プレスリリース 2017年

ソフトバンク、スプリント、
ファーイーストンおよびTBCASoft、
通信事業者が参加する
ブロックチェーン・コンソーシアムを発足~キャリア間ブロックチェーン決済システムの実験に成功~

2017年9月8日
ソフトバンク株式会社
Sprint Corporation
Far EasTone Telecommunications Co., Ltd.
TBCASoft, Inc.

通信事業者であるソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)、米Sprint Corporation(以下「スプリント」)、台Far EasTone Telecommunications Co., Ltd.(以下「ファーイーストン」)と、ブロックチェーン技術開発企業である米TBCASoft, Inc.(以下「TBCASoft」)は、このたび新しいブロックチェーン・コンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group(キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループ、以下「CBSG」)」を発足しましたので、お知らせします。CBSGは今後、グローバル規模でさらに多くの通信事業者の参加を募る予定です。また、ソフトバンク、スプリント、TBCASoft(以下「3社」)は、TBCASoftの革新的なブロックチェーン技術を活用した、キャリア間ブロックチェーン決済システムの実験に成功しました。

2017年2月、3社は、通信事業者向けブロックチェーン技術の共同開発における協力を目指すことに合意し、TBCASoftのブロックチェーン・プラットフォームと通信事業者のシステムを接続する実験に取り組んできました。今回、新たにファーイーストンが加わったことを機に、この連携を、次世代のキャリア間ブロックチェーン・プラットフォームとエコシステムの構築を目指すコンソーシアムに発展させます。CBSGは、安全な清算や決済、個人認証、IoT端末向けアプリケーションなどのさまざまなサービスを、ユーザー向けに提供するプラットフォームの構築を目指して、研究開発を推進していきます。

また3社は、通信事業者のシステムと接続可能なTBCASoftのブロックチェーン技術を使ったキャリア間ブロックチェーン決済システム上で、通信事業者間のトップアップ※1やモバイルウォレット※2連携、国際送金、IoTを使った決済の実験に成功しました。TBCASoftの技術により、24時間365日低コストで稼動し、高い安全性と汎用性を兼ね備えたグローバル・ブロックチェーン・プラットフォーム・システムが実現しました。なお、2017年9月12日から14日に米サンフランシスコで開催される「Mobile World Congress Americas」のスプリントのブース内において、TBCASoftが紹介される予定です。

このプロジェクトでは、通信事業者の通信バックエンドシステム同士を接続します。このシステムにより、通信事業者間のトランザクションの遅延またはエラーをなくすことが可能になります。既存のビジネスオペレーションを大幅に向上するだけでなく、より重要な点としては、通信事業者にさまざまなビジネスチャンスを生み出します。

TBCASoftの創業者 兼 CEOであるリン・ウーは次のように述べています。「TBCASoftは、通信事業者が運用するサーバー上で稼動するブロックチェーン・プラットフォームの分散型台帳ネットワークを開発しています。われわれはグローバルキャリアと共に、世界に広がる数十億人のユーザー隅々にまで革新的なサービスを提供できる、極めて高い安全性と性能を兼ね備えたブロックチェーン・システムの構築を目指しています」

ソフトバンク IT統括 ITサービス開発本部 本部長 福泉 武史は次のように述べています。「TBCASoftは洗練された階層化システムアーキテクチャを採用しており、短期間かつ合理的なコストで、TBCASoftのブロックチェーン・プラットフォームと、ソフトバンクのビジネスサポートシステムおよびモバイルアプリケーション・サーバーを統合することに成功しました。われわれは、通信事業者が今後検討していく価値交換サービスに関し、TBCASoftのブロックチェーン・プラットフォーム上の実装と性能が確認できたことに満足しています」

スプリント イノベーション&パートナーシップ ヴァイスプレジデントであるダグ・ガーランドは次のように述べています。「CBSGは、通信業界においてブロックチェーン技術への理解と発展をリードしていきます。通信事業者が協力し、この新しいプラットフォームとエコシステムを活用することで、ブロックチェーンの潜在的な可能性がグローバル規模で最大限発揮されるでしょう」

ファーイーストンのヴァイスプレジデントであるマイク・リーは次のように述べています。「台湾を含むアジア市場では、モバイル決済に対する非常に大きな需要があります。TBCASoftのブロックチェーン・プラットフォームは、通信事業者が分散型台帳システム上で連携することで、この新しいビジネス領域における競争を変えるソリューションを提供します。さらに重要なのは、通信事業者がCBSGコンソーシアムを通じて、グローバルサービスを提供するためのブロックチェーン技術の可能性を、最大限活用するために協力できる点です」

今後CBSGは、他の通信事業者に参加を呼びかけるとともに、キャリア間ブロックチェーン・プラットフォームの要件定義を行っていきます。また、参加メンバーが技術やビジネス、各国の規制当局の法令や規制に関する課題を解決するためのワーキング・グループとしても活動していきます。

[注]
  • ※1
    プリペイド携帯電話の口座のチャージ
  • ※2
    モバイル端末上で、支払い取引ができるデジタル・ウォレットのこと。ユーザーは、ウォレットを使って、提携先店舗での支払いや、口座決済ができる。

<ご参考>システム構成図

システム構成図

Far EasToneについて

Far EasTone Telecommunications(FET)は、通信およびデジタルアプリケーションサービスを提供する台湾のリーディングカンパニーです。FETは、「信頼性、敏捷性、革新性、協調性」をコア・バリューとしています。1997年の創業以来、2G、3G、4G、5G、Wi-Fiを含むアクセス技術を活用した新製品およびサービスを導入し、2,600MHz帯で4.5G/LTEを台湾で初めて開始した通信事業者です。FETは顧客満足を追求し、ICT産業の垂直統合とビジネス向けの安全性の高いクラウドサービスを強化します。詳細はウェブサイトをご参照ください。
http://www.fetnet.net

TBCASoft, Inc.について

TBCASoftは、米国を拠点に、通信事業者に特化した革新的なブロックチェーン技術の開発を行う企業です。このコンソーシアム型のブロックチェーン・プラットフォームにより、通信事業者はより安全、強固かつ効率的な環境で、顧客向けに革新的なサービスを創造することができます。本社所在地は、シリコンバレーの中心地である、カリフォルニア州サニーベールです。詳細はウェブサイトをご参照ください。
http://www.tbcasoft.com

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。