Appleプロフェッショナルラーニング
基礎インストラクターによるiPad応用研修

GIGAスクール構想の実現をきっかけに、すべての子どもたちへの1人1台の情報端末整備が進んでいます。
整備することだけを目的とせず、整備された端末を日々の授業で利活用しその先に目指す新しい学びの実現に向けて、ソフトバンクは各種研修で学校現場の先生方や教育委員会のみなさまをトータルでご支援いたします。

豊富なメニューで学校の先生方をサポート
Appleプロフェッショナルラーニング
基礎インストラクターによるiPad応用研修

  • Apple Professional Learning(APL)は、先生方にiPadを授業で利活用するためのノウハウやアイデア、さまざまな授業事例をお伝えするAppleの公式プログラムです。
    iPadが導入された学校の授業の中で革新的で創造的な学びを実現いたします。

    ソフトバンクは、Appleの厳しい審査をクリアし認定された「Appleプロフェッショナルラーニング基礎インストラクター」が、研修を通じてiPadや各種アプリケーションの使い方、授業や学習での活用をサポートいたします。実際にiPadを使ってアウトプットを創るワークショップ形式での研修では、参加される先生方に楽しく学びながら新しいヒントを得ていただきます。
    研修メニューは目的や学校、参加者の状況など、ご要望に応じて各種カスタマイズも可能です。事前の打ち合わせにより効果を最大化できる研修をお届けいたします。

    iPadを導入するだけではなくその後の日々の授業での利活用まで、ソフトバンクは学校現場の先生方、教育委員会のみなさまに伴走します。

経験豊富な講師陣が皆さまをサポート

「知る」「楽しむ」「想像する」
授業での利活用のための様々なヒントを先生方にお伝えします

  • 松本勇二郎

    公共事業推進室 教育ICT推進課

    2017年からSBプレイヤーズ株式会社にて学校のICT化に取り組みながら、特別な支援が必要な児童生徒や、不登校状態にある児童生徒の支援を実施。
    現在は学校のICT化を推進しながら、全国の先生方へ授業でのiPad利活用を提案している。

    ~研修を受講される方へ~
    突然手元にiPadが届き、学校での活用を悩まれている方も多いと思います。まずは、「失敗を恐れず、使ってみる」ことから始めていきましょう!この研修では、iPadを授業の中で使う際のアイディアやヒント、他校での事例をたくさん紹介しています。先生方が安心してiPadを活用できる環境づくりをサポートします。

  • 田中光太郎

    公共事業推進室 教育ICT推進課

    30年間一貫して情報通信事業に身を置き、2018年から学校教育現場における各種ICT支援に携わる。
    教育の情報化、プログラミング教育、教員の働き方改革、さまざまな課題に取り組み現在は教員向け研修を通じて授業作りの支援にも注力する。

    ~研修を受講される方へ~
    iPadは授業を楽しく活発にし子どもたちの興味や学びへのモチベーションを高める最適な道具です。不安を感じられている先生方もご安心ください。共に楽しみ共に学び、皆さんの今までの授業の良さも活かしながら新しいスタイルの授業作りを実現していきましょう。研修の場での皆さんとの出会いを楽しみにしています!

  • 西郷龍太郎

    公共事業推進室 教育ICT推進課

    2015年にソフトバンク株式会社に入社し、多様なICT機器・クラウドサービスの営業経験を積む。その経験や知識をもとに、ICT支援員や教育情報化コーディネーターとして、学校でのICT利活用に向けた幅広い提案を行っている。

    ~研修を受講される方へ~
    私が初めて触ったApple製品は、1990年に発売されたMacintosh LCでした。父がキーボードやマウスを触って遷移していく画面に心惹かれ、幼いながらも好奇心満々だったことを覚えています。研修では、あの時と同じようなワクワク感を、皆さんにも感じていただける機会にしたいと思っています。

研修概要

    • 目的 様々な授業でiPadを効果的に活用するための、iPadとそのアプリケーションスキルを習得する。
    • 対象 iPadを使われるすべての先生方
    • 時間 約200分
    • 内容 各アプリの基本操作・活用方法の実践
    • 取り扱う
      アプリ
      Pages、Keynote、Numbers、iMovie、Clips、GarageBand、カメラ、写真、マップ、Safari、Swift Playgrounds
    • 教材 Everyone Can Createなどの、Bookアプリで提供されている各種教材
      Apple Teacher掲載コンテンツ

受講者の声

    • ありがとうございました。とても楽しかったです。楽しく学べ、大変勉強になりました。
    • このような機会があると、使ってみようかなという気持ちになります。
    • とてもためになる内容でした。家に帰って、早速動画を作ってみます。
    • 今日の研修に参加して、iPadを授業でたくさん活用してみたいと思いました。
    • とっても楽しかったです。もっと教えてもらいたいし、もっとできるようになりたいと思いました。
    • とても分かりやすい講義でした。今日教えていただいたことをすぐに復習して自分のものにできればいいと思います。
    • まずは自分で積極的に触っていきたいと思います。有効的に活用できるよう考えていきたいと思います。
    • とても楽しかったです。今までの意識が変わりました。これからも使っていきたいです。
    • どんどん自分で使って、授業で子供たちにも活用させ、学びの楽しさをみんなで共有していきたいです。

iPad研修会の様子

研修実施の流れ

各自治体、各学校の現在の状況や課題、将来目指すことを事前のご相談で共有いただくことで、研修の効果を最大化します。

  1. 事前打ち合わせ
    (ヒアリング)

  2. 研修プラン
    ご提案

  3. 研修実施

  4. 結果
    フィードバック

研修後の各自治体、各校での継続的な取り組みをご支援します

ICT環境整備による本来の目的の達成のためには、導入当初に実施する研修だけではなく、日々の授業での実践や各種ご利用状況の適切な把握による利活用促進が行われることが重要です。
ご利用が進んでいる学校、先生方には何かその理由があったり好事例となりえる取り組みがあるはずです。
それをすべての先生方で共有し、次年度以降の研修にも反映していくことでさらなる利活用促進、子どもたちの新しい学びの力につながると考えます。ソフトバンクではそのご支援をさせていただきます。

関連情報

お問い合わせ

お問い合わせ

官公庁・自治体向けソリューションに関するお問い合わせはこちら

 
Professional Learning Provider