業績予想

連結業績予想

2022年3月期の連結業績予想については、モバイル料金の値下げ影響を織り込みながらも、法人事業やヤフー事業の成長等に加え、グループシナジーを含め徹底したコスト削減を行うことにより、引き続き増収増益を見込んでいます。

(億円)
2021年3月期実績 2022年3月期予想 増減 増減率
売上高 52,055 55,000 +2,945 +5.7%
調整後EBITDA※1 17,148 17,300 +152 +0.9%
営業利益 9,708 9,750 +42 +0.4%
純利益※2 4,913 5,000 +87 +1.8%
[注]
  1. ※1
    調整後EBITDA=営業利益+減価償却費及び償却費(固定資産除却損含む)+株式報酬費用±その他の調整項目
  2. ※2
    純利益:親会社の所有者に帰属する純利益(ソフトバンクの株主に帰属する純利益)

セグメント別 営業利益予想

コンシューマ事業では、スマートフォン契約数の増加を見込む一方で、モバイル料金の値下げによる減益を見込んでいます。法人事業では、お客さまのデジタル化推進に伴いモバイルおよびソリューションサービスに係る利益の増加を見込んでいます。流通事業では、サブスクリプションサービスの拡大による増益を見込んでいます。ヤフー事業では、LINE株式会社子会社化に伴う無形資産の償却等を見込む一方で、コマース事業などの成長を見込んでいます。

(億円)
2021年3月期実績 2022年3月期予想 増減額 増減率
コンシューマ事業 6,586 6,420 △166 △2.5%
法人事業 1,077 1,280 +203 +18.8%
流通事業 223 225 +2 +0.9%
ヤフー事業、その他※3 1,822 1,825 +3 +0.2%
合計 9,708 9,750 +42 +0.4%
[注]
  1. ※3
    「その他」には、「コンシューマ」、「法人」、「流通」および「ヤフー」の報告セグメントに含まれない情報や、セグメント間取引の消去、各報告セグメントに配分していない費用を集約した「調整額」が含まれています。