ソフトバンクと進める自治体DX ソフトバンクと進める自治体DX
ソフトバンクと進める自治体DX

ソフトバンクと進める自治体DX

なぜ今、自治体DXなのか

ソフトバンクと進める自治体DXは、複雑化する課題に対応し、地方の豊かさ・便利さ・快適さを実現

社会課題への対応が急務

日本の自治体では、人口減少・少子高齢化・情報格差・公共交通の維持・災害対策・担い手不足など、地方を中心にさまざまな課題を抱えています。

自治体はこうした課題に向き合いながら、地域の人々がより豊かで便利に、快適に暮らし続けるための重要な役割を担いますが、課題が複雑化・多様化する中で、その対応の難度が非常に高まっているのが現状です。

テクノロジーへの期待

世界ではテクノロジーの進歩が急速に進み、次々に便利なサービス・新たなビジネスが生み出されています。

その中には私たちにとっても身近に感じられるものがありながら、まだまだ行政サービスに生かされているとは言えません。しかしそれは逆に、テクノロジーと行政サービスをかけ合わせることが労働人口の減少による対応の遅れを取り戻し、地域の課題解決を実現する大きな可能性を秘めているとも言えます。

テクノロジーと行政の融合により、自治体DXは労働力不足に対応し、地域課題を解決する可能性を秘めている
革新的な自治体DX事例を通じて、最適なサービスや踏み出し方を提供し、課題解決を支援

人口減少でも持続可能な地域づくり

より効率的に質の高い行政サービスを提供し、各地域で持続可能な暮らしを実現していくために、今こそ、こうしたテクノロジーを活用して、自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)を進めなければなりません。

しかし、いざ進めることになっても「DXと言われてもピンとこない」「何から始めていいか分からない」という職員の皆さまもいらっしゃるかと思います。

この「ぱわふる」は、ソフトバンクの想い『Power of Furusato(ふるさとにパワーを)』を掲げ、悩みを抱えている自治体職員の皆さまのために立ち上がったウェブサイトです。

施策の検討、内部での意思決定、議会や住民との合意形成、予算獲得のための折衝など、さまざまな自治体の革新的なDX事例を通じて、皆さまの課題解決を支援します。最適なサービスや新しい一歩の踏み出し方をぜひ一緒に考えて行きましょう。

セミナー・イベント

条件に該当するページがございません

自治体DX事例

ソフトバンクのソリューションを活用した、自治体のDX事例を紹介します。

地元の公共交通に悩み自治体向け  【茨城県境町】交通格差を解消し、空白地域の課題に立ち向かう。自動運転バス「BOLDLY(ボードリー)」は高齢者や身体的制約のある人々にとって、ご利用いただきやすい公共交通手段です。

【茨城県境町】交通格差を解消し、空白地域の課題に立ち向かう

自動運転バス「BOLDLY(ボードリー)」は高齢者や身体的制約のある人々にとって、ご利用いただきやすい公共交通手段となります。茨城県境町では、2020年11月からBOLDLYの定時運行を始め、バリアフリーな車内設備や容易な乗降の提供により、交通格差の解消に期待いただいております。

条件に該当するページがございません

自治体DXを推進する無料のお役立ち資料

公共サービスの革新を推進するための無料資料です。
自治体DXにお役立てください。

まずは、デジタル化の推進!
紙の申請による受付業務をオンライン化しませんか

「Smart at 自治体 DX」は住民からの各種申請や役所内における申請業務のオンライン化を実現する電子申請サービスです。
住民からの申請入力フォームをオンライン化するだけではなく、庁内業務の効率化・スピード化を通じて、生産性の向上を実現します。同時に、庁舎内のペーパレス化も実現します。

自治体DXに関連する記事

自治体による新たな通信環境整備へ。「Starlink Business」で地域課題を解決

ガバメントクラウドとは?自治体が得られるメリットや仕組みを解説

ガバメントクラウドに接続する準備〜LGWAN接続系と統合したマルチクラウド接続の検討〜

お問い合わせ

官公庁・自治体向けソリューションに関するお問い合わせをお受けしております。