プレスリリース 2007年

通信障害について

2007年11月15日
ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では、下記の期間およびエリアで発着信があった一部の音声通話において、一定の時間が経過すると自動的に切断される事象が発生しておりました。現在、不具合が発生していた基地局の制御装置のソフトウエアをアップグレードし、当事象は解消しております。

なお、自動切断が発生した通信の特定をすすめており、対象のお客さまには個別にご連絡いたします。お客さまには大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。

事象
対象エリアの一部地域において、第3世代(3G)携帯電話で発着信した一部の音声通話が、21分5秒前後経過した時点で自動的に切断される。
発生日時
2007年9月24日(月)午前7時19分頃~2007年10月5日(金)午前4時38分
対象となるエリア
大阪府大阪市(旭区、北区、城東区、中央区、鶴見区、西区、東淀川区、都島区、淀川区)、茨木市、門真市、吹田市、摂津市、豊中市、寝屋川市、守口市の周辺を含む一部地域

以上


  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。