低価格で高速な仮想デスクトップサービス

Cloud Remote Desktop

クラウド上のWindowsデスクトップ環境へ外出先からでもセキュアにアクセス可能。1ユーザ単位で従量課金で利用可能PC運用コストの削減にも最適です。

お知らせ

リーズナブルなパソコンが欲しい方必見!
Cloud Remote Desktop と Dynabook Chromebook C1
特別販売のご案内

Cloud Remote Desktop を選ぶ理由

Cloud Remote Desktop(クラウドリモートデスクトップ)は、クラウド上に仮想デスクトップを用意し、ネットワーク越しにリモート接続できるサービスです。
複数のユーザーが同一の仮想デスクトップにアクセスできます。場所を選ばずどこからでも使え、1ユーザ単位でサービスをご利用いただけます。
さらに、選べる料金体系をご提供しています。部分導入、大規模導入でもご利用いただけます。

cost cut

PCコスト・運用管理コスト削減

仮想デスクトップならクラウドで一元管理可能です。キッティング作業等の人件費、PCハードウェアや管理作業コストも大幅削減。Chromebookと合わせてマルウェア対策やOS更新の管理も自動管理も可能です。

個人情報保護・セキュリティ対策

個人情報保護・セキュリティ対策

業務システムに閉域ネットワークで接続し、作業データはインターネットから分離した占有のクラウド環境に保存するため、PC紛失等による情報漏えいを防止することができます。操作画面録画による内部不正対策等のセキュリティ機能の追加も可能です。

高速CPU・GPUを重量課金で利用可能

高速CPU・GPUを重量課金で利用可能

開発業務等の一時的な高性能CPU利用やCG作成やCAD利用のためのGPU利用でも、時間単位の従量課金でコストを削減できます。簡単操作の管理画面から追加削除やスペック変更にいつでも対応可能です。

ユーザの利用に合わせた DaaS 機能を取り揃えています

Cloud Reomote Desktop は、使いやすさを重視したデスクトップサービスの機能をご用意しています。

既存の Active Directory で統合管理可能

Windows パッチ管理から解放

モバイルデバイスにも対応

Microsoft Office 利用可能

Webブラウザでアクセス可能、プロキシ対応

  • iPhone/iPad、Androidタブレット、Chromebook等

ご利用に合わせた、料金体系をお選びください

低価格かつ高性能な Windows 10 互換の仮想デスクトップをご利用いただけます。

(税抜)

使用イメージ CPU メモリ GPU ディスク 1ヶ月あたりの
従量課金契約
80時間想定 160時間想定
軽微な業務
(Webアプリによる入力等)
2vCPU 2GB - 40GB 760円 1,170円
一般的なOffice業務
(アプリを用いた資料作成等)
2vCPU 4GB - 40GB 990円 1,640円
2vCPU 8GB - 40GB 1,440円 2,540円
開発業務
(ソフトウェア開発等)
4vCPU 16GB - 40GB 2,730円 5,110円
CAD・グラフィック業務
(AMD)
4vCPU
14GB 2GB 64GB 5,620円 10,630円
CAD・グラフィック業務
(NVIDIA)
4vCPU
24GB 4GB 320GB 14,520円 20,280円
  • 従量課金契約では、スペック変更が可能です。(ただし停止が必要となります。)
  • 月額固定(サブスクリプション)でもご利用いただけます。
  • インターネット方向通信料とゲートウェイ費用が別途発生します。
  • Microsoft Officeを利用する場合は、別途ライセンス費用(1,580円〜/月額)がかかります。
  • CAD・グラフィック業務のスペックは一部となります。ご要望にあわせて上位のスペックをご選択いただけます。
  • 従量課金契約は、月額ディスクコストを含む試算となります。
  • パブリッククラウドを利用しているため、為替による価格変動が発生する可能性があります。(本価格表は2022年4月1日時点1ドル120円での計算となります。)

お客さま導入事例

条件に該当するページがございません

詳しい資料をご用意しています

Cloud Remote Desktop のご紹介

従来PCごとに実施していた設定やキッティング作業不要ですぐに利用できる仮想デスクトップ。データをクラウド上に保存しPCに残さないため、セキュリティ対策としても有用です。 PCの運用管理を効率的に行えるとともに、インターネットに接続すればどこでも業務ができるため、場所にとらわれない働き方を実現します。

PC刷新と業務環境クラウド化が情シス担当者の負荷を減らす!

情報システム部門は、PC管理やユーザからの問い合わせ対応などのノンコア業務を減らし、コア業務に集中できる環境作りが必要です。
本資料では、 Chromebook ・仮想デスクトップ・ Google Workspace の活用により、PC管理の簡素化や業務をクラウド化することのメリットを、事例を交えてご紹介します。

関連サービス

Chromebook特別販売

在庫限りで終了
Cloud Remote Desktop と Chromebook の特別販売を実施中!

Cloud Remote Desktopの1ヵ月間無料とDynabook Chromebook C1を特別価格で購入できる特別販売を実施中です。詳しくはチラシをご覧ください。

関連記事

仮想デスクトップ、DaaSとVDIの違い

仮想デスクトップの違いについて記事で解説しています。DaaS利用は導入費用や、工数がかからず、手間なく導入できる特徴があります。クラウド化の普及やリモートワークの需要に合わせた、仮想デスクトップの環境構築を記事でご紹介しています。

仮想デスクトップのWebブラウザ接続による価値と注意点

弊社でも従量課金対応の仮想デスクトップサービス「Cloud Remote Desktop」に、Webブラウザからの接続を実現する「Cloud Remote Gateway」を概要含めご説明しています。

リーン・アジャイル型のソリューション開発によるSIモダナイゼーションへの道

クラウド活用を前提としたサービス開発に焦点を当てた内容をお伝えしています。

まずはお気軽にご相談ください

新規導入のご相談、サービス仕様についてご相談をお受けしています。