ソフトバンクニュースは「IT×ライフスタイル」をテーマに、暮らしに役立つ小ネタから、もらってうれしいプレゼント、スマホの豆知識、話題のガジェットやテクノロジー、企業の取り組みまで、ソフトバンクのさまざまな情報をお届けします。

Facebook
Instagram
LINE
Twitter

意外と知らない、スマホ生活をワンランク上げるiPhoneの便利機能6選

意外と知らない!スマホ生活をワンランク上げるiPhoneの便利機能6選

皆さん、スマホをちゃんと使いこなせていますか?

写真を撮ったり動画を見たり、メールやSNSで連絡を楽しんだりと、起きてから寝るまで手放せない人も多いと思いますが、アプリやOSは日々進化していくもの。毎日スマホを使っていても、「こんなことできたんだ!」と、新しい発見がよくあるようです。

今回は、ソフトバンクに日々寄せられるさまざまなお問い合わせの中から、スマホの機能に関するものを厳選し、iPhoneで使える便利機能をご紹介します。

スマホの機能に関するお問い合わせ6選

ソフトバンクのお店で活躍するスマホのプロフェッショナル「スマホアドバイザー」に聞いたので、ランキング形式で各便利機能を説明していきます。スマホアドバイザーからのちょっとしたアドバイスもありますよ。

  • 設定方法は機種やバージョンによって異なる場合があります。
スマホアドバイザーとは

スマホアドバイザー:櫻井さん
今回は櫻井さん

ソフトバンクショップに在籍し、「初心者向けスマホ教室」「スマホやアプリ・サービスの操作方法の説明」「スマホ選びの手伝い」をする、スマホのプロフェッショナル。
※ スマホアドバイザーが在籍していないソフトバンクショップもあります。

便利機能① よく使う単語を登録しよう

よく使う人の名前や用語、フレーズなどがなかなか変換できないと困りますね。でもユーザー辞書に登録しておけば一発変換!ラクに入力できます。

1.ホーム画面から「設定」を選択1.ホーム画面から「設定」を選択

2.「一般」を選択2.「一般」を選択

3.「キーボード」を選択3.「キーボード」を選択

4.「ユーザー辞書」を選択4.「ユーザー辞書」を選択

5.右上の「+」を選択5.右上の「+」を選択

6.登録したい漢字や顔文字、単語を「単語」欄、読み方を「よみ」欄に入力し、右上の「保存」を選択6.登録したい漢字や顔文字、単語を「単語」欄、読み方を「よみ」欄に入力し、右上の「保存」を選択。「よみ」欄に登録した文字を入れて変換すると、「単語」欄に登録した漢字や絵文字、単語が変換候補に出るようになります。

1.ホーム画面から「設定」を選択1.ホーム画面から「設定」を選択

2.「一般」を選択2.「一般」を選択

3.「キーボード」を選択3.「キーボード」を選択

4.「ユーザー辞書」を選択4.「ユーザー辞書」を選択

5.右上の「+」を選択5.右上の「+」を選択

6.登録したい漢字や顔文字、単語を「単語」欄、読み方を「よみ」欄に入力し、右上の「保存」を選択6.登録したい漢字や顔文字、単語を「単語」欄、読み方を「よみ」欄に入力し、右上の「保存」を選択。「よみ」欄に登録した文字を入れて変換すると、「単語」欄に登録した漢字や絵文字、単語が変換候補に出るようになります。

スマホアドバイザー:櫻井さん

「漢字の変換だけでなく、略称を入れると長い単語が出るようにしておく、という使い方も便利ですよ」

便利機能② 画面を縦横で固定しよう

端末を動かすと画面も合わせて回転。普段は便利な機能ですが、見づらくなって不便ということもありますよね。そんなときは画面固定しておくと便利ですよ。

1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)
(iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす))1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)。コントロールセンターが開きます。
※ iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)。

2.画面ロックボタンを選択2.画面ロックボタンを選択。ロック機能がオンに設定されます。

1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)
(iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす))1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)。コントロールセンターが開きます。
※ iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)。

2.画面ロックボタンを選択2.画面ロックボタンを選択。ロック機能がオンに設定されます。

縦方向にロックできていれば、上部のステータスバーに画面ロックのアイコンが表示されます。

スマホアドバイザー:櫻井さん

「画面固定しておくと、横長で撮った写真を大きく見たいときや、寝転びながら動画を見るときなどに便利ですよ!」

便利機能③ 画面の明るさを調節しよう

画面の明るさを自動で調整されるように設定しておく方法と、手動で設定する方法があります。

明るさの自動調整をオンにする

1.ホーム画面から「設定」を選択1.ホーム画面から「設定」を選択

2.「一般」を選択2.「一般」を選択

3.「アクセシビリティ」を選択3.「アクセシビリティ」を選択

4.「ディスプレイ調整」を選択4.「ディスプレイ調整」を選択

5.「明るさの自動調整」のオンを選択。5.「明るさの自動調整」のオンを選択。自動で明るさ調整されるようになります。

 

1.ホーム画面から「設定」を選択1.ホーム画面から「設定」を選択

2.「一般」を選択2.「一般」を選択

3.「アクセシビリティ」を選択3.「アクセシビリティ」を選択

4.「ディスプレイ調整」を選択4.「ディスプレイ調整」を選択

5.「明るさの自動調整」のオンを選択。5.「明るさの自動調整」のオンを選択。自動で明るさ調整されるようになります。

 

明るさを手動で調整する

1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)
(iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす))1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)。コントロールセンターが開きます。
※ iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)。

2. 「明るさ」欄のスライダーを上下に動かす2. 「明るさ」欄のスライダーを上下に動かす。上に動かすと明るくなり、下に動かすと暗くなります。

1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)
(iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす))1.画面の下から上方向にスワイプ(指を動かす)。コントロールセンターが開きます。
※ iPhone Xの場合は画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)。

2. 「明るさ」欄のスライダーを上下に動かす2. 「明るさ」欄のスライダーを上下に動かす。上に動かすと明るくなり、下に動かすと暗くなります。

スマホアドバイザー:櫻井さん

「画面を明るくするほど、バッテリーを消耗しやすくなります。節電したいときは、明るさを調整するのもひとつの手ですよ」

便利機能④ バッテリー残量を表示しよう

バッテリー残量が数字で分かると充電の目安にもなりますね。

1.ホーム画面から「設定」を選択1.ホーム画面から「設定」を選択

2.「バッテリー」を選択2.「バッテリー」を選択

3.バッテリー残量(%)のオンを選択3.バッテリー残量(%)のオンを選択。上部のステータスバーで残量(%)を確認できるようになります。

1.ホーム画面から「設定」を選択1.ホーム画面から「設定」を選択

2.「バッテリー」を選択2.「バッテリー」を選択

3.バッテリー残量(%)のオンを選択3.バッテリー残量(%)のオンを選択。上部のステータスバーで残量(%)を確認できるようになります。

 

iPhone Xでは、ステータスバーにパーセント表示が出なくなりました。以下の方法で確認することができます。

画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)1.画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)。コントロールセンターが開きます。

2. 画面右上にバッテリー残量(%)が表示されます。2. 画面右上にバッテリー残量(%)が表示されます。

 

画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)1.画面右上あたりから下方向にスワイプ(指を動かす)。コントロールセンターが開きます。

2. 画面右上にバッテリー残量(%)が表示されます。2. 画面右上にバッテリー残量(%)が表示されます。

スマホアドバイザー:櫻井さん

「充電するときは、残量が100%になったら充電ケーブルから外すようにしましょう。フル充電状態で充電を続けるとバッテリーの劣化を加速させてしまいます」

他にもある、iPhoneだけの便利機能

おまけ① 文字入力を簡単にしよう

①アルファベットの大文字を連続入力する

IDの入力などの際、大文字を続けて出したいのに2文字目以降が小文字になって面倒な思いをしたことはありませんか? これを覚えておくと、そんな時にも便利ですよ。

(メモアプリで入力する場合)
「矢印キー」をダブルタップ(連続で2回押す)
  • 下に線が表示されたら準備完了。アルファベットを入力すると大文字のみが表示されます。

ちなみに…

「矢印キー」を押さずに入力した状態。アルファベットは小文字のみが表示されます。「矢印キー」を押さずに入力した状態。アルファベットは小文字のみが表示されます。

「矢印キー」を一度押して入力した状態。アルファベットは最初の1文字のみ大文字で表示されます。「矢印キー」を一度押して入力した状態。アルファベットは最初の1文字のみ大文字で表示されます。

「矢印キー」を押さずに入力した状態。アルファベットは小文字のみが表示されます。「矢印キー」を押さずに入力した状態。アルファベットは小文字のみが表示されます。

「矢印キー」を一度押して入力した状態。アルファベットは最初の1文字のみ大文字で表示されます。「矢印キー」を一度押して入力した状態。アルファベットは最初の1文字のみ大文字で表示されます。

②キーボードを簡単に切り替える

キーボードの下の地球儀マークをタップすると、(日本語ローマ字入力/日本語かな入力/絵文字)など順番にキーボードが切り替わりますね。ただ、タップの回数を間違えると使いたいものにすぐに切り替えられない時も。これを覚えておくと、すぐに使いたいものに切り替えられて便利ですよ。

1.キーボードの下の地球儀マークを長押し1.キーボードの下の地球儀マークを長押し

2.上のような画面が出たら使いたいキーボードを選択2.上のような画面が出たら使いたいキーボードを選択

1.キーボードの下の地球儀マークを長押し1.キーボードの下の地球儀マークを長押し

2.上のような画面が出たら使いたいキーボードを選択2.上のような画面が出たら使いたいキーボードを選択

おまけ② ボリュームボタンで写真を撮ろう

通常、写真を撮るときはシャッターボタンを押しますが、横長の写真を撮る・自撮りをするときなどは「ボリュームボタン(音量を調節するボタン)」が便利です。動画撮影やバースト撮影にも使えますよ。

ボリュームボタンで写真を撮ろう

スマホには、ここで紹介した以外にも便利な機能が盛りだくさん。「こんなことできたらいいな」と思ったら、ちょっと調べてみるといろいろな発見がありそうです。

スマホの便利機能の関連記事

(掲載日:2018年9月3日)
文:ソフトバンクニュース編集部