プレスリリース 2017年

VR技術を活用した安全教育ソリューションを
JR東日本へ納入~VR映像で安全教育を推進~

2017年1月31日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)は、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)技術を活用した安全教育ソリューションをソフトバンクが開発し、2017年2月にJR東日本の東京総合車両センターへ納入することで合意しました。

今回納入する安全教育ソリューションは、車両の点検・整備作業などを行う車両センターなどでの作業中に発生し得る接触や転落などの事故を想定して実際に撮影したVR映像を視聴・疑似体験することにより、作業品質の向上と事故発生の防止などにつなげるものです。

ソフトバンクでは、日本のVR市場開拓とVRサービスの提供を目的に、2016年6月に「VR事業推進室」を設置しました。ソフトバンクは、VR映像配信サービスのプラットフォーム構築とコンテンツ開発を推進し、法人向けおよび個人向けの双方の市場で新しい価値の提供に取り組んでいきます。

VR映像撮影風景

VR映像撮影風景

VR映像撮影風景

<撮影協力>
カディンチェ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:青木 崇行)
事業概要:実写系バーチャルリアリティーのシステム開発・運用
URL:http://www.kadinche.com/

以上

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。