方針・体制

お客さま、株主さま、お取引先さま、従業員をはじめとするステークホルダーの皆さまからの信頼とご支持を、持続的な成長への礎とするため、サステナビリティを支える指針として「サステナビリティ基本方針」を定めています。この基本方針に遵守し社会貢献活動を推進しています。

サステナビリティ基本方針

私たちソフトバンクは、すべてのモノ・情報・心がつながる持続可能な社会の実現に向け、企業活動や事業を通じて、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいきます。

  • お客さま本位の企業活動を通じて驚きと安心とうれしいを提供します。
  • 株主の期待に沿えるよう、成長への挑戦を忘れず、透明で公正な情報開示をします。
  • 従業員のやりがいと誇り、個性がいかされ、平等で多様性に富んだ環境を大切にします。
  • 取引先との相互の信頼と公正な取引関係(腐敗・汚職の防止等)を築きます。
  • 情報化社会の推進、次世代育成、多様な社会への対応、環境・資源・生物多様性保護への対応、災害対策・復興支援など、幸せな未来の社会づくりに貢献します。

推進体制

当社の成長戦略とサステナビリティを統合して推進するために、取締役会の諮問機関として設置したSDGs推進委員会(委員長:宮川 潤一)がSDGsおよびサステナビリティ活動に関する取締役会への提言を行い、さらに年4回の活動報告および必要に応じて臨時の報告を実施しています。

  • 推進体制

執行体制

代表取締役 社長執行役員 兼 CEOの宮川 潤一が最高SDGs推進責任者として、ソフトバンク株式会社および子会社(以下「当社グループ」)全体のSDGsおよびサステナビリティ活動全体の責任を担います。またSDGs推進室を設置し、専務執行役員 兼 CHROの青野 史寛がSDGs推進担当役員として、当社グループのSDGsおよびサステナビリティ活動を推進します。

  • 執行体制
[注]
  1. 2021年4月1日現在