自治体DX推進サイト「ぱわふる」  | 防災・減災 自治体DX推進サイト「ぱわふる」  | 防災・減災
自治体DX推進サイト「ぱわふる」  | 防災・減災
自治体ソリューションのご紹介

防災・減災

いつ発生するかわからない自然災害に備えた防災・減災対策の取り組み内容やソリューションをご紹介します。

激甚化する災害に対応した、安心・安全のまちづくりに向けて

自然災害はいつ起こるかわからないからこそ、前もってしっかりと備えておくことが大切です。
地域によっても「災害の起こりやすさ」「起こりやすい災害」は異なるため、地方自治体はその地域の特性に合わせた防災・減災活動を行う必要があります。

平常時の対応

平常時からの予防と準備が重要です。根拠に基づいた防災計画の策定・更新や住民への啓発・訓練の実施、コミュニケーション手段の確保、インフラの点検と補強などを行います。住民ひとりひとりが災害への意識を高め、地域特有のリスクに対応できる体制を整えることが減災につながります。

データを活用した防災計画策定

データを活用した防災計画策定

平常時の人流データから災害時の避難者数を想定し、根拠に基づいた防災計画策定や避難訓練が可能になります。

職員同士のコミュニケーション手段確保

コミュニケーション手段確保

災害時の行動に備え、情報収集と伝達を円滑化するために、自治体はコミュニケーション仕組みの整備が必要です。

住民向け防災啓発

住民向け防災啓発

適切な情報提供や訓練等の啓発をすることは、住民一人ひとりが災害時のリスクを理解し、危機管理能力を高めてもらうことに繋がります。

高所や危険な場所の点検

高所や危険な場所の点検

道路や橋、トンネルなどの社会インフラや、人が立ち入れない高所や危険な場所の定期的な点検業務が必要です。

切迫時・発災時の対応

災害発生時およびその直前は、迅速かつ正確な判断が求められます。被害状況など情報の収集・発信、緊急避難の指示、救援物資・人員の手配などを行います。市民の安全確保と救助活動の効率化を最優先に考え、関連部署や機関との連携を密にします。

リアルタイムの情報収集

迅速で正確な情報収集

切迫時・発災時、現地状況を把握するまで時間がかかることから、位置情報サービスを活用して、状況把握することが必要です。

消防団の業務効率化

消防団の業務効率化

消防団員の活動報告などの事務処理業務を効率化することは、火災や大規模災害発生時の現場活動など本来の業務への集中に繋がります。

避難指示等の発信

避難指示等の発信

住民ひとりひとりに対して、素早く正確な情報提供や避難指示、防災マップの提供をする必要があります。

避難時・復興時の対応

避難時には、適切な避難所の提供とインフラ整備や医療サービスなど、避難者への緊急支援を行うほか、復興時には被災地の早期復旧と住民の生活再建を目指した継続的な行政サービスの提供を行い、将来に向けた持続可能な復興を目指します。

避難所でのインフラ確保

避難所でのインフラ確保

避難・復興時、不衛生な環境による感染症の蔓延リスクが問題です。避難所のあり方を考えることは、市民を守る防災に繋がります。

通信インフラ提供

通信インフラ提供

被災地で通信環境を整えることは、住民への情報提供や物資の受入れ、災害対策本部と現場をスムーズに連携させ、地域の迅速な復旧に繋がります。

医療・行政サービス提供

医療・行政サービス提供

被災地での応急処置や巡回により医療体制を維持したり、罹災証明の発行など住民サービスを柔軟に提供したりする必要があります。

今注目の記事をご紹介

自治体による新たな通信環境整備へ。「Starlink Business」で地域課題を解決

避難所に空から「温かいごはん」が届く!?和歌山県すさみ町の地域課題をドローンと高精度測位サービスが解決

和歌山県すさみ町の「未来の避難所」が実現する、平時も活用できる防災DXとは?

インフラ老朽化問題の現状と事故事例

ドローンやAIを活用した効率的な点検が注目!インフラ老朽化問題の現状と事故事例

グッドデザイン賞受賞! 消防団の報告事務作業をデジタル化し負担を軽減するアプリ「消防団ワークス」

グッドデザイン賞受賞!消防団の報告事務作業をデジタル化し負担を軽減するアプリ「消防団ワークス」

地域の水道問題解決プロジェクト「Water2040」~愛媛県3市、東京都利島村で実証実験を開始~

遠隔制御ドローンで救援物資を配送。和歌山県すさみ町で南海トラフ地震を想定した防災訓練

【BCP】~1分で分かるキーワード #163

強風、霧、雲、そしてクレーター。史上最も過酷な環境下でのドローン救助訓練

防災DXソリューション

データ活用

人流データ解析・計測サービス
全国うごき統計

ソフトバンクの携帯電話基地局の仕組みを利用した人流統計サービス。日本全国の人流を24時間365日把握し解析できます。

検索・位置情報分析ツール
DS.INSIGHT

保有する行動ビッグデータ(検索と位置情報など)を分析できるこれまでにないデスクリサーチツールです。

需要予測や要因分析ツール
Agoop流動人口データ

エリア毎の時間経過による来訪・滞在人口推移や、From-Toなどの人々の流れを細やかに把握できます。

ichimill(イチミル)

GNSSから受信した信号を利用してRTK測位を活用した位置情報補正を行い、誤差数センチメートルの測位が可能です。

業務効率化

携帯電話をオフィスの内線電話に
FMCサービス

スマートフォンとオフィスの固定電話間でシームレスな内線通話を可能にする仕組みで、どこにいても内線番号で呼び出しできるため、電話取次の効率化を図れます。

効率的な働き方を実現する
スマートフォン

スマートフォンを活用して働き方を刷新しませんか。コスト削減・管理の簡素化・セキュリティ強化・業務効率アップを法人専門のチームがバックアップします。

業時間の削減や業務効率化
消防団ワークス

消防団の報告事務をアプリケーションによりデジタル化し、消防団員の大幅な負荷軽減及び活動の充実強化に寄与するスマートフォンアプリです。

情報発信をプッシュ型で展開する
公式LINEアカウント

災害時など情報を広く・早く地域住民へ伝えたい時に有効です。居住エリア、年代などの属性方向けに、必要な情報を選んで情報発信することも可能です。

防災アプリケーションによるデジタル環境の整備

災害対策本部と地域コミュニティ、民間事業所が相互に連携するためにはデジタルに情報を記録して共有する仕組みを平時から利用することが重要です。

インフラ確保・保守・点検

災害時の通信遮断でも安心
Starlink Business

通信環境が整っていない地域や、事業継続計画(BCP)対策、海上・船舶での利用など、高速かつ低遅延なデータ通信を利用したい場合に適しています。

インフラ点検や測量作業で効率化
ソフトバンクのドローンサービス

インフラ点検や測量作業で効率化を図れるドローン。危険をともなう高所の撮影や状況確認などあらゆる点検作業を自動化し、安全で効率的な作業を実現します。

避難所の衛生環境向上
WOTA BOX(ウォータボックス)

災害時に最低限必要となる水の量はご存知でしょうか。水はライフラインの一つのため、災害後の「入浴」「トイレ」「飲料水」など水問題は大きな課題となります。

MaaSによる被災地での医療・行政サービス

被災地での医療×MaaSは、災害時における医療機関へのアクセスや医療資源の移動を、さまざまな交通手段を統合的に利用して支援します。

導入事例

条件に該当するページがございません

セミナー・イベント

条件に該当するページがございません

まずはお気軽にお問い合せください

官公庁・自治体向けソリューションに関するお問い合わせをお受けしております。