3日午後11時まで)

災害用伝言板/災害用音声お届けサービスの体験サービス

電話を使った災害用伝言ダイヤル(171)

他にも災害限定で利用可能な方法として、電話を使った災害用伝言ダイヤル(171)があります。「171」番にかけると、全国に設置された各携帯キャリアの災害用伝言ダイヤルセンターにつながるので、スマホや携帯電話の操作が不安という高齢者の方などは、こちらが使いやすいかもしれません。

(掲載日:2018年7月9日)
文:ソフトバンクニュース編集部