SNSボタン
記事分割(js記載用)

アナログとデジタルの違いやデジタル化のメリットをかんたん解説 ー「デジタルの日」

デジタルとアナログの違いやデジタル化のメリットをかんたん解説 ー「デジタルの日」)

2021年9月1日に社会全体でデジタル化の進展を目的としたデジタル庁が発足し、2021年10月10日・11日に「デジタルの日」が創設されました。とはいっても、私たちの生活の中でどのようなモノが“デジタル化”されているのでしょうか。

デジタルを少しでも身近に感じてもらえるように、アナログとデジタルの違いやデジタル化のメリットを紹介します。

今年の10月10日・11日は「デジタルの日」
10月10日・11日は「デジタルの日」

2021年に発足されたデジタル庁が創設した、年に一度のデジタルの記念日で、デジタルを表現する「1(イチ)」と「0(ゼロ)」を組み合わせてこの日になったそうです。定期的に「振り返り」「体験」「見直し」をするための機会を設けて、「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」を実現するためにどうすれば良いのか考える日です。ソフトバンクも賛同企業として参画しています。

あなたは説明できますか? デジタルとアナログの違いを解説

あなたは説明できますか? デジタルとアナログの違いを解説

アナログと聞くとノートや黒電話といった「昔ながらのモノ」、一方デジタルは機械やデータ、コンピューターといった「新しいモノ」をイメージしていませんか?

実は、本来アナログとは“連続的”“流動的”な状態のこと。アナログは常に動いている情報をそのままの状態で扱うのに対して、デジタルは“段階的”に情報を切り取り、区切った状態で扱います。

アナログとデジタルの大きな違いは、データが連続的に流れている状態で表されているか、段階的に区切られた状態で表されているかどうか

アナログとデジタルのメリット・デメリット

  メリット デメリット
アナログ
  • 曖昧なものをそのまま表現
  • 感覚的に理解できる
  • 豊かな表現
  • データをそのまま残しづらい
  • データの再現/復元が難しい
  • 劣化しやすい
  • 情報量が多い
デジタル
  • より正確でエラーが少ない
  • 暗号化しやすくデータをより安全に扱える
  • 再現/復元ができる
  • 微細なニュアンスを再現するのが難しい

デジタルは、一定の数値ではっきりと区切りをつけるため、「あるか/ないか」「マルかバツか」といったように、中間部分を省いた状態で情報を表します。一方で、アナログは常に変動している情報をそのまま表すことができるため、元の情報を本来のかたちに近い状態で表現することができます。

もちろん、アナログの良さもあるのですが、インターネットの登場による通信データや情報量の増加や携帯電話の普及による電波(周波数)のゆとりがなくなったことで、デジタル化の必要性が高まりました。また、音楽、映像、書籍などもデジタル化することで、情報量がコンパクトになり、ネットワーク上でやりとりすることが容易になり、いつでも利用できるようになったんです。

デジタルの世界で使われているのは、たった2つの数字

デジタルの根幹「0」「1」を使った、2進法と2進数とは

デジタルの世界は「0」と「1」しか存在しません。すべての情報がこの組み合わせで表現されています。こうした数の表し方をを「2進法」といい、“2つで1組” “2つから成り立つこと”を意味しているんです。例えば、電気信号をOFF=0、ON=1で表すように、電気信号が「届くか」「届かないか」の2つの状態を表すのに適しているため、コンピューター(手順に従って自動的に計算を行う機械の総称)の計算に用いられています。

数字の1〜5を表す場合、すべて「0」と「1」の組み合わせでケタを繰り上げながら表現するため、0=0、1=1、2=10、3=11、4=100、5=101… となります。

デジタルの根幹「0」「1」を使った、2進法と2進数とは

テキストをデジタル情報に変換すると、こんな感じに……。

携帯電話もアナログ方式からデジタル方式へ。1G→2Gで変わったこと

携帯電話もアナログ方式からデジタル方式へ

携帯電話も元をたどればアナログでした。肩にかけて運べるショルダーフォンなどに代表される1G(第1世代移動通信システム)では音声通話が中心であり、音声をアナログ変調方式で電波にのせて伝達する通信方式が採用されていました。その後、利用者が増えるにつれ、周波数利用の効率化が求められるようになります。1993年の2G(第2世代移動通信システム)の登場により、デジタル技術が採用されると、データの符号化や圧縮が可能になり、通信に必要な周波数帯域を大幅に減らすことができるようになりました。

その後、パケット通信技術の実現に伴い、データ通信サービスも本格的に始まり、インターネット接続サービスの開始や、ガラケーからスマートフォンへの進化につながっていったのです。

(参照元:総務省「移動通信システムの進化とその影響」

なぜアナログからデジタルへ? 携帯電話の歴史

例えば、携帯電話の音声も「コーデック(アナログをデジタルデータに圧縮・変換する仕組みのこと)」でアナログの音波をデジタルデータに変換することで、ノイズがないクリアな音声の実現や、音声情報の暗号化によるセキュリティーの安全性の向上につながりました。

他にも、デジタル化されたモノがたくさん

  • アナログカメラ→デジタルカメラ
  • 手書きアニメ・マンガ→CG(コンピュータグラフィックス)
  • レポートや資料(紙→コンピューター上のドキュメント)
  • アナログ放送→地上デジタル放送
  • 手紙・メモ→チャット・メモアプリ
  • レコード/テープ→CD
  • アナログラジオ→デジタルラジオ/ポッドキャスト

モノをデジタル化すると、物理的に重さがなくなる、検索しやすくなる、情報をスピーディーに届けるなどのメリットも。また、エンタメなどのクリエイティブな業界では多彩な表現ができるようになりました。

ハンコもデジタル化へ
ハンコもデジタル化へ

日本に住んでいれば誰でも持っているハンコも、デジタル化が進んでいます。ソフトバンクでは押印電子化プロジェクトに取り組んでいます。
場所に縛られない働き方へのさらなる前進。ソフトバンクの押印電子化プロジェクト

いかがでしょうか? アナログならではの良さもありますが、デジタルは私たちの生活をより便利に、豊かにしてくれます。少しでもデジタルを身近に感じてもらえるとさいわいです。

(掲載日:2021年10月5日)
文:ソフトバンクニュース編集部

デジタルの日に向けた、ソフトバンクの取り組み

ソフトバンク デジタルの日に向けた、ソフトバンクの取り組み
ソフトバンクは「デジタルの日」の趣旨に賛同し、デジタルに触れていただくきっかけとなる取り組みを実施します。
「デジタルの日」の取り組みをみる
ソフトバンク デジタルの日に向けた、ソフトバンクの取り組み
デジタルの日をきっかけにデジタルを「振り返り」「体験」「見直し」するためのトピックスをご紹介します。
特集記事をみる