プレスリリース 2011年

スマートフォンのテレビ電話機能を使った遠隔カウンセリングを導入~被災者の心のケアを継続的にサポート~

2011年4月20日
ソフトバンクモバイル株式会社
ダイヤル・サービス株式会社

2011年3月11日(金)に発生した、東日本大震災により多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げますとともに、被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

ソフトバンクモバイル株式会社と総合相談サービスやコンサルティングを行うダイヤル・サービス株式会社は、被災者の方の精神的な安心感・安定感を少しでも早く取り戻していただくことを目的に、本日より、福島県相馬市の避難所においてスマートフォンのテレビ電話機能を使った遠隔カウンセリングを導入し、被災者と関係者の皆さまへの心のケアを通じて復興を支援してまいります。

阪神淡路大震災など、過去の大震災の事例でも指摘されているように、被災ショックに対しては長期的な心のケアが重要であり、被災直後の緊張感が徐々に緩和されていく局面において、このようなニーズはますます高まっていくものと想定され、福島県相馬市では福島県立医科大学の丹羽 真一教授を中心とするケアチームによってメンタルケアの健康相談がすでに実施されております。今回、スマートフォンのテレビ電話を使った遠隔カウンセリングを福島県相馬市の避難所へ導入することで、被災者の心のケアサポートをさらに充実させ、継続的なメンタルケアを実現します。

なお、この遠隔カウンセリング導入にあたって、ソフトバンクモバイルはスマートフォンやWi-Fiなどの通信環境構築を中心に協力、ダイヤル・サービスは自社の対面型遠隔相談サービス「aelwa」(会える輪)にて遠隔カウンセリングを提供します。

ソフトバンクモバイルとダイヤル・サービスは、被災された方と支援したい方の心と心をつなぎ、この国難を日本の全員で乗り越えるためのプロジェクト「みんなでがんばろう日本」を応援しております。

遠隔カウンセリングの概要

1. 内容

避難所にWi-Fi環境の構築およびスマートフォンの設置を行い、テレビ電話機能を使って首都圏のカウンセラーと避難所をつなげます。顔を見て会話をしながら、メンタルケアの遠隔カウンセリングが実現します。

2. 料金

無償

3. 対象

避難所の子供や保護者の方

4. 導入時期・地域

本日より福島県相馬市の一部の避難所より開始し、準備ができ次第、ほかの避難所へ導入します。さらに、ほかの自治体の避難所へ拡大を検討してまいります。

[注]
  • スマートフォンのテレビ電話を使った遠隔カウンセリングは、東日本大震災で被災された方への支援活動を行うNPO「避難者支援プラットフォーム準備室」(E-mail:info@minnade-ganbaro.jp)が導入支援を行います。
  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • *aelwaは、ダイヤル・サービス株式会社が実施している映像を使った対面型遠隔サービスの登録商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。