ソフトバンク
グループ内での位置付け

ソフトバンクは、通信事業を軸に
情報革命に挑む事業会社です。

ソフトバンクは、戦略的持株会社であるソフトバンクグループの中心的役割を担う事業会社として、AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)・ロボットなどの最先端テクノロジーを活用し、情報革命の新たなステージに向けた挑戦を続けています。従来の通信会社のビジネスモデルを超えて、国内外のグループ各社との事業シナジーを追求しながら幅広い領域へ機動的に事業を展開し、さまざまな産業分野において革新的なサービスを提供しています。

ソフトバンクグループ内での位置付け 企業情報

これまでの歩み

ソフトバンクは、
革新的なサービスを通じて、
国内通信市場の発展に
貢献してきました。

ソフトバンクのアイデンティティは、現在の親会社であるソフトバンクグループの中心的な事業として成長する過程で形成されてきました。ソフトバンクグループは、2001年にブロードバンド事業に参入し日本の通信インフラを大きく変革し、さらに2006年にボーダフォン日本法人を買収してモバイル通信事業に参入しました。そして、2015年にグループ内4社で営んでいた通信事業を統合し現在のソフトバンクの姿となりました。これまでの歩みは、最先端のテクノロジーを活かし、快適で利便性の高い通信サービスを幅広く提供してきた歴史と言えます。

2007年には日本初の音声定額プランとして人気を集めたホワイトプランを開始し、2008年にはスマートフォンの普及を見据えてiPhoneの独占販売を開始するなど、お客さま視点にたった革新的なサービスを生み出し、日本の通信サービスの発展をリードしながら、着実に成長してきました。これからも、未来を見据えたイノベーションに取り組み、より多くのお客さまに満足いただけるサービスを提供し、お客さまに好かれ続けるソフトバンクを目指していきます。

2001年

「Yahoo! BB」提供開始

日本のインターネットは遅くて料金も割高と言われていた時代に、当時世界で最も高速で最も安いインターネットサービスとして提供を開始し、日本のインターネットの普及に大きく貢献しました。

2007年

ホワイトプラン提供開始

1時から21時までの時間帯「SoftBank」同士の通話が無料となる音声通話定額プラン「ホワイトプラン」を打ち出しました。当時の日本の通信業界では革命的な取り組みであり、数多くのお客さまにご好評いただきました。

2008年

iPhone独占販売開始

早くから米Apple Inc. 創業者 スティーブ・ジョブズ氏の先見性に注目していた当時の社長 孫 正義は、彼に直談判し、iPhone3Gの日本における独占販売を成功させました。これは、日本のiPhoneブームを引き起こす大きなきっかけとなりました。

2014年

新ブランド展開

多様化するお客さまのニーズに応えるため、メインブランドの「SoftBank」に加えて、低価格のサブブランド「Y!mobile」の展開を開始しました。「SoftBank」は大容量データプランで思う存分スマートフォンを楽しみたいお客さまに選ばれる一方で、「Y!mobile」は月々の費用を抑えつつ快適にスマートフォンを利用したいお客さまから支持されています。

2015年

「SoftBank 光」開始

光ファイバー網を利用した家庭向け高速インターネットサービス「SoftBank 光」の提供を開始しました。また、ブロードバンドサービスとモバイル通信サービスをセットで契約されたお客さまにモバイル通信サービス料金を割り引く「おうち割 光セット」を開始し、多くのお客さまにご加入いただいています。

2016年~

大容量データプラン展開

スマートフォンでインターネットや動画を楽しみたいお客さまに、ストレスフリーでお使いいただくためのプランとして、20GBのデータ容量を毎月使えるデータ定額サービス「ギガモンスター」を開始しました。また、2017年には50GBの「ウルトラギガモンスター」、2018年には50GBに加えて、対象の動画とSNSが使い放題となる「ウルトラギガモンスター+(プラス)」など、さまざまなデータプランを展開してきました。

2018年~

新ブランド展開

LINEモバイルとの資本・業務提携により、「SoftBank」、「Y!mobile」に続く第3のブランド「LINEモバイル」の展開を開始しました。「LINE」をはじめとする主要SNSや音楽サービス「LINE MUSIC」が使い放題のプランが特徴の「LINEモバイル」はオンラインでのお客さまとの接点に強みを持ち、SNSを頻繁に使う若者を中心に高い支持を得ています。

沿革

事業内容

ソフトバンクは、
3つの主要な事業分野と
それ以外の領域で
多様なニーズにお応えしています。

ソフトバンクは、「コンシューマ事業」、
「法人事業」、「流通事業」の
3つの主要な事業と
それ以外の領域で事業を展開しています。

売上高シェア率 売上高 3兆5,826億円 2018年3月期 コンシューマ 73% 法人 17% 流通 9% その他 2%

 

 

売上高は、2018年度からはIFRS第15号を適用しており、2017年度の計数はIFRS第15号を遡及適用して掲載しています。共通支配下の取引は、ソフトバンクグループ(株)による被取得企業の取得時点もしくは2017年度の期初時点のいずれか遅い日にソフトバンク(株)および子会社が取得したものとみなして遡及して連結しています。なお、未監査となります。

構成比は小数点以下四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

  • コンシューマ
    事業
  • 法人事業
  • 流通事業
  • その他

個人のお客さま向けに、モバイル端末の販売を含むモバイル通信サービスとブロードバンドサービスを提供しています。

モバイル通信サービス

モバイル通信サービス

当社は、「SoftBank」、「Y!mobile」、「LINEモバイル」の3つのブランドでモバイル通信サービスを提供しています。それぞれ特徴の異なる3つのブランドをご用意し、お客さまの多種多様なニーズにお応えしています。

実質的に使い放題で動画やアプリを思う存分楽しみたいというお客さまには「SoftBank」ブランドを、利用料金を抑えて利用したいお客さまには「Y!mobile」ブランドを、そしてLINEなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に魅力を感じる若い世代のお客さまには「LINEモバイル」ブランドをご提供しています。このように当社ならではのマルチブランドの展開により、新たなお客さまの獲得はもとより、既存のお客さま一人ひとりとの結び付きを強化しています。

3ブランド概要

ブロードバンドサービス

ブロードバンドサービス

個人のお客さま向けに、光ファイバー網を利用した家庭向けの高速・大容量通信回線サービス「SoftBank 光」のほか、工事不要ですぐにWi-Fiが使える「SoftBank Air」などのブロードバンドサービスを提供しています。
また、ブロードバンドサービスとモバイル通信サービスをセットで契約されたお客さまにモバイル通信サービス料金を割り引く「おうち割 光セット」を提供し、多くのお客さまにご加入いただいています。

その他の事業を確認する

法人事業

法人のお客さま向けに、モバイル通信サービスや端末レンタル、ネットワーク、クラウド、固定電話、ネットワーク構築のほか、クラウドやデジタルマーケティング、セキュリティ等の多岐にわたるサービスやソリューションを提供しています。

また、AIやIoT、ロボット、サイバーセキュリティといった新領域にも注力しています。

  • AI

    経験から学習する
    人工知能型システム

    AI

  • IoT

    IoTによる
    データ分析・予測

    IoT

  • ロボット

    世界初の
    感情認識ロボット

    ロボット

  • サイバー
    セキュリティ

    AI監視でサイバー攻撃を
    検知/除去

    サイバーセキュリティ

IoT:Internet of Thingsの略称。さまざまな「モノ」がインターネットにつながり、相互に情報を交換する仕組み

「スマートインフラ」や「スマートシティ」などにも取り組んでいます。

最適な公共インフラの設計・開発などをパートナー企業と協働で開発する「スマートインフラ」や地方創生に向けた「スマートシティ」などにも取り組んでいます。

流通事業

ソフトウエアの卸販売というソフトバンクグループの創業事業を受け継ぐ事業です。法人のお客さま向けには、ICT(情報通信技術)、クラウドやIoTを用いたソリューションに対応した商材を取り扱っています。個人のお客さま向けには、アクセサリーをはじめとするモバイル・パソコン周辺機器や、ソフトウエア、IoTプロダクトなど多岐にわたる商品の企画・販売をしています。

決済代行サービス、スマートフォン専業用証券、パブリッククラウドサービスの設計・開発事業のほか、オンラインビジネスのソリューション及びサービスの提供、デジタルメディア・デジタルコンテンツの企画・制作を行っています。当社グループではモバイル通信サービスをプラットフォームとする最先端の技術革新をビジネスチャンスとして常に追求しており、FinTech、IoT、クラウド等のといった分野に先端技術に積極的に投資を行い、事業展開を図ってし、モバイル通信サービス以外のビジネスチャンスの獲得を追求しています。

また当社は合弁会社(ジョイントベンチャー)を通じた新規事業の創出に力を入れています、詳細は以下をご覧ください。

新規事業の創出

FinTech:金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語。インターネットやスマートフォン、AIなどを活用した新しい金融サービスのことを指します。

次世代通信技術への取り組み

あらゆるモノが
ネットワークにつながる
未来に向けて、
革新的な技術の開発に
取り組んでいます。

次世代通信システム
「5G」で変わる社会

5G(第5世代移動通信システム)は、現在規格の検討が進められている次世代の通信システムです。2020年代にはあらゆるモノがネットワークにつながる時代が訪れ、5Gにより過去にインターネットが普及したとき以上の大変革が起きると予想されています。

超高速かつ低遅延で、大容量の通信を可能にする5Gの普及により、今までとは比較にならない量の情報を取扱うことが可能になり、AI、IoT、スマートカー、ロボットなどの先端技術を用いた新たなサービス・ソリューションが、次々と実用化される見通しです。

VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(現実と仮想現実の融合)

VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(現実と仮想現実の融合)

ドローン活用

ドローン活用

自動運転

自動運転

商品管理(IoT)活用

商品管理(IoT)活用

そのほかにも多様な分野で活用が期待されています

5Gに関する詳細は、以下でもご覧いただけます。
紹介動画も掲載しています。

SoftBank 5G 特設ページ

「5G」実用化に向けた
ソフトバンクの取り組み

2019年における5G実用化に向けて、ソフトバンクは着実に技術開発・実証実験を進めています。

「5G」実用化に向けたソフトバンクの取り組み

当社は5Gの有力な要素技術のひとつとなる「Massive MIMO(マッシブ マイモ)」を世界で初めて商用化しました。これにより、通信速度が遅くなりがちな駅や繁華街など、数多くの人が往来する場所でも、快適なモバイル通信が可能となりました。

さらに、実証実験などを通じた技術開発にも継続的に取り組んでいます。2018年3月には、トラック3台を5G通信で接続し、先頭車両のみドライバーが乗車している状態で、高速道路での隊列走行を成功させました。5Gを活かしたトラックの自動運転の実用化への一歩を踏み出したこととなります。

詳細は以下でもご覧いただけます。

ソフトバンクの取り組み