SNSボタン
記事分割(js記載用)

地震・火災・風水害の災害を“ほぼ”リアル体験できる、「VR防災体験車」 by 東京消防庁

地震・火災・風水害の災害を“ほぼ”リアル体験できる、「VR防災体験車」 by 東京消防庁

近年、企業や学校、施設などでの防災訓練がより積極的に行われるようになり、テクノロジー活用への期待が高まっています。

ソフトバンクでは年2回の防災訓練を実施。訓練参加者は2018年4月から登場した「VR防災体験車」を使って、地震・火災・風水害の災害をVRで疑似体験できるようになりました。

そこで、派遣元の東京消防庁にご協力いただき、「VR防災体験車」でできることを教えてもらったので、詳しく解説します。

これがテクノロジーを駆使した、VR防災体験車だ!

VR防災体験車とは、地震・火災・風水害の災害をVR映像を見ながら、臨場感あふれる災害の疑似体験ができる専用大型車両のこと。東京消防庁が2018年から導入を開始し、都民の防災意識の高揚を促進し、訓練参加に繋げていくことを目的にしています。

ちなみに、VR防災体験車に投じられた金額は、約1億3,000万円。地震体験ができる通常の起震車の平均価格が2,000万円前後(当社調べ)とされているので、東京消防庁の防災にかける情熱がうかがえます。

災害状況に合わせて座席が動き、映像、水しぶき、熱、匂いなどで災害現場をリアルに体験

  • 左:VR防災体験車を体験している様子。 右:ヘッドマウントディスプレイ。13歳未満の方は、子供用のヘッドマウントディスプレイの着用が可能

専用のヘッドマウントディスプレイをつけて車両のシートに座ると、それぞれの災害のリアルな動きに合わせて座席が動いたり、水しぶき、熱、匂いなどが発生したり、災害現場をリアルに体験することができます。同時に最大8人まで体験可能。

災害状況は、地震・火災・風水害の3パターンがあり、それぞれ約3分間ずつ体験できます。

VR防災体験車の詳細はこちら

ソフトバンクの防災訓練の模様

VR防災体験車はソフトバンク社員の関心が高く、今年も体験の行列ができていました。

他にも、煙体験ハウスで避難時の恐怖を体験できたり、実際の炎を消火体験できる初期消火コーナーなど、実践的なコーナーが設置されていました。

ソフトバンクでは、さまざまな災害対策にむけて取り組みを行っています

ソフトバンクの災害対策

BCP(事業継続計画)強化

(掲載日:2019年6月14日)
文:ソフトバンクニュース編集部