ニューノーマルの時代

新しい働き方を実現するために

ニューノーマルの時代

ニューノーマルにおける変化

今、「ニューノーマル」と言われる新しい時代が、始まろうとしています。組織や従業員の安全性を確保する一方で、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方により、従来と違う発想で事業の生産性を向上していく時代に突入していきます。すでに多くの方が長期間のテレワークを体験され、新しい働き方を考えさせられる契機になっているようです。

新しいワークスタイルや生活様式が広がったことで、デジタルの価値も再定義され始めています。デジタルシフトによって場所や時間の制約がなくなり、あらゆるサービスやコミュニケーションをオンライン上で行うことが好まれるようになってきています。こうした変化の中で企業に求められていくことはどう変わっていくのでしょうか。

企業に求められるのは、デジタル技術を有効に活用しながら、変化する価値観や多様化するニーズに応えていくことです。進化するテクノロジーを積極的に受け入れ、新しい顧客体験やイノベーションを生み出すDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを加速させて行くことが、ニューノーマル時代を勝ち抜くためのビジネス戦略であると言えます。

ここでは、ニューノーマル時代に対応する体制を作る上でまず検討したいアクションを、「顧客対応の変化」「人材確保・育成の変化」「職場環境の整備」「業務体制の強化」の4つに分けて紹介します。

PICK UP

「ニューノーマル」とは? 知っておきたいキーワードやビジネストレンドをチェック。

ニューノーマルな働き方のヒントを公開中

お客さまの取り組み事例

関連イベント・セミナー

futurestride

お問い合わせ

お問い合わせ

ニューノーマルな働き方に関するご相談はこちら