MSPオプションサービス

クラウドネイティブ・アプリケーションプラットフォーム(CNAP)

クラウドネイティブ・アプリケーションプラットフォーム(CNAP)とは標準化されたアプリケーション実行環境を手軽に利用できるサービスです。リリースプロセスを自動化し、開発者自身がセルフサービスで実行環境を準備できるようになります。

CNAPについて

ソフトバンクのアプリ開発・運用ノウハウを凝縮した開発プラットフォームです。
運用実績のあるマネージドサービスやソフトウェア群を推奨の設定値にて提供するため、
開発・リリースに関わる期間が大幅に短縮され、アプリ開発者やインフラ担当者の負担軽減に貢献します。

対応プラットフォーム

特長

標準化された環境を提供

標準化された環境を提供

ベストプラクティスをパッケージ化しているため、アプリケーションのリリースに必要なプロセスを自動化し、標準化された実行環境を利用できます。構成情報の一元管理とインフラ調達の手間を軽減します。

標準化された環境を提供

Gitで操作が完結

CNAPはGitOpsの概念に基づいて設計されているため、Git操作のみでサーバやコンテナの運用管理が可能です。インフラ構成の管理が効率化され、人的ミスも軽減します。

標準化された環境を提供

安定バージョンを常時利用可能

Kubernetesをはじめとするクラウドネイティブ・ソフトウェア故の頻繁なバージョンアップ・アップデートへの対応をMSPサービスが運用代行します。お客さま側で特に意識することなく、安定稼働するアプリケーション実行環境を利用できます

導入メリット

開発担当者

開発担当者

  • 導入前

変更作業をインフラ担当者に都度依頼

  • リリース回数と頻度が限られる
  • 対応者によって環境設定にばらつき
  • 導入後

実行環境も自分自身で準備可能

  • リリース回数とスピードUP
  • 標準化された構成
運用担当者

運用担当者

  • 導入前

頻繁な環境準備依頼

  • 本業に集中できない
  • プロジェクトごとに開発環境が異なる
  • 設計やポリシーが統一されていない
  • 作業自体も標準化されていない
  • 導入後

アプリ実装環境の準備作業から解放

  • 運用改善や標準化教務へのリソースシフト
  • 標準化されたリリース環境
  • 全社で統一されたポリシーの適用が可能
  • すでに推奨構成で設定済み
ビジネス責任者

ビジネス担当者

  • 導入前

開発と基盤部門の調整に時間がかかる

  • プロダクトリリースに時間が掛かるため、
    結果的に部門間で壁が生じる
  • DevOpsを推進していきたいが、進まない
  • 組織体制の変更にも時間がかかる
  • 導入後

開発チーム側でDevOpsを完結できる

  • サービスの早期リリースを実現
  • 部門間の連携が強化され、生産性が向上
  • 大きな組織変更を行わずに成果を上げられる
  • DevOps体制が早期に実現

DevOpsとは


DevOpsは迅速かつ安定的に製品をユーザーに届けることを目的に、開発チーム(Development)と運用チーム(Operation)が協働し、プロダクトのリリースサイクルを効率化する考え方の総称です。

機能

Gitリポリトジ連携


お客さまがアプリケーション開発で使用するGitリポジトリと連携する仕組みを提供します。 

パッケージ


お客さまのアプリケーションをホストするために必要なコンテナオーケストレータや、「クラウドサービス」のプロビジョニングに必要な設定などを「パッケージ」として提供します。 

オーケストレーション


「パッケージ機能」にて管理する構成情報や、お客さまが定義したアプリケーションの構成情報にもとづいた、各種プロビジョニングや設定を、コンテナオーケストレータが自動的に行います。

シークレット・証明書管理


CI/CDのプロセスで使用するシークレットの作成と管理、および、お客さまがアプリケーションを外部公開する際のTLS証明書を自動的に発行・管理する仕組みを提供します。 

セルフモニタリング


コンテナオーケストレータやお客さまアプリケーションに対するモニタリングの自動設定を行い、お客さまが参照および編集可能なダッシュボードを提供します。 

マルチクラスタ


お客さまの環境内へ複数のマネージドクラスタを配置可能ならびに連携可能な仕組みを提供します。

  • 次期バージョンにて対応予定 

コンテナ活用を資料でより詳しくご紹介

コンテナ活用の基礎知識

コンテナ活用の基礎知識から、活用が推奨されるケースについてご紹介します。また、コンテナの管理・実装ツールであるDocker、Kubernetesの特長や違いについても詳しく解説します。

ビジネスを加速させるDevOpsの実現

DevOpsを利用して開発と運用が一体化し、業務効率化を図りながらスピードと品質を両立したサービス開発が実現できる仕組みをご紹介します。

関連記事

CCoEはなぜ必要?クラウドネイティブ実現に必要な役割とは

CCoEはなぜ必要?クラウドネイティブ実現に必要な役割とは

クラウドネイティブとは?普及の背景や代表的な技術を紹介

クラウドネイティブとは?普及の背景や代表的な技術を紹介

アジャイル開発とウォーターフォールの違いは?概念や開発手法を詳しく解説

アジャイル開発とウォーターフォールの違いは?概念や開発手法を詳しく解説

クラウドサービス運営を効率化・自動化するコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」とは

クラウドサービス運営を効率化・自動化するコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」とは

これまでの自治体クラウドの取り組みとは?目的や効果、導入における今後の課題

これまでの自治体クラウドの取り組みとは?目的や効果、導入における今後の課題

ガバメントクラウドとは?自治体が得られるメリットや仕組みを解説

ガバメントクラウドとは?自治体が得られるメリットや仕組みを解説

まずはお気軽にお問い合わせください

新規導入のご相談、サービス仕様などはこちらからお問い合わせください。