SNSボタン
記事分割(js記載用)

Jアラートを知らせるサイレン音が鳴った。あなたが取るべき行動は? ー防災行動ガイド

Jアラートを知らせるサイレン音が鳴った。災害時の対策と事前の備え -防災行動ガイド

街を歩いていると、突然スマホから「Jアラート」によるサイレン音が…。どうやら、隣国で発射されたミサイルが、日本の方向に飛んでくる可能性があるようです。もしあなたが同じような状況に置かれたら、一体どうすればいいのでしょうか?

正しい知識とすぐにできる小さな行動が防災意識を高め、あなたとあなたの大切な人を救います。

今回は、Jアラートを知らせるサイレン音が鳴ったときの対処法などをご紹介。

この災害テーマのポイント

Jアラートを知らせるサイレン音が鳴った。災害時の対策と事前の備え -防災行動ガイド

  1. 「Jアラート」は、国からの緊急情報を住民へ瞬時に伝えるシステム
  2. 頑丈な建物や地下へ避難。建物がなければ、溝や穴、物陰に身を隠す
  3. 家庭備蓄など地震への備えは、その他の災害対策にも有用

Jアラートを知らせるサイレン音が鳴った。災害時の対策と事前の備え -防災行動ガイド

この災害テーマのポイント

  1. 「Jアラート」は、国からの緊急情報を住民へ瞬時に伝えるシステム
  2. 頑丈な建物や地下へ避難。建物がなければ、溝や穴、物陰に身を隠す
  3. 家庭備蓄など地震への備えは、その他の災害対策にも有用

目次

リスク:「Jアラート」の数分後にミサイルが日本に落ち、窓ガラスの破片が銃弾のような速さで飛び散る危険性も

「Jアラート(全国瞬時警報システム)」とは、国からの緊急情報を、人工衛星を用いて市区町村の防災行政無線や携帯メールなどで、住民へ瞬時に伝えるシステムです。Jアラートで発信される情報には、弾道ミサイル情報や大規模テロ情報などの「国民保護に関する情報」、緊急地震速報、大津波警報などの「自然災害に関する情報」があり、伝達される情報によってサイレン音やメッセージが異なります。

日本に向けて弾道ミサイルが発射された場合

ミサイルが着弾すると、すさまじい衝撃波と爆風が起きて窓ガラスなどが割れ、その破片が銃弾のような速さで飛び散るといわれています。また、ミサイルの中に、化学兵器や核爆弾が積まれている可能性もあります。

ミサイル発射から日本通過まで、10分程度だったことも

2016年2月に北朝鮮から発射された弾道ミサイルは、発射から約10分後には、約1,600km離れた沖縄県先島諸島上空を通過しました。このように弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で日本に飛来する可能性があるため、迅速な避難・対応が必要です。

対処法:頑丈な建物や地下へ避難。近くに建物がなければ、溝や穴、物陰に身を隠す

Jアラートを知らせるサイレン音が鳴った。災害時の対策と事前の備え -防災行動ガイド

① Jアラートが鳴ったときのアクション

屋内にいる場合

できるだけ窓から距離を置く、または窓のない部屋へ移動。地下があれば、地下へ避難する。木造の建物にいる場合は、近くの頑丈な建物へ避難する

屋外にいる場合

頑丈な建物の中へ移動。できれば地下街など地下に入る。近くに建物がない場合は、溝や穴、物陰などに身を隠す。地面に伏せ、頭部を守る

車を運転中

ゆっくりと減速して道路の左側に止める(近くに地下駐車場があれば地下に駐車)。キーを外さず、ロックをせずに車から離れ、地下や頑丈な建物に避難

電車に乗車中

地下鉄の場合は、慌てずにそのまま待機。屋外を走る電車の場合は、窓から離れた中央に移動し、低姿勢で頭を両手で覆う

② 近くにミサイルが落下したときのアクション

Jアラートを知らせるサイレン音が鳴った。災害時の対策と事前の備え -防災行動ガイド

屋内にいる場合

ミサイルには化学兵器などが搭載されている可能性もあるため、口と鼻をハンカチで覆いながら現場からただちに離れ、密閉性の高い屋内や風上へ避難する

屋外にいる場合

危険物を吸入しないよう、エアコンや換気扇はストップ。窓を閉め、目張りをして屋内を密閉する

また、街中でパニックに陥ると、押し合って将棋倒しになる恐れもあるため、むやみに走り回ったりせず、落ち着いて行動することが大切。身の安全を確保できたら、政府や自治体、報道機関など、複数の媒体から情報を収集しましょう。

内閣官房 国民保護ポータルサイト「弾道ミサイル落下時に取っていただきたい行動の例(避難訓練の場面から)」

事前の備え:備蓄など「地震への備え」は多くの災害対策に有用。シミュレーションの習慣化も

事前の備え:備蓄など「地震への備え」は多くの災害対策に有用。シミュレーションの習慣化も

物資がなくなる可能性があるため、水・食料などの備蓄はとても有用。同様に、緊急時における家族との安否確認手段を決めておくこと、通勤・通学路にある一時滞在施設を確認しておくこと、ガラスに飛散防止フィルムを貼っておくことも、ぜひ押さえておきたい備えです。

初めて訪れる場所では、「この建物の避難口はどこか?」「もしここで被災したら、どんなアクションを取るべきか?」などと意識するクセをつけましょう。

Jアラートを知らせるサイレン音が鳴ったときに役立つサービス・ウェブサイト

① 内閣官房 国民保護ポータルサイト

内閣官房 国民保護ポータルサイト

「内閣官房 国民保護ポータルサイト」より

弾道ミサイル落下時の行動や、弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&Aなど公開するサイト。警報のサイレン音を確認することもできます。

② 緊急速報メール

緊急速報メール

気象庁が配信する緊急地震速報や気象などに関する特別警報、国・地方公共団体が配信する災害・避難情報などを、回線混雑の影響を受けずにスマホに発信するサービス。Jアラートの配信も。

③ Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報

地震・豪雨・津波や、Jアラートの情報を知らせてくれるアプリ。パソコンやケータイの場合は、設定した地域の情報をメールで通知。スマホの場合は、アプリをダウンロードして設定すると、位置情報を利用した現在地と、あらかじめ設定しておいた3地域の情報を、プッシュ通知で受け取ることができます。

④ 安否確認手段に災害用伝言板/災害用音声お届けサービス

安否確認手段に災害用伝言板/災害用音声お届けサービス

大規模災害などで音声発信が集中してつながりにくくなった際に、安否情報を確認できるサービスです。無料で使えて、事前の申し込みも必要ありません。

⑤ 東京都防災マップ

東京都防災マップ

東京都内の一時滞在施設や避難所、避難場所、災害時帰宅支援ステーションの場所を探すことのできるウェブサイト。ご自宅や職場の近くにある施設をあらかじめチェックしておくと、いざというときに困りません。

監修者:防災講師・防災コンサルタント 高橋 洋(たかはし・ひろし)

高橋洋先生

1953年、新潟県長岡市生まれ。1976年、練馬区に就職し、図書館、文化財、建築、福祉、防災、都市整備等に従事。1997年より防災課係長として、地域防災計画、大規模訓練、協定等に携わる。現在は、防災講師・コンサルタントとして、自治体等で講演、ワークショップ指導などを行う傍ら、復興ボランティアの一員として、福島県南相馬市小高区等で活動。防災関係著書・論文、防災関係パンフレット類監修多数。

(掲載日:2020年3月30日)
監修:高橋洋先生
文:内藤マスミ
編集:エクスライト
イラスト:高山千草