SNSボタン
記事分割(js記載用)

250名の小中学生が白熱プレー!今年も開催「SoftBank 東北絆CUP 2019」大会レポート(バスケットボール編)

【バスケットボール】250名の小中学生が白熱プレー!今年も開催「SoftBank 東北絆CUP 2019」大会レポート

東日本大震災の復興支援活動の一つとして、昨年初めて開催された「SoftBank 東北絆CUP」。
小中学生のスポーツや文化活動を応援するイベントとして、のべ1,000人もの小中学生が参加し、開催されました。

2回目となる今年は、卓球と自転車が新たに加わった6競技が、被災した岩手県、宮城県、福島県の3県で開催されます。7月14日に先陣を切ったのは、バスケットボール大会。どんな大会になったのか、その模様をレポートします!

東北3県の仲間との絆を広げる場に

開会式には、B.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ) 大河正明チェアマンなど、各種目からの来賓が参列。

大会実行委員長を務めるソフトバンク株式会社 代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの榛葉淳は、「出会いや絆は未来につながる素晴らしいもの。たくさんの仲間と交流して東北3県で絆を広げてほしい」とあいさつし、開会を宣言しました。

榛葉による開会宣言

プロの舞台で、地域を超えた交流を

7月14日に行われたバスケットボール大会には、3県から集まった約250名の小中学生が参加。

個人参加の混成チームを含め、中学生男女11チームで競った親善試合は、事前に専門コーチから遠隔指導を受けていた子どもたちの実践の場にもなりました。また、試合の間には現役・元プロバスケットボール選手たちから直接指導を受けるクリニックの時間や、岩手ビッグブルズのブルゾーとダンスレッスンを受けた小学生が、観衆の前でダンスを披露するなど、各会場で盛り上がりをみせていました。

東北絆CUP混成チームの大奮闘!

地域を超えて繰り広げられる白熱した試合

バスケットボール体験ではプロ選手との交流も

ゲストアスリートとして元日本代表の中川さんもバスケットボール体験に参加

「口に出した夢は強い」がテーマの夢授業

元日本代表の渡邉さんによるクリニック

大きな会場でめいっぱいプレー

表彰式では、終日イベントに参加してくれた元日本代表 渡邉拓馬さん、元日本代表 中川聴乃さん、岩手県文化スポーツ部部長の菊池哲さん、大会実行副委員長の池田昌人よりトロフィーやメダルが手渡されました。また、優勝したチームには、有名アスリートによる1日特別コーチの特典が授与されました。

男子優勝:東北絆CUP混成チーム、女子優勝:いわき市立泉中学校

参加アスリートのコメント

渡邉拓馬さん

元バスケットボール日本代表(5人制)、現3×3プロバスケットボール選手

このイベントをきっかけにバスケットの魅力とスポーツの楽しさを知ってもらって、将来の夢につなげてほしいと思います。そして周りの方への感謝を忘れず、この先も自分が決めた道を歩いてください。

中川聴乃さん

元バスケットボール日本代表(5人制)

小さい目標でも夢でもいいので、何か一つでも二つでも見つけていくことを大事にしてほしいなと思います。そうすることで、どんなにつらいことがあっても乗り越えていく強さが出てくると思うので、怖がらずにどんどんいろんなものにチャレンジして自分の可能性を信じていってほしいなと思います。あとはどんなことも楽しむ気持ちを忘れないでください!

次は8月10日に開催される野球大会です!

その後も、サッカー、自転車、卓球、吹奏楽の模様をレポート予定。

会場は種目ごとに各県に設けられ、自由ご観覧いただけます。参加する子どもたちはもちろん、保護者や地域住民の皆さんもぜひ会場へ足を運んでくださいね。

「SoftBank 東北絆CUP」とは?

SoftBank 東北絆CUP

「SoftBank 東北絆CUP」は、東日本大震災の復興支援の一環として2018年から開催。スポーツ(バスケットボール・野球・サッカー・自転車・卓球)、文化活動(吹奏楽)に励む東北の子どもたちが、親善試合や舞台発表、プロアスリートや専門家からの指導を通じて、精いっぱい楽しみ、互いに交流を深められる機会となっています。

スポーツ・文化活動を被災地の子どもたちへ。「SoftBank 東北絆CUP」にかける思い

スポーツ・文化活動を被災地の子どもたちへ。「SoftBank 東北絆CUP」にかける思い

「SoftBank 東北絆CUP」をチェック!

(掲載日:2019年8月2日)
文:ソフトバンクニュース編集部