SNSボタン
記事分割(js記載用)

今年も開催「SoftBank 東北絆CUP 2019」大会レポート!(自転車)

【バスケットボール】250名の小中学生が白熱プレー!今年も開催「SoftBank 東北絆CUP 2019」大会レポート

東日本大震災の復興支援活動の一つとして、昨年初めて開催された「SoftBank 東北絆CUP」。小中学生のスポーツや文化活動を応援するイベントとして、のべ1,000人もの小中学生が参加しました。

2回目となる今年は、新たに卓球と自転車が加わった全6競技が行われます。被災した岩手県、宮城県、福島県の3県で開催された大会の模様をレポートします!

東北3県の仲間との絆を広げる場に

2019年7月14日に先陣を切ったバスケットボール大会の開会式には、B.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ) 大河正明チェアマンなど、各種目からの来賓が参列。

大会実行委員長を務めるソフトバンク株式会社 代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの榛葉淳は、「出会いや絆は未来につながる素晴らしいもの。たくさんの仲間と交流して東北3県で絆を広げてほしい」とあいさつし、開会を宣言しました。

榛葉による開会宣言

250名の小中学生が白熱プレー! バスケットボール大会

岩手県、宮城県、福島県の3県から約250名の小中学生が参加したバスケットボール大会。

個人参加の混成チームを含め、中学生男女11チームで競った親善試合は、事前に専門コーチから遠隔指導を受けていた子どもたちの実践の場にもなりました。また、試合の間には現役・元プロバスケットボール選手たちから直接指導を受けるクリニックの時間や、岩手ビッグブルズのブルゾーとダンスレッスンを受けた小学生が、観衆の前でダンスを披露するなど、各会場で盛り上がりをみせていました。

東北絆CUP混成チームの大奮闘!

地域を超えて繰り広げられる白熱した試合

バスケットボール体験ではプロ選手との交流も

ゲストアスリートとして元日本代表の中川さんもバスケットボール体験に参加

「口に出した夢は強い」がテーマの夢授業

元日本代表の渡邉さんによるクリニック

大きな会場でめいっぱいプレー

表彰式では、終日イベントに参加してくれた元日本代表 渡邉拓馬さん、元日本代表 中川聴乃さん、岩手県文化スポーツ部部長の菊池哲さん、大会実行副委員長の池田昌人よりトロフィーやメダルが手渡されました。また、優勝したチームには、有名アスリートによる1日特別コーチの特典が授与されました。

男子優勝:東北絆CUP混成チーム、女子優勝:いわき市立泉中学校

参加アスリートのコメント

渡邉拓馬さん

元バスケットボール日本代表(5人制)、現3×3プロバスケットボール選手

このイベントをきっかけにバスケットの魅力とスポーツの楽しさを知ってもらって、将来の夢につなげてほしいと思います。そして周りの方への感謝を忘れず、この先も自分が決めた道を歩いてください。

中川聴乃さん

元バスケットボール日本代表(5人制)

小さい目標でも夢でもいいので、何か一つでも二つでも見つけていくことを大事にしてほしいなと思います。そうすることで、どんなにつらいことがあっても乗り越えていく強さが出てくると思うので、怖がらずにどんどんいろんなものにチャレンジして自分の可能性を信じていってほしいなと思います。あとはどんなことも楽しむ気持ちを忘れないでください!

東北の仲間と白球を追いかける! 野球大会

8月10日に宮城県の仙台市民球場で開催された野球大会には、岩手・宮城・福島の3県から約200名の小・中学生が参加。個人参加の子どもたちによる混成チームを加えた中学生4チームによるトーナメント戦が行われ、元気なプレーと笑顔あふれる一日となりました。

大きな球場で目いっぱいのプレーが連発

普段会うことの少ない地域のチームとの試合に、最初は少し緊張した様子が見られた子どもたちも、試合が始まると大きな声を出し、全力プレーで挑んでいました。仲間がヒットを打てば大きな歓声を上げ、ピンチを迎えたときには互いに声を掛け合うなど、球場は常に熱気に溢れていました。

決勝に勝ち進んだ鳴瀬未来中学校(宮城県東松島市)と大船渡中学校(岩手県大船渡市)の試合は、初回に大船渡中が1点を先制すると、3回に鳴瀬未来中が3点を取り逆転。粘る大船渡中は最終回に1打同点のチャンスをつくるも、最後は鳴瀬未来中が逃げ切り、優勝を手にしました。

大船渡中vs混成チーム

元気よく飛び出す混成チーム

投打に躍動する中学生たち

決勝は鳴瀬未来中vs大船渡中

優勝した鳴瀬未来中のナインたち

憧れの元プロ野球選手から直接指導!

試合の合間には、東北出身で元福岡ソフトバンクホークスの摂津正さんや、元読売ジャイアンツ選手川相昌弘さん、元東京ヤクルトスワローズ川崎憲治郎さんなど9名の元プロ野球選手によるクリニックを開催。小・中学生たちに直接指導を行いながら交流をしました。また、中学生対象のクリニック後半に行われたサバイバルノックでは、元プロ選手によるノックを懸命に受け続け、最後まで残った中学生に記念品が贈呈されました。

元プロ野球選手からの熱血指導

選手たちの指導にも熱が入る

西山さんによる熱い捕手講座!

子どもたちとの交流を楽しむ

サバイバルノックでは一生懸命ボールにくらいつく

サバイバルノック優勝は泉中学校 市村春人さん

小学生を対象にした摂津さんによる夢教室も行われました

指導を終えて

摂津正さん

元福岡ソフトバンクホークス選手 摂津正さん

「こういう機会はなかなかないので、そこに参加できたことは良かったです。『SoftBank 東北絆CUP 2019』は今年で2回目ですが、これから10年20年と続いていってほしいですね。これがきっかけで、子どもたちに野球に興味を持ってもらえれば嬉しいです」

川相昌弘さん

元読売ジャイアンツ選手 川相昌弘さん

「子どもたちは本当に純粋で、夢や希望をもって野球を始めているので、少しでもそのお手伝いが出来ればいいと思っています。東北はメジャーリーガーの大谷翔平選手や大船渡高校の佐々木朗希投手といった逸材が出ているので楽しみですね。僕自身、こういう野球教室に初めて参加しましたが、これから野球人口増加に微力ですが力になりたいと思っています」

サッカーの聖地で仲間と共にゴールを決める! サッカー大会

8月24日に開催されたサッカー大会。かつて日本代表合宿などが行われていた「Jヴィレッジ」での開催です。2011年3月の東日本大震災以降、サッカー施設としての営業は休止していましたが、2018年7月28日に再始動。日本サッカーの聖地とも言える場所に、小中学生合わせて約250名の子どもたちが再び集結しました。

サッカーの聖地・Jヴィレッジに集まった子どもたち

サッカー大会には中学生の男女混成7チーム(一部女子部員含む)に加え、個人参加の子どもたちによる「東北絆CUP2019混成チーム」の計8チームが参戦。Jヴィレッジの鮮やかなグラウンドの上で熱戦が繰り広げられました。

六郷中 vs 石神中

原町二中 vs 平二中

宮城野中 vs 磐崎中

原町二 vs 台原中

平二中 vs 東北絆CUP2019混成チーム

試合前に桜井コーチからの指示を受けるのは、当日初めて出会った仲間と結成された絆混成チームのメンバーたち

午後のグランドセレモニーからはゲストアスリートも参加。
元日本代表の福西崇史さんや、「野人」の愛称でも親しまれた岡野雅行さんらが参加し、子どもたちにサッカー教室を開きました。

アスリートの指導を熱心に聞く子どもたち

小学生サッカー教室では、ミニゲームも開催!

中学生向けサッカー教室はより実践的な内容を指導

その驚異的な走りから「野人」と呼ばれた岡野さんと中学生の走力勝負!

その勝負の行方は…?

トーナメント決勝戦は、仙台市立六郷中学校と東北絆CUP2019混成チームの対決となりました。
PK戦までもつれる熱戦を制したのは六郷中学校の皆さん。表彰式では、優勝カップを掲げ、声援に応えていました。

子どもたちを指導したゲストアスリートのコメント

元サッカー日本代表 福西崇史さん

常にいろんなことがある中で一生懸命立ち向かう力、仲間と協力することで成し遂げられる力が大切だと思っています。サッカーを通じてチャレンジしながらそういった力を身に着けてもらいたいです。

元サッカー日本代表 岡野雅行さん

サッカーというのは一人ではできないスポーツ。コミュニケーションや絆をもってみんなで一つになって頑張ろうという思いが大切。それはサッカーだけじゃなくて生きていく上でも大切なので、みんなを信じて・認めて・感謝をもって何をやるにもやってほしいし、何よりも楽しくやるということを一番のテーマにしてほしいですね。

元サッカー日本代表 福永泰さん

僕たちは人との関わりの中で生活をしているので、人とのつながりをより深くしながら、自分たち自身が楽しめるという時間をつくっていってほしいなと思います。サッカーを通じてたくさんの人とつながれるように、これからも子どもたちにはいろいろなことに取り組んでいってもらいたいです。

「ツール・ド・東北 2019」で、自然を満喫できるコースを疾走! 自転車大会

9月15日に開催された「ツール・ド・東北」。
「ツール・ド・東北」とは、2013年より株式会社河北新報社とヤフー株式会社が、東日本大震災の復興支援と震災の記憶を残していくことを目的にしたファンライドイベントです。今年は、「SoftBank 東北絆CUP」から、絆チームを編成して参加しました。

挑戦したのは、石巻発65㎞の「女川(おながわ)・雄勝フォンド」。
距離は「ツール・ド・東北」で用意されている5コース中、一番短いものの、山あいや海沿いを走りながら景色を堪能でき、復興に向かう東北の今を確認できるコースとなっています。

スタート前に須田コーチからの事前指導、走行チェック!

絆チームのライダーは、中学生と保護者の10ペア20人と高校生5人の25人。
はじめに自転車競技プロコーチの須田晋太郎さんから事前指導を受けます。須田さんは、大会開催まで遠隔指導コーチとしてサポートしていただいていましたが、皆さんと会うのはこの日が初めて。これまでに須田コーチから指摘されたことなどを改善して、ライドに臨みます!

また、今回サポートライダーとして、ソフトバンクグループの自転車部がボランティアとして参加し、ゼッケンの付け方や走行中の手信号など、絆チームのライダーへ教えるなど多方面で協力しました。

長距離走が今回初のライダーもいるので、須田さんから「頑張り過ぎないこと」などアドバイス

チームの絆も深まり、いざスタート!

スタートが待ち遠しいチームメンバー。お揃いで付けた「SoftBank 東北絆CUP」のリストバンドが晴天に映えます!

午前9時半から女川・雄勝フォンドの参加者が順次スタート。ゲートに集まった人たちの声援に背中を押され、絆チームのライダーも手を振りながら自転車を走らせます。この頃には、チームの仲もグッと深まり、息の合ったスタートをきりました。

声援に見送られながら笑顔でスタート!

途中の女川ASではサンマのすり身汁で一休み

約550mの登りから始まる女川・雄勝フォンド。8年前よりも緑が多くなった海沿いや山間の道では、脇を通り抜ける車に注意しながら一列で走行します。この日は青空が眩しい好天に恵まれたものの30度近くになったこともあり、先頭のサポートライダーは、後ろを走る中学生ライダーなどの様子を見ながらペース配分に気を配っていました。

「ツール・ド・東北」のもう一つの楽しみは、地元ならではの食が楽しめる「エイド食」。全国有数のサンマの水揚げを誇る女川では、地元の皆さんが作る名物のサンマのすり身団子の入ったすり身汁を堪能しました。

更に、雄勝(おがつ)ASでは、ホタテを焼き台で豪快に殻ごと焼くホタテや地元のお母さんたちが握ったおむすびを、河北(かほく)ASでは、平椀(ひらわん)という、この地域に伝承されている精進料理に舌鼓。汗をかいたライダーの皆さんの身体を気遣い、少し濃いめの味付けになっているのだとか。

青空の下でいただくつみれ汁がうまい!

福島から参加した親子ライダー。お母さんの影響で自転車を始めたそうです!

女川ASでは、地元の人たちが大漁旗を振って歓迎。

出発から4時間後、チームごとに続々とゴール!

女川AS、雄勝AS、河北ASの3つのエイドで休憩をとりつつ、出発から約4時間後にゴール。
棄権やけが無く、無事に皆さん完走しました!

横に並んでみんなでゴールはファンライドならでは

絆チームのライダーに走行を終えた感想を聞いてみました。

今回唯一の中学生女子ライダーの鈴木理智さんは「登り坂が大変だったけれど無事完走できてうれしかったです。また来年も参加したい」と話してくれました。

また、震災以降初めて女川地域を訪問したライダーは、「昔と景色が随分変わっていて驚いた。海沿いの家はなくなってしまったが、海から少し離れた沿道では住民の方がずっと旗を振って応援してくれて、勇気づけられるとともに、自分も何かできることはないかと考える日になりました」と感想を述べてくれました。

最後に、お互いの健闘を称えながらの記念撮影。
スタート前と比べて、笑顔と日焼けが目立っていました。
皆さん、お疲れさまでした。

(更新日:2019年10月8日、掲載日:2019年8月2日)
文:ソフトバンクニュース編集部

「SoftBank 東北絆CUP」とは?

SoftBank 東北絆CUP

「SoftBank 東北絆CUP」は、東日本大震災の復興支援の一環として2018年から開催。スポーツ(バスケットボール・野球・サッカー・自転車・卓球)、文化活動(吹奏楽)に励む東北の子どもたちが、親善試合や舞台発表、プロアスリートや専門家からの指導を通じて、精いっぱい楽しみ、互いに交流を深められる機会となっています。

スポーツ・文化活動を被災地の子どもたちへ。「SoftBank 東北絆CUP」にかける思い

スポーツ・文化活動を被災地の子どもたちへ。「SoftBank 東北絆CUP」にかける思い

「SoftBank 東北絆CUP」をチェック!