プレスリリース 2011年

LINKIN PARKの被災地支援団体「Music For Relief」に賛同した
東日本大震災被災地支援への寄付について

2011年9月8日
ソフトバンクモバイル株式会社

このたびの東日本大震災により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

ソフトバンクモバイル株式会社は、世界的に活躍しているアーティスト、LINKIN PARKが設立した被災地支援団体「Music for Relief」の東日本大震災の被災地支援活動に賛同し、2011年9月に開催される日本ツアーでのチケット売上枚数に準じた金額を同団体を通じて、被災した子どもの支援を行う公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」へ寄付することを決定しました。

LINKIN PARKは2011年9月10日(土)から日本ツアー「A Thousand Suns world tour」(計5回公演)を開催し、チケット1枚あたり100円を「Music for Relief」を通じて「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」に寄付しますが、ソフトバンクモバイルでも、今回のツアーによる寄付金と同額を同様に寄付します。

ソフトバンクモバイルは、ソフトバンク携帯電話から義援金を寄付できる「東日本大震災 義援金プロジェクト」を7月31日(日)まで実施し被災地支援団体への寄付を行ってきたほか、東日本大震災の継続的な被災地支援のため、8月1日(月)より提供開始した、月々の利用料金のご請求と合わせて寄付ができるオプションサービス「チャリティホワイト」を通じて、引き続き東日本大震災の被災地支援を行ってまいります。

LINKIN PARKについて

LINKIN PARKはアメリカ合衆国のモダンオルタナティブ・ミュージックバンドであり、グラミー賞を2度獲得。アルバムがビルボードで1位となるなど、世界的な人気を誇っています。

Music for Reliefについて

LINKIN PARKが設立した、自然災害による被災地への支援などを行う非営利団体。2005年の設立以来、2004年に発生したスマトラ沖地震によるインド洋大津波、2005年にアメリカ合衆国で発生したハリケーン・カトリーナ、2010年の中国・四川省大地震、ジンバブエでのコレラの大発生、ハイチ地震、2011年の東日本大地震などの被災地に対して合計400万ドル以上を寄付してきたほか、自然災害の軽減を目的とする環境プログラムもサポートしています。
なお、このたびの東日本大震災においては、ソーシャルメディアや、音楽ファンに働きかけるなどの方法で、これまでに50万ドル以上を「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」に寄付しています。

  • *SOFTBANKおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。